掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年12月13日
金利優遇は当初大幅優遇を選ぶ
金利優遇には、①当初期間(2年固定なら2年間)大幅に金利を優遇し、それ以降は優遇 幅が縮小されるタイプと、②全期間一定幅で優遇されるタイプ、があります。
注意したいのは、割引率や割引後の金利だけを比較して選ばないこと。
せっかく金利割引を ...https://circle-topwindow.work/interest-rate-3/
[ 投稿者:bonbonbon at 21:27 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年12月10日
愛子さま17歳に ファンも急増中http://news.li
愛子さま17歳に ファンも急増中http://news.livedoor.com/topics/detail/15674581/
[ 投稿者:bonbonbon at 10:55 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年12月07日
長期所有の土地等を譲渡した場合の税金
個人が昭和62年10月1日から平成2年3月31日までの間に土地等の譲渡をした場合において、その譲渡の年の1月1日において所有期間が5年を超えるものであるときは、その譲渡による所得は、長期譲渡所得または総合課税の対象となる事業所得もしくは雑所得に該当するものとします。
[ 投稿者:bonbonbon at 14:30 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

長期所有の土地等を譲渡した場合の税金
個人が昭和62年10月1日から平成2年3月31日までの間に土地等の譲渡をした場合において、その譲渡の年の1月1日において所有期間が5年を超えるものであるときは、その譲渡による所得は、長期譲渡所得または総合課税の対象となる事業所得もしくは雑所得に該当するものとします。
[ 投稿者:bonbonbon at 14:09 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

長期所有の土地等を譲渡した場合の税金
個人が昭和62年10月1日から平成2年3月31日までの間に土地等の譲渡をした場合において、その譲渡の年の1月1日において所有期間が5年を超えるものであるときは、その譲渡による所得は、長期譲渡所得または総合課税の対象となる事業所得もしくは雑所得に該当するものとします。
[ 投稿者:bonbonbon at 14:02 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

長期所有の土地等を譲渡した場合の税金
個人が昭和62年10月1日から平成2年3月31日までの間に土地等の譲渡をした場合において、その譲渡の年の1月1日において所有期間が5年を超えるものであるときは、その譲渡による所得は、長期譲渡所得または総合課税の対象となる事業所得もしくは雑所得に該当するものとします。
[ 投稿者:bonbonbon at 13:59 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

長期所有の土地等を譲渡した場合の税金
個人が昭和62年10月1日から平成2年3月31日までの間に土地等の譲渡をした場合において、その譲渡の年の1月1日において所有期間が5年を超えるものであるときは、その譲渡による所得は、長期譲渡所得または総合課税の対象となる事業所得もしくは雑所得に該当するものとします。
[ 投稿者:bonbonbon at 13:56 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

長期所有の土地等を譲渡した場合の税金
個人が昭和62年10月1日から平成2年3月31日までの間に土地等の譲渡をした場合において、その譲渡の年の1月1日において所有期間が5年を超えるものであるときは、その譲渡による所得は、長期譲渡所得または総合課税の対象となる事業所得もしくは雑所得に該当するものとします。
[ 投稿者:bonbonbon at 13:52 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

長期所有の土地等を譲渡した場合の税金
個人が昭和62年10月1日から平成2年3月31日までの間に土地等の譲渡をした場合において、その譲渡の年の1月1日において所有期間が5年を超えるものであるときは、その譲渡による所得は、長期譲渡所得または総合課税の対象となる事業所得もしくは雑所得に該当するものとします。
[ 投稿者:bonbonbon at 13:49 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]