掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

お知らせ:ブログ変更について

無料カウンター

2008年02月11日
みょうげん様
池田町四丁目の本通り沿いで昔から続いている「みょうげんさま」。
順番で我が家に回ってきました。

玄関先で一晩、ろうそくの灯をともして過ごしてもらい、翌日朝、隣の家に回しています。

妙義大神と障子の扉に書いてあります。
この下手っピーな字は、ぼろぼろになって回って来たため障子を張り替えた父親の作品だそうです。

そういえば見慣れた字体です。

その昔、大火事があった後から続く風習みたいです。
火の用心ということなのでしょうか。
調べてみたいと思います。

I生堂のお医者さまかF原そばくい同好会名誉会長あたりが、詳しいこと知っているかな?

みょうはたぶん「妙」か「明」だと思いますが、詳しいことは、これまた聞いてみないとわかりません。

70才を超える父親に聞いてみても、そのまだ昔から続いている風習らしいです。
みょうげんさま
[ 投稿者:ほたる at 23:28 | 祭り・イベント・風習 | コメント(0) | トラックバック(0) ]