掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年09月03日
www.ins080.comブランパンの真心はもう1度50噚シリーズの腕時計を刻みます

www.ins080.comブランパンの真心はもう1度50噚シリーズの腕時計を刻みます
50噚シリーズの偉大な誕生、後ろに2の大いに伝承する融合によります:一方では時任ブランパンCEOから来て-ジャーク・フィヒテ先生(Mrを譲りました. Jean-JacquesFiechter),彼はブランドの1950-1980年間のかじとりで、自身は1名の熱狂的なダイビングの大家です;一方はフランス潜水作業員ダイビング突撃隊の創立者から来ました--海軍の上佐のロベルト・“ボブ”・馬のルピー(Robert“Bob”Maloubier)と海軍の中尉のクロード・里の福徳(ClaudeRiffaud)、彼らがその時極力1モデル探していたのが十分に軍事のダイビングの任務の信頼できる腕時計に任に堪えます。

-ジャーク・フィヒテ先生を譲って、20世紀の50年代の初めのダイビング界の先駆者です。自身の豊富な経験によって、彼はますます理解して、ひとつの信頼できる時間単位の計算が装備して潜水夫の生命に対してどんなに極めて重要なことがありを保障して、その時の市場の上でまったくこれらの製品が探し出せません。そこで、ブランパンのかじとりの彼として、制表チームのために堅塁を攻略する方向に配置して、重点的に受け答えする時ダイビングの環境中直面する様々な挑戦で計算します。真っ先に行う便は腕時計の防水性能です。このため、彼は2重密封して冠を表しを開発しました。冠を表すのは決してしっかり固定的な部品だではなくて、そのため、それが水中で突然引き出す時、腕時計は水がしみやすいです。この時、内部の2つ目は部品を密封して果たすことができてしみ込む効果を防止しに来ます。フィヒテ先生はこのために発明して特許を申請しました。別の一つの特許は時計が辺鄙でシステムを密封するのとと関係があります。の前での設計の中で、用いて密封する表します辺鄙な“O”の形の密封ゴム回るきつい時計不運だ恐らく力にねじ曲がられる、発生位置をずらす、そのため背を表して水がしみて問題時々発生します。この問題に対応して、フィヒテ先生設計は超過のプランシェットで“O”の形の密封ゴムをグルーブの中ででもう一つのシステム、固定的なことを開発しました。

引き続いて、彼はまた3つ目の問題に解決に着手します:とても安全なのがダイビングを測定する時長いのは回転して小屋を表します。フィヒテ先生の構想によって、潜水する初めの時、回転して表して閉じ込める0時(点)に目盛りの回転が分針まで(に)位置を指すでしょう;このような、入水の後で、潜水夫は分針の指示したのが表すによって目盛りを閉じ込めることができて、直接入水を読み取る時長いです。安全性は再度フィヒテ先生の関心を持つ最も重要な原因になります。知らなければならなくて、いかなる予想外を閉じ込めて回転を表して、でも時間単位の計算が間違いがありを招いて、1歩進んでひどい後の結果を誘発します。そのため、フィヒテ先生はひとそろいを研究開発しだしてシステムをロックして、発生を閉じ込めて意外に回転するのを表しを防止して、そして同様にこの技術のために特許を申請しました。それから、ブランパンはまた創始の一方に回転して小屋を表すように出して、ダイビングのために安全に護衛します。

それ以外に、時間単位の計算のが性を読みやすいのも特に濁っている水域のダイビングの時潜む水道のメーターの一大の肝心な点の要素、です。フィヒテ先生は大きいサイズの時計の文字盤を50噚腕時計に与えて、更に大胆に黒色の時計の文字盤のために配備して鮮明な白色の蛍光の目盛りとポインターを対比します。チップのが自動的に鎖機能に行くのもこの構想の中で重要な構成部分で、できるだけ手動で鎖のペアウォッチの冠と封印装置の発生する磨損に行きを減らします。

https://www.ins080.com/
https://www.kingsroad.jp/
https://www.post.japanpost.jp/
[ 投稿者:goods520blog at 17:15 | お友達 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/05.44/a00148/0000557949.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/05.44/archives/0000557949.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら