掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年06月13日
價格戰盛行智能音箱出貨量進入爆發期
價格戰盛行智能音箱出貨量進入爆發期

続きを読む ...
 
[ 投稿者:luckryer at 13:23 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年08月21日
中國首個軍民融合氫能工程技術研發中心組建成立
記者6日從中國航天科技集團有限公司獲悉,中國首個軍民融合氫能工程技術研發中心已在該集團組建成立,該中心將以推動航天氫能技術軍民融合發展、推動氫能利用領域高端技術裝備研發和工程應用為目標,為中國綠色清潔氫能綜合開發利用注入強勁的航天動力。


迪士尼美語 好唔好價格咁貴值唔值?好唔好買?希望針對主流反對聲音,以過來人想法為正在掙扎的家長提供考慮要素。

點擊進入下一頁
資料圖:氫能源汽車部件。 中新社記者 毛建軍 攝
  新成立的氫能工程技術研發中心是中國航天科技集團依托旗下六院所屬北京航天動力研究所和北京航天試驗技術研究所,開展氫能利用規劃論證、技術研發、業務拓展、對外交流的專業平台,重點開展高效低成本制氫儲氫技術、氫液化技術、質子交換膜燃料電池、氫能裝備檢測和安全應用等關鍵技術研究,加速氫能利用技術發展,為氫能利用形成產業鏈提供技術支撐。


  中國航天科技集團六院被譽為中國航天液體動力領域“國家隊”,長期致力於氫能在火箭發動機領域的研究和應用,曆經60年發展,已研制出以長征三號和長征三號甲系列運載火箭第三級氫氧火箭發動機,以及長征五號芯一級大推力和上面級膨脹循環氫氧火箭發動機為代表的多個“國之重器”,為探月工程、北鬥衛星組網和新一代大推力運載火箭等國家科技重大專項工程提供了穩定可靠的動力支撐。


  據介紹,依托航天氫氧火箭發動機和氫的生產、儲運和供應技術,中國航天科技集團六院在氫燃燒技術領域,掌握高可靠氫點火技術、氫空/氫氧高效穩定燃燒控制技術、氫的測試和安全管理技術;在燃料電池技術領域,具備百千瓦級氫氧/氫空及再生燃料電池系統研制能力,完成中國第一台車用高壓燃料電池發動機裝車運行,通過兩千公裏全路況模擬實驗考核;在氫制備與儲運領域,形成液氫大規模制備、儲存、使用和公路、鐵路高效安全運輸能力,並掌握氫液化工廠設計、液體儲氫加氫站設計、建設和運行管理以及多氫源綜合利用技術。


迪士尼美語 好唔好?兒童用英語教材中最好的

  同時,中國航天科技集團六院前述兩個研究所還承擔了科技部、國防科工局、北京市等40餘項氫能科研項目,已編制氫能利用相關國家、行業標准33項,並擁有27項氫用泵閥、儲運方面的專利。


  中國航天科技集團氫能工程技術研發中心表示,將在國家相關政策指引下,聯合國內優勢單位,完成氫能利用產業鏈的軍民用共性關鍵技術攻關,形成完全自主知識產權,建立氫能產業鏈技術、標准體系,實現氫能利用技術在國防和民用領域廣泛應用,把該中心打造成為國際知名的氫能工程技術研發中心。(完)


迪士尼美語 世界效果怎樣?用過的孩童們英語普遍有所提高



[ 投稿者:luckryer at 16:55 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年08月07日
に行見つけたな
しばらく朔良を見つめていた島本の顔が、いきなりくしゃと歪んだ。
そのまま、ゆっくりとその場に崩れ落ちるのを朔良は見つめていた。
頭を抱え、リノリウムの床に突っ伏した島本の嗚咽が、リハビリ室に響く。

「さ、朔良……っ……!朔良……!」

しばらくそのまま眺めていた朔良は、やが蘇家興て近づくとハンカチを差し出した。

「みっともない。」
「すま……ん……」
「許したわけじゃないけど、忘れる事にする。」
「俺は……これから、どう償えばいいんだろう?」
「自分で考えれば?」
「そうか……そうだよな。虫が良すぎるよな。」
「あんた言ったよね?僕がどこかで苦しんでいるなら、せめて代わりの誰かを助けるって。」
「ああ。偽りはない。そのつもりで進路を選んだんだ。」
「それでいいんじゃないの?どんなカードが配られても、逃げる事は出来ない。それが人生だってパ……誰かが言ってた。僕も誰にも恥じない毎日を送ることにしたから。」

