掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年07月21日
痛心的情懷一直在悲傷中行走

走過的歲月,如白駒過隙般,還沒有來的及回首時,一切痕跡便已消失的無影無蹤。尋覓著殘缺的線索,想找回那絲絲慶幸來撫慰心內的寂寥和孤獨,可總是是失望多於希望,於是便習慣了帶著面具偽裝真實的自己。
一直在想,是時候該離開文字了,但還是放不下書寫悲傷的感覺,找不到釋放那一抹,心裏藏的事該怎樣與別人分享,該怎樣去訴說?
或許離開,再也沒有相見的預期。開心時,習慣了隱藏,悲傷時,也習慣了隱藏,孤獨的走過每一段征程,如此便好。
或許離開,再也沒有相見的預期。或許放下時,心便會淡然,但放下一切,又何其艱難。現在也只有將悲傷賦予了文字,也只有將悲傷賦予了詩行,心情便是一種安慰吧。
或許離開,再也沒有相見的預期。只有在文字裏詮釋悵網與無奈,歎息的回音便會少一些,隱藏在心底的感慨才會堙滅……
八月一日清晨,太陽好像故意躲在雲層裏,給我們前往西安,提供一個涼爽天氣。感受中國古城西安的文脈,這是我很久以前的一個夙願。一大早,就起床準備行李,發現老伴比我起來還早,給我做好早餐。用餐後,來到安慶皖源國際大酒店,這是我們前往西安的集中地。導遊和司機已在那裏等待。黃主任比我們來得還早,已在車上。我上車後,他們也陸陸續續到了。我們車上有一個小遊客名叫吳勾,他活潑可愛,聰明伶俐,是可可的兒子。為我們清點著人數。這時季老師和許可抬著一大包東西趕來。包裏裝著是我們的食品。人到齊了,七點十分,車子開動,方向是西安,路經安徽潛山,潛山是天柱山所在地。晨霧剛剛退去,山中綠樹成蔭,飛瀑流泉,小橋人家,風光秀美。車子好像在天堂裏慢遊,從潛山縣上滬陝高速。這一天,大多數時間都在車上。一路風光,一路歡歌,一路隧道,一路悠閑。還有幾個牌隱挺大的人,在車上玩著牌,不時的發出埋怨對方技術不精的聲音。下晚,我們的車子順著秦嶺向西安。晚八點,西安的太陽還未下山。像大紅燈籠,掛在西邊天上。汽車進入西安城,晚霞照在西安的天空,灑在古城牆上,使古都越發顯得氣度輝宏。汽車師傅聯係上地導,上車的是一位青年小夥。他介紹自己是一位教師的後代,名字叫王威。不允許別人叫他小王,叫他小威可以。“小威”被我們叫開了。晚八點半,王威把我們領進一家便食店,我們一行人在尋找著西安的知名小吃“肉夾饃” 和“羊肉泡饃”。我發現焦老等人一邊在享受著羊肉泡饃,一邊向我顯要著。我對這些興趣不是很濃。心急火燎地想去看大雁塔。大雁塔離便食店不到500米,到大雁塔時,已是晚上九點,夜景下的大雁塔金碧輝煌,雄偉典雅。拍攝了幾張照片,我又趕到文化廣場看音樂噴泉。音樂噴泉位於著名的大雁塔腳下,規模宏大氣勢磅礴,是大唐文化主題區域。我站在音樂池畔,一邊看著噴泉,一邊欣賞著“長恨歌”的音樂。享受著晚間的時光。我正準備尋找我的同伴,一位姑娘拿著玫瑰花說,“先生,你要花嗎,今晚是情人節”,我與她開著玩笑說:“謝謝。我的情人不在身邊,而在天涯…”
[ 投稿者:者にしか知 at 13:19 | 者にしか知 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年07月11日
食用生薑的七大功效





生薑是人們生活中十分常見的調味食材,同時也是養生保健的常用藥材。如薑黃炒飯可以有效地促進食欲,蜂蜜生薑茶可以減少動脈硬化,吃薑不僅能抗衰老,去老人斑,還能防暑降溫,殺菌解毒等等。生薑是炎熱氣溫下養生保健不可缺少的食物。民間流傳的“飯不香吃生薑”、“上床蘿蔔下床薑”、“冬吃蘿蔔夏吃薑”、“嘔家聖藥”、“早上三片薑賽過喝參湯”、“每天三片薑不勞醫生開處方”等俗語,這些都是對生薑功能形象而精闢的概括。

現代科學研究表明,生薑化學組成複雜,如含有薑醇、薑烯、水芹烯、薑酮、檸檬醛、芳香油、辣椒素、二苯基庚烷等多種物質,使其生物活性功能多樣。專家認為:人們食用生薑只少有以下七大功效。

一、抗氧化,抑制腫瘤

生薑中所含的薑辣素和二苯基庚烷類化合物的結構均具有很強的抗氧化和清除自由基作用;抑制腫瘤作用;吃薑能抗衰老,老年人常吃生薑可除“老人斑”。

二、開胃健脾,促進食欲

在炎熱的夏天,因為人體唾液、胃液分泌會減少,因而影響食欲,如果飯前吃幾片生薑,可刺激唾液、胃液和消化液的分泌,增加胃腸蠕動,增進食欲。這就是人們常說的“冬吃蘿蔔,夏吃薑”,“飯不香,吃生薑”的道理。

誰說夏日沒胃口,薑黃炒飯能讓你胃口大開。

這道美味佳餚具體做法是:1、材料:白飯兩碗、青豆、紅蘿蔔丁、香菇丁、木耳丁、青椒丁、紅椒丁各2湯匙、薑末半湯匙、薑黃粉1茶匙、生抽1茶匙、鹽少許;2、做法:熱鍋放適量油,下所有蔬菜拌炒,下醬油和少許鹽;下白飯,中火翻炒至飯粒分明,再下薑黃粉炒至均勻即可關火品嘗。

三、防暑、降溫、提神

在炎熱的氣溫下吃一些生薑能起到興奮、排汗、降溫,提神的作用。對於有一般暑熱表現,如頭昏、心悸、胸悶、噁心等情況的病人,適當喝點薑湯是大有裨益的。我國傳統的防暑中成藥——人丹就含有生薑成分,其作用就是健胃、提神、醒腦。

四、殺菌解毒,消腫止痛

科學研究發現,生薑能起到某些抗菌素的作用,尤其是對沙門氏菌效果更好。在炎熱的氣溫下,食品容易受到細菌的污染,而且生長繁殖快,容易引起急性胃腸炎,適量吃些生薑可起到防治作用。生薑提取液具有顯著抑制皮膚真菌和殺來頭陰道滴蟲的功效,可治療各種癰腫瘡毒。另外,可用生薑水含漱治療口臭和牙周炎男士不育

五、 防暈車,止噁心嘔吐

吃生薑具有防止噁心、止嘔吐的作用,如果有由於某些運動而引起的“運動適應不良症”,吃點生薑就可以使其驪到緩解。有研究證明,生薑乾粉對因運動引起的頭痛、眩暈、噁心、嘔吐等症狀的有效率達90%,且藥效可持續4小時以上。民間用吃生薑防暈車、暈船,或貼內關穴,有明顯的效果,因此而有“嘔家聖藥”之譽。

六、促血循環,驅外感風寒

你如果外感風寒,因著涼而引起感冒,這時候喝些薑湯水,可增加血液迴圈,使全身發熱,有助於驅逐體內風寒,如果是輕微的,症狀在短期內就可以消失,對於重症,也可以起到緩解症狀的作用微量元素

七、減緩動脈硬化的發生

有研究表明,生薑提取物能阻礙血小板聚集,降低血清膽固醇、甘油三酯、低密度脂蛋白,減少動脈硬化的發生。

蜂蜜生薑茶的主要成分是蜂蜜、生薑和紅茶。除了生薑的作用,蜂蜜對於有心腦血管疾病、高血脂、高血壓的老年人來說,能迅速提高機體的抗病能力,加強心腦血管功能,促進肝臟解毒,防止動脈硬化,促進睡眠。

蜂蜜生薑茶的具體做法是:先切四五片生薑,放到裝滿清水的茶壺裏煮。煮開後,加入紅茶,等到溫熱能喝的時候,把紅茶倒出加入適量蜂蜜,就可以品嘗蜂蜜生薑茶啦降血壓食物



[ 投稿者:者にしか知 at 13:03 | 者にしか知 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月29日
初春寶寶需巧穿衣防感冒



  倒春寒寶寶穿衣原則
  一定要給寶寶穿上貼身衣褲。有的媽媽認為,寶寶不停地動會出很多汗,如果汗液把內衣弄濕,不如不穿,隻要外麵穿上厚衣服就可以保暖。殊不知柔軟的棉內衣不僅可以吸汗,而且還能讓空氣保留在皮膚周圍,因此阻斷了體熱丟失,不易使寶寶受涼生病;而不穿貼身內衣的寶寶由於體表熱量丟失得多,身上摸上去總是冰涼涼的,尤其是下半身,難怪容易感冒了DPM點對點

  衣要適量,防止不停出汗。如果穿得太多,寶寶一旦活動便會出汗不止,這樣衣服被汗液濕透,反而由此著涼,並且也降低了身體對外界氣溫變化的適應能力而使抗病能力下降。由於6個月以內的寶寶因體表麵積相對較大散熱多,但身體產熱能力卻不足,所以外出寒冷時還是應該注意多穿衣。判斷寶寶穿得多少是否合適,可經常摸摸他的小手和小腳,隻要不冰涼就說明他們的身體是暖和的DPM床褥

  給寶寶一件輕薄的小棉服。既擋風又保暖,要比多穿幾件厚衣服都禦寒,而且活動靈巧方便。因為小棉服內層與外層中間夾著膨鬆的棉花,它可以吸收很多空氣,由皮膚體溫散發的熱量先穿透棉服內層,然後滲入中層的棉花中,由多層空氣吸收並且圍護在皮膚四周,而棉服外層則不易讓冷空氣入侵,因此有著良好的保暖作用。而厚外衣擋風尚還可以,但禦寒保暖則就差多了。
  那麽,如何知道寶寶穿衣是否過少或穿多了呢Panasonic電解水機
[ 投稿者:者にしか知 at 15:51 | 者にしか知 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月09日
中國“遊客荒”嚴重衝擊韓免稅店


  韓美兩國部署“薩德”反導係統,中國堅決反對,以中國遊客為主客源的韓國免稅店受到的衝擊最大,業績低迷導致信用評價機構紛紛下調這些企業的信用等級楊海成
  據韓國《亞洲經濟》6月28日發標題為《中國遊客走了韓國免稅店蒙了 業績低迷致信用等級被下調》的報道稱,據韓國流通業界27日消息,韓國信用評價機構“NICE信用評價”和“韓國企業評價”分別於22日和23日對韓華Galleria Time World的信用等級由“穩定”降至“負麵”。也就是說,該企業未來還麵臨信用等級被繼續下調的危險。
  數據顯示,韓華Galleria Time World去年和今年一季度的營業虧損分別為123億韓元和48億韓元。同時,新羅酒店和樂天酒店也被韓國信用評價機構“警告”。信用評價機構將樂天酒店信用等級由原來的“穩定”降至“負麵”。給出的降級理由是因為盈利模式過於依賴中國遊客,免稅店業務穩定性和收益性降低。業界分析,信用評價機構或於近期下調新羅免稅店的信用等級。
  報道稱,而中小免稅店則麵臨更大的危機。數據顯示,今年一季度SM免稅店營業虧損為82億韓元。該免稅店於2014年起由盈轉虧,費用由母公司哈拿多樂承擔。受此影響,哈拿多樂從4月起通過縮小賣場規模、整理資產等措施,對免稅店事業進行重組楊海成
  東和免稅店去年的營業虧損為124億美元,而新世界免稅店開張僅一年就陷入營業虧損的尷尬境地。業界相關人士預測,“薩德”問題呈長期化,今年免稅店業績將持續下滑,對外國遊客銷售或同比減少20-30%。
  對此,韓國信用評價研究員洪錫俊(音)表示:“免稅店競爭日趨激烈。從目前情況來看,即使未來中國遊客恢複致以往水平,免稅店之間出現直接競爭局麵的可能性較大楊海成。”

  資料圖:中國遊客在韓國明洞商業區內的樂天百貨免稅店選購商品。
原文地址:http://news.10jqka.com.cn/20170629/c599018671.shtml
[ 投稿者:者にしか知 at 12:39 | 者にしか知 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月22日
ろには様子が
「一衛さまの、お気持ち次第……ということです。染華を苦界から助けてやるのも、相馬さまを仕官させるのも。」

そっと猿轡を外して、乱れた着物を直してやった日向は、耳元にささやいた。

「大久保さまは、新政府のお役人です。きっとお力になってくださいますよ。お情けにお縋りされてはHKUE 傳銷いかがです。」
「卑怯者……。直さまは、清廉な方だ。そのような姑息な手は好かぬ。」
「聞き分けなさいませ。木に縁りて魚を求むという諺もございましょう。手段を誤れば何も手に入れられません。一衛さまは、まるで穢れのない赤子のまま大きくなったような方ですねぇ。」

その言葉に、なぜか清助のことを思い出した一衛だった。
世間を知らぬ愚か者だと言われた気がする。

「足抜けしようとしたあの娘はどうしたのですか?」
「染華ですか?奥の仕置き部屋で、足抜HKUE 傳銷けの責めを受けておりますよ。」
「責め……?捕えた時にあれほど打ち据えていたものを。」
「廓での足抜けは、花魁の一番の御法度です。二度とそんな気を起こさないように、体に傷を残さぬように、牛太郎が4人がかりで染華を嬲っているはずですよ。あれをご覧になれば、一衛さまもお気が変わるのではないでしょうか。」
「か弱い女子に、なぜそこまでの無体をする?」
「苦界というのはそういうものですよ。その為にわたくしどもは、三味線も弾けない百姓娘に大金を払うのです。廓の仕置きをご覧になりますか?」
「要らぬ……」

直正が帰ってくると、いつも一衛は話を聞きたがった。
今日はどこでどんな話をしたとか、誰に会ったとか、他愛もない話を目を輝かせて嬉しげに聞いた。
だが、最近は気分がすぐれず、部屋に籠って休んでいる日が多い。

「起きているか、一衛。」
「……あい。」
「今日は栃餅を買って来た。懐かしいだろう?」
「お帰りなさい、直さま。」
「飯はちゃんと食ったのか?日向さんが、具合が悪くなったと言っていたが?」
「大丈夫です。直さまがお帰りになるこ起きHKUE 傳銷ようと思っていたのですが、眠ってしまいました。」
「疲れが抜けていないのだろうな。食うか?」
「……あまり食欲がありません。直さまがお召し上がりください。」
「好きな栃餅も喉を通らないとは……いつもと違うな。医者を呼んでもらうか?」
「いえ……」
[ 投稿者:者にしか知 at 16:50 | 者にしか知 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月11日
じ職場たちは




街中はハロウィン一色になってきた10月の末。サンフランシスコの部屋を離れる引越しでハロウィンイベントはなし。11月から2週間夫の住む家に戻り、再度アメリカを離れる準備をする。


10月中旬に、カナダはバンクーバーの友人を訪ねた。旅行というほどのものではなく、移民手続き関係でし濾水器hkばらくカナダから出られない彼女を知り、私の方から会いに行った。前回大阪で会ったのはいつのことだったろう。

空港で声をかけられた時に、あまりにも違う雰囲気の彼女に驚かされた。単に年をとったというだけではない、顔つきに著しい変化があった。母親の顔だった。

友人に隠れるようにして6歳の息子が恥ずかしそうに挨拶をする。前回は彼が幼稚園に行っている時間だったので会うことはなかったが、彼女がブログに写真を頻繁にアップしているので顔は見慣れている。彼は英語だと安心するらしく英語での会話ですぐに打ち解けてくれた。

バンクーバーは10年前に旅行で来ていた彼女と落ち合った以来の街だ。あの時はオリンピックで地価が搬屋公司收費沸騰している話題で持ちきりで、いつしかオリンピックは行われ知らぬ間に終わっていた。うなぎのぼりだった物価の上昇も最近になって少し落ち着いているという。

オリンピックの聖火台がある公園を散歩しながら話し、翌日ハイキングに一度行ったくらいであとはとにかく私たちは話し続けた。昔話は楽しい。25年前に1年だけ同で働いていたというだけの関係なのに、こうして機会があれば落ち合って話ができる関係を築いているのも、彼女が大阪の人間だからだと思う。
彼女が著しい衰えを自覚していることを語っていた。なんでももう旅の計画を立てることが苦痛だという。たかだか一泊するための宿泊地を検索することさえも面倒だというのだ。だから私が今こうして旅をしていることに驚愕と尊敬の念を抱いてると表現していた。あれほど旅をしたがっていた彼女の口からそう訊くのは意外な感じがした。

日本にいる時はママ友その他社会のプレッシャーで色々気をつかわなければならないけれど、ここバンクーバーでは何も気にせず服装さえも気にせず、購買欲もないと魚肝油 dhaいう。シングルマザーの生活はしんどいけれど、日本にある面倒臭いこともない。息子がこちらで生活したいと望んでいるので、してあげられることをしてるという。確かに彼女の表情にあるのは、欲をなくした落ち着いた女性そのものだ。
[ 投稿者:者にしか知 at 13:11 | 者にしか知 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月20日
を愛さず揃って

「人魚となってから、お前を抱くのは初めてだが、わたしのものはどうやらお前のものとは違っているようなので心配になった。だが、ずっとこうしたかった。」

頬を染めたヤークートが、マハンメドの腰に手を回した。

「わたしも……わたしも、マハンメド……長く待ちました。ずっと、愛されたかった。あなたの容になるまでわたしを愛して……わたしのスルタン?マハンメド。」

真珠の光沢のある上半身に手を伸ばし、まるで美しい二枚貝、テンシノツバサのように二人は完璧な一対you beauty 美容中心好唔好となり抱き合った。固く閉じた目蓋を縁どる睫毛を濡らし、挿入されたヤークートは青ざめた肌を悦楽に震わせた。

「あ……っ、ああっ……!」

のけぞった喉元の鰓孔が忙しなく開閉し、潤った内壁がぬるりとまとわりつき冷たい吐精を求めた。閃光の瞬間、互いの名を呼んだ。

「ああ、マハンメド……」

「ヤークート。」

薄い胸に飾られた、小柱のような薄赤い突起が色づいて紅色に輝いた。
愛の溢れるどこまでも美しい情景だった。
寄せては返すさざ波の様な快感がマハンメドの背筋を這い登る。淫蕩で清らかな青い小さな人魚に永遠を優纖美容好唔好誓って、マハンメドは自由な魚になった。人だった過去を忘れられないマハンメドには、唯一の憂いがあった。
生き別れた小さな王子は、父の亡き今、市井に生きていた。母は、新しく叔父の後宮に側女として入ったが、王子は物心つくと一人生きる道を望んだ。
宰相は自分の種だと信じていたようだったが、その姿は間違いなくマハンメドと瓜二つで、濃い緑の玉石のような瞳までそっくりだった。
戦乱のどさくさで宰相の行方は知れず、噂では白波に呑まれるのを見たとも、自害したとも言われていた。母は、あなたは「スルタン?マハンメドの正統な後継者なのです。」と告げたが、青年には顔も覚えていない父や亡国の身分などどうでもよかった。
高窓から見える、広大な深い海だけが彼の心を癒やした。

褐色の王子は何故か海が好きで、王宮に生きる貴人の道を棄て、周囲の止めるのも聞かず身ひとつで叔父のyou beauty 美容中心好唔好王宮を後にした。
王子の持つ唯一の財産、一粒の虹色真珠を売り払い、小さな船を買うとつり銭はそこらの物乞いにくれてやり、しばらく漁をしていた。

