掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

☆ きまぐれ写真館 ☆ photo by cherico



大きく飛ぶ。

:: 過去の写真 by Nori ::
:: My photos on Flickr ::


新しいページに移行しました。



2006年08月24日
母猫の話
数日前から、ミヨテンを産んだ母猫(通称:かーちゃん)が姿を消しました。それまでは、毎日だいたい決まった行動をとっていて、昼になるとウチにやってきていたのですが・・・。思い返すと、数日前の正午、外に置いてある簾で爪研ぎしていた音を聞いたのが最後です。あの日、お昼のおやつをあげることが出来なかったのが悔やまれます。

このかーちゃんは、猫が苦手だった私を180度転換させて「猫派」にさせた猫でした。かーちゃんと子猫3匹がまだ外で暮らしていたころ、「どれか一匹しか飼えないとしたら、私はかーちゃんと暮らす」と言わしめた猫(笑)。懐かしいなぁー。あの頃はかーちゃんも肉付き良かったんだけどね。

2年ぶりにふらっとかーちゃんが戻ってきて、しばらくこの辺で暮らしていたのですが、最近若い猫がこの周辺をうろついていたので、かーちゃんは居づらくなったのかもしれません・・・痩せてしまって縄張り争いできるような猫ではありませんでしたから。

ある日の昼、かーちゃんが我が家にやって来たとき、玄関ごしに母子対面したんですよ。どちらも威嚇するようなこともなく、ミヨテンは「だぁれ?この猫」という感じで母猫を見ていたように思います。母猫のかーちゃんも、自分の子どもの成長ぶりを見て安心してくれてたらいいなぁと思います。

また2年後に戻ってくるかなぁ?と考えたとき、私はもう戻って来ないような気がしています。かなり弱っていたし、根拠はないけどなんとなく、そんな気がするのです(と言っておきながら、また戻って来てくれたらいいのに!というのが本音。笑)

私はかーちゃんに大したことはしてやれなかったけど、そのぶんミヨテンを可愛がって大切に丈夫に育ててやろうと思います。かーちゃん、クルマに気をつけてね。


<追記>
この日記を書いていて、かーちゃんのことで涙が出てきて沈んだ気持ちでいたら、向こうの部屋からテンさんがトコトコと歩いて側に座ってくれました。またまた涙が出ました。。。(T_T)
[ 投稿者:チェリ at 19:44 | 飼い猫ミヨとテン | コメント(4) | トラックバック(0) ]