掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

お知らせ:ブログ変更について

無料カウンター

2010年05月02日
県宝毘沙門天立像の法要
高照山桜の里の様子を見に行くため、
広津地区へ車を走らせていると
毘沙門堂が賑やかだったので
立ち寄ってみました。


毘沙門天





続きを読む ...
 
[ 投稿者:ほたる at 22:32 | 広津 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年05月03日
シラネアオイが満開です。
広津日影の高照山桜の里では、シラネアオイの花が満開を迎えています。
シラネアオイ


高照山桜の里へのアクセスは、
県道51号線池田五丁目信号機より、県道274号線を広津方面へ約10kmです。ひたすら山道を進みます。
高照山桜の里


途中までは大峰高原への道と同じです。


なお、大峰高原のソメイヨシノは落下盛んとなっています。ツツジも咲き始め、白樺林も綺麗に映えます。
高照山桜の里

新緑の大峰高原もお楽しみください。
[ 投稿者:ほたる at 08:29 | 広津 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年04月03日
広津地区の現地研修
観光協会、観光商工係ともに新人が加わったので、まずは池田町を知ってもらおうと池田町中を案内してまわりました。

昼前の最後の場所は、高照山桜の里。
高照山桜の里


広津の高照山桜の里で、勝手に研修。
桜の里研修中


新人2名は真剣に私の説明をメモります。
桜の里研修中


すると、お留守だと思っていたH澤さんが登場。
こころよく説明してくださいました。
H澤さんによると今年の桜の開花は、それほど早くない模様。
開花は4月20日以降となりそうです。
H澤さん登場


桜の他にもシラネアオイがたくさん植えられています。
日当たりのよい場所では、芽を出していました。
シラネアオイは葉の成長とともに花を咲かせるそうです。
シラネアオイ


H澤さんに大峰高原のテングス病の話をしたところ、やはり病気に強い品種の桜に変えていくべきだと、横浜市の樹木医と同じことをおっしゃっていました。
ソメイヨシノは日本人が好む桜ですが、病気に弱く、寿命も短いため、この地域には合わないようです。

日本古来の品種、たとえばオオヤマザクラなどがいいのではないかとのことです。


今日の研修は、北アルプスの峰々の名前を教えながら、正科地区〜大町市仁科神明宮〜安曇野北アルプス展望のみち〜鬼の釜古墳〜林道花岡線〜大峰高原七色大カエデ〜新カエデ〜大峰高原展望スポット〜キャンプ場〜大町市相川トンネル〜カミツレ畑〜サーキットあづみ野〜木造毘沙門天立像〜延命地蔵〜平畑〜足沼〜前田〜菅ノ田〜日影〜高照山桜の里〜旧広津小グランド〜成就院〜法道〜半在家〜相道寺道祖神〜花見ほたるの里〜会染小〜クラフトパークで昼食。

昼食後、鵜山桜並木〜包美術館〜池田町立美術館〜長福寺〜夢の郷〜夢農場〜日向〜桜仙峡〜日向〜岡せぎ沿い〜中島はす池〜総合福祉センター桜並木〜黒田精工桜並木の順に回ってみました。
[ 投稿者:ほたる at 22:22 | 広津 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年03月31日
春の広津を回ってみました。
桜の状況を見ながら見どころいっぱいの広津各地を回ってみました。
まずは池田五丁目信号機からちょうど5kmのところにある平出地区の成就院へ行ってみました。

ここには有名な来鳳枝垂桜があります。
成就院枝垂桜

続いて、旧松沢鉱泉前を通り、県道に戻り広津の奥へ向かう途中に毘沙門天立像の御堂が見えてきます。
駐車スペース、あづまや、奥には延命地蔵もあります。
さらには、トイレの設置工事も進んでいます。

御堂には盗難防止のため通常鍵がかけられていますが、ガラス越しにのぞけます。是非ご記帳しましょう。
記帳しているほたるくん。
毘沙門天立像前


延命地蔵
延命地蔵


延命地蔵前の畑には、水仙が咲き、カミツレの葉も伸びています。
広津



さらに奥に進んで、平畑地区から振り返ると北アルプスが見えます。

手前のフラットに見える山というか高台が大峰高原。
右のガクンと下がるあたりが大町市との境になります。

逆に七色大カエデ周辺から東を望むと広津は、高照山から平畑、足沼地区が見えます。
平畑から


菅ノ田から堀越地区入口の県道からさらに東を望むと浅間山の噴煙がはっきり確認できます。
噴煙


整備が進む高照山桜の里に行ってみました。
H澤さんは不在でしたが、工事作業の方が大勢いました。
高照山桜の里


帰りに大峰高原へまわってみました。
八寿恵荘上から始まる大峰高原桜並木は、標高800mから1,000mを超える場所まで続いています。
しかし、テングス病が蔓延し、駆除が追いつかず、見ごたえがあるというところまでいかなくなっています。
例年だと標高1,000m周辺の桜は、ゴールデンウイーク後半に満開を迎えますが、今年は4月中になるでしょう。
大峰高原


手前の斜面にはカミツレ畑(2ha)が広がっています。
5月下旬には広大な畑にカミツレ(ジャーマンカモミール)の花が咲きそうです。
日影には雪が残っています。
カミツレ畑
[ 投稿者:ほたる at 00:13 | 広津 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2008年11月23日
広津の雪景色 11月22日
昨日、大峰高原大カエデの様子を見に行ったとき、広津地区が綺麗に見えましたので、画像に収めてみました。

画像が小さい?
広津


では、大きくしてみましょう。
水墨画になりそうな感じです。
広津


IXYだと限界があります。
今度は一眼レフと三脚持っていくようにします。
広津
[ 投稿者:ほたる at 23:22 | 広津 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年10月30日
今朝の雲海 10月30日
大峰高原大カエデの画像を撮り終えて、戻ろうとしたら池田町ガイドマスターのM澤さんに遭遇。

「今日は山が見えるねぇ」というので、地質学と山岳に詳しいM澤さんに説明してもらいました。

雲海


南を向くと美ヶ原(左)、鉢伏山(1928m)が見えます。
美ヶ原方面


ずぅーっと東へ目線を移すと左奥の小さくとがった山が須坂、千曲市、嬬恋村の四阿山(2354m)、手前真ん中のとがっているのが筑北村の四阿山(1387m)
四阿山、浅間山


浅間山が見えます。奥のとがった山です。
浅間山


飯縄山が見えます。
飯縄山

このほかに小谷方面の北アルプス、鬼無里村方面、妙高方面の山も見えました。
[ 投稿者:ほたる at 09:37 | 広津 | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2008年10月16日
今朝の雲海 10月16日
今朝も広津は雲海に包まれています。
雲海は標高700mから800m付近に出ているようです。

昨日も雲海が綺麗でしたが、今朝は、まっと?もこもこ小川もこした雲海が発生しています。


わたあめのようです。
はい500円!(爆)
こないだお祭りで買ったわたあめが500円でした。

大カエデ越しの雲海
大カエデ越しの雲海



雲海
雲海



アズキナシの樹の横からの雲海

貧しい〜! 基 まぶしい〜!
アズキナシ越しの雲海



雲海
雲海

昨日は雛沢さんも観光協会に寄ってくださいました。
案内看板も立てました。

そして今朝は、
18日の広津神秘の石仏と紅葉トレッキングコース途中の百体石仏への道の草刈をしました。


観光推進本部のT沢係長とY崎指導員の3人で。

元気はつらつドリンクをいただいて元気になりました。

18日は天気も良さそうです。参加者も増えています。
楽しみですね。
きのこ汁が・・・(私食わず嫌いです(;一_一))
[ 投稿者:ほたる at 11:55 | 広津 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年10月15日
今朝の雲海 10月15日
今朝は久しぶりに綺麗な雲海が発生しました。
午前7時30分ころの様子です。


大峰高原大カエデ周辺は、誰も居ないので、独占状態です。



大峰高原は雲海の望める絶好のポイントである「私の勝手な見解より」(爆)




さて、ちょっと大き目の画像でご覧下さい。

真正面は、聖高原です。
雲海


左が大カエデ、右がアズキナシの樹。
雲海


小さくとがっている山は、筑北村の四阿屋山です。
雲海
[ 投稿者:ほたる at 09:13 | 広津 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年10月07日
今朝の雲海 10月7日
空は曇っています。
今朝も雲海が出ていました。
アズキナシの樹の横から生坂村方面を写しました。
雲海


こちらは聖高原方面
雲海


大カエデの後ろに雲海を入れるとこんな感じになります。
雲海と大カエデ
[ 投稿者:ほたる at 08:52 | 広津 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年10月03日
今朝の雲海 10月3日
今朝の雲海です。これから毎日のようにこのような雲海が見れます。

朝日が昇ってくるため逆光になって、まぶしいまぶしい。
飛行機に乗っている気分になります。
ジェットストリーム!
伊武雅刀です。(爆)城達也です。(爆)

大カエデ奥のアズキナシの樹付近から撮影しました。
雲海

今の時期や早朝は、大カエデ撮影より雲海撮影に見える方が多いですね。
雲海


この道沿いに落ちていたイガに包まれたままの栗を5つほど持ち帰り、子供に見せたら大喜び。
イガを触って「痛いね」とはしゃいで一生懸命足で踏みつけ、見事栗を取り出しました。
また持ってきてねとせがまれました。
[ 投稿者:ほたる at 10:04 | 広津 | コメント(0) | トラックバック(0) ]