糸も垂れずに船だけが静かな波に揺れる時、青年の船が沖に出るだけで、魚は甲板に跳ねた。それは、漁師が海に愛されている証だった。
青年がその船を繰って漁に出かければ、波は穏やかになり、必ず船が傾くほどの大漁になる。

「どうやら、わたしは海に好かれているらしいな。」

自分の分を取り分けると、残りは皆くれてやって青年は笑っていた。誰もが、この漁師にはいられなかった。

……漁師は、一度、沖合で人魚の姿を見たことがある。
仲の良さそうな人魚はこちらをじっと見つめ、そんな時、青年は酷く懐かしい想いにかられた。人魚は、母の持つ、太守を写したと言う焼き絵の人物に似ていた。
[ 投稿者:者にしか知 at 13:12 | 者にしか知 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月07日
しまい乗って現

小さな声で抗ってみたが、禎克の精いっぱいの抵抗は、周囲の賑やかな声にかき消されてしまった。

「なぁ、なぁ。おまえ、名前なんて言うの?」

「……こ、金剛禎克(こんごうさだかつ)です〜。」

可哀想なくらい見た目にそぐわぬ、男らdermes 激光脫毛しいごつい名前を名乗ったら、大二郎は目を丸くした。


「……引っ張れば取れるかな。」

「……?取れるのか、これ。」

男の子になりたい湊が食い付いた。

「ん?だって、こいつに付いてたって、おちんちん無駄じゃね?」

「そうだな。いっそ湊についてたほうが良いよな?湊にはないんだ、おちんちん。」

「え?まじで?お前、すげぇかっこいいのに。何か、残念だな。」

「だろ?何かさ、親が言うには、湊が腹の中にうっかり残して来たのが、何かの間違いでさぁちゃんにくっついちゃったらしいんだな。だから、さあちゃんのおちんちdermes 脫毛んは、ほんとは湊のじゃないかと思ってる。」

「どうかしたら、外れるのかな、これ。」

二人は顔を見合わせた。半狂乱になった禎克は、大好きな川俣先生によしよしとされて、やっと人心地ついたようだった。
涙がとめどなく溢れ、川俣先生のポロシャツがしっとりと湿ったころ、やっと禎克は顔を上げた。

「かわ……また先生。ぼく、ぱんつはく……。」

「そうね。」

川俣先生の腕の中で泣きやんだ禎克が、気を取り直して降り立った。

「さあちゃん。けっこう男らしいとこあるんだ〜。」

「え?」

女の子たちが傍に寄ってきて、褒めてくれた。男らしいなどと、いまだかつて言われたことの無い禎克は目を丸くしていた。
言いたいことも言えずに、いつも湊くんの後に隠れているだけだった女の子みたいに可愛い「さあちゃん」が、男の子に格上げされた瞬間だった。
もっとも、下半身はふりちんで、間抜けdermes 脫毛價錢なままだったのだけれど。
その夜、大二郎の父親が川俣先生に話を聞き、菓子折りを持って自宅に謝りに来た。
禎克の母はかかってきた電話に丁重に断りを入れたのだが、気が済まないので謝罪にお伺いします、と向こうは食い下がった。
住宅街の禎克の家に長いリムジンにれた、その人物のインパクトはかなりのものだった。

「夜分に恐れ入ります。本日二回公演だったものですから、お伺いするのがすっかり遅くなってました。なんでもこちらの坊ちゃんに、うちの子倅(こせがれ)がずいぶん失礼なことをしたそうで申し訳もございません。」
[ 投稿者:者にしか知 at 13:04 | 者にしか知 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年02月20日
つは俺ちが
「あの人は、いつも自分を捨てて周囲を助けてばかりだった。人の尻拭いばかりで若ぇ時から損ばっかりしてな……親父が向坂組を劉二郎に継がせようと思うって打診したときも、自分にはガキもバシタもいないからって、弟分の俺に華reenex 效果もたせてくれてな。いつも鴨嶋の兄貴は、俺を本当の弟みてぇに盛り立ててくれたのよ。兄貴には一生かかっても返せねぇ恩があるんだ。」

向坂は、最後に鴨嶋劉二郎の姿を見たのは、先代が肝臓がんで余命いくばくもないと分かった時だったのを思いだした。
見舞いに来た鴨嶋の手を握り締めて、痩せ細った向坂は、一目もはばからずぼろぼろと子供のように泣いていた。

「兄貴ぃ……俺ぁ、こんなになっちまったよ。人様を泣かして気ままに生きた罰が当たったのかなぁ……」
ずいと膝を進めて、劉二郎は向坂に返杯した。
鋭い眼光の前に、向坂は内心圧倒されている。懐の深さ、胆力、どれを取っても、目の前の年寄りの方糖尿上眼治療が自分よりも数段上だと認めざるを得ない。くぐってきた修羅場の質が違う……と思った。

「なぁ、坊よ。大昔の事だがな、俺ぁ、ムショに行ってる間にバシタをヒロポンで失くしてなぁ……。死んだ向坂が跡目を継ぐときに、言ってくれたのよ。向坂組では金輪際、ヤクはやりませんってな。兄貴みたいに身内をヤクで失くした奴を見るのは辛いからって、向坂はバシタの位牌に誓ってくれた。俺ぁ、その時、あいつの前で泣いたぜ。気持嬉しくてなぁ……。俺も極道の端くれとして、ヤクが一番金になるのは知っちゃいるが、あいの気持ちを汲んでくれたのよ。今は関東興産と名前が変わっちま尖沙咀找換店ったが、俺と先代の約束事ってのは生きてるかい?」

「そりゃあ、もう……あの、叔父貴。」

向坂が言い訳めいたことを口にする前に、鴨嶋劉二郎は先手を打った。
[ 投稿者:者にしか知 at 12:56 | 者にしか知 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年02月07日
ンガ道を選ん
清介は自分が月虹を慰めるだけの道具でしかないと思っていた。
行為を受け取るだけで、決して期待してはいけないのだと、何度も自分に言い聞かせていた。分かっていても、それは少しだけ悲しい。
それでも、清介は不実な恋人が好きだった。

月虹は、自分の愛は周囲に惜しみなく与えるべきものだと思っていた。自信家で傲慢な過去の月虹は、誰彼Unique Beauty 好唔好かまわず与え続ける行為が、自分だけを見つめる誰かの純真を傷つけるものだと知らない。
腰を打ち付け、二人の間に響く淫猥な水音が、互いを求め合うものだと信じていた。隠微な音がする度、清介の内側で何かが少しずつ壊れてゆくのに、月虹は気が付かなかった。
言葉少なに、自分に打ち付ける腰に揺さぶられながら、清介はじっと下から月虹の顔を見つめていた。

清介は思い悩んだ末に、月虹に想いを寄せたまま傍にいるのが辛く、逃げ道を探した。
父の急な海外赴任にかこつけて、転校Unique Beauty 好唔好するだのは、好きだからこそ平気で他の者になる月虹を傍で見て居たくなかったからだった。
月虹はそんな清介を詰った。

「なぁ……清介が一人でこっちに残るってのは無理なのか?どうしても向こうに転校しちゃうの?おれはお前が傍に居なくなるのは寂しいぞ。寮だってあるんだから、こっちに残れよ。何なら、おれのマンションに来たっていい。部屋ならいくつもあるんだし。」

「う……ん。ぼくも寂しいけど……。家族は、できるだけ一緒にいる方が自然だって思うんだ。」

「恋人同士も一緒にいる方が、自然じゃないのか?」

「……いっぱい手紙書くね。」

「清介のバカ。もう、いいよ。シポールUnique Beauty 好唔好でもバンコクでもどこでも行っちゃえ。」

「月虹……ごめんね。」
[ 投稿者:者にしか知 at 16:30 | 者にしか知 | コメント(0) | トラックバック(0) ]