ふっと差し込んできた夕日を背負って笑った朔良を、島本は眩しそうに見つめていた。成長して青年になった朔良と再びめぐり合い、こうして話が出来るようになるなどと蘇家興は、思いもよらなかった島本だった。

高校の頃、乱暴に踏みつけにした下級生は、真っ直ぐに首を上げて自分を見つめている。
塵に汚れた床の上に、蹂躙された挙句に気を失って倒れた少年の、成長したしなやかな背には、傷の癒えた神々しいまでの白翼が見える気がした。

「やっぱり、うっとりするほど綺麗だな……朔良。」
「懲りないね。馬鹿みたい。それは男に使う褒め言葉じゃない。」
「そうだな。でもな、初めてちゃんと朔良の顔を見たときのことを、俺は今でも覚えてる。世の中にこんな顔した奴が居るのかと思った。穢した時、本当は少し怖かった。」
「ふ〜ん……。」

厭味を言ってやろうかと思ったが、大人げない気がして朔良は口をつぐんだ。

「朔良はその頃と何も変わっていない。誇り高くて……繊細だ。最近になって、雰囲気が変わったかな。柔和になった気がする。」
「あんたの感想はいいよ。」
「優美な見かけと違って、鼻っ柱が強いところも変わらないな。」

ふと気になって、島本は聞いてみた。

「それよりパニックは、しょっちゅう出るのか?俺のせいなんだろう?」
「さあ、殆どよくなっているから。トラウマが原因とは限らないんじゃない?それに発作が出た時、あんたが言ってくれた言葉で落ち着いたのは確かだし。」
「俺が?」
「うんと昔、僕がおにいちゃんに助けてもらった時、おにいちゃんも言った言葉だったよ。正直、あんたの口から聞くとは思わなかったけど。」
「織田彩か。朔良が、高校の時に好きな奴だったよな?今でも好きなのか?」
「好きも何も、向こうにとっては、昔から僕は弟みたいなものだ。恋愛対象にはなれないけど、大事にしてもらって感謝してる。事故の後も、うんと甘やかして貰ったよ。僕はおにいちゃんが傍に居るのが当然だと思ってたから、おにいちゃんが僕のせいでたくさんの物を失ったのにも気が付かなかったんだ。すごく悪いことをしたと思ってる。」
「恨んだりしていないよ。……朔良の事は、誰でも好きになるさ。きっと、織田彩だってそうだ。後悔はしていないはずだ。」
「あんたの口から、おにいちゃんと同じ易經大師蘇家興台詞は聞きたくない。」

朔良は、自分から島本に一歩近づいた。
胸が苦しくなると思ったが、何ともなくてほっと安堵する。

「……じゃ、ね。」
「話せてよかった。朔良、あの……ありがとう。」
「うん。」

ドアを開けたら、入って来た冷たい初春の風に、甘い香が混じっている気がする。
風に弄られた髪をかき上げた朔良に、島本は思わず息を詰めた。
凛とした横顔は、もう青年のものだった。

*****

朔良は彩を呼び出した。
これから本気で理学療法士をめざして、勉強を始めると告げた。

「朔良。伯父さんに話せないなら、俺が一緒ってやろうか?」
「いいよ。自分で言うから。これから帰って、すぐに言うんだ。」
「一人でちゃんと言えるのか?駄目っこ朔良のくせに〜。」
「おにいちゃん、よっかかると重い。真っ直ぐ歩けないよ。……もう〜、酔っ払い。」
「あはは……朔良が自分でしたいことんてなぁ〜。おにいちゃんは嬉しいぞ〜!」
「酒臭い〜!もう〜!」
[ 投稿者:luckryer at 12:56 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月16日
いなたのい
病み衰えていた寺川が、琉生の部屋でこと切れた事実に、警察はたどり着けなかった。
琉生の手で葬られたのか、それともたまたまその場で心臓が止まってしまったのか、今となっては渋谷にも琉重新加按生にも知るすべはない。
遺体はとうに荼毘に付されていたし、琉生の記憶は曖昧だった。

兄に全幅の信頼を寄せる琉生に、渋谷はそれ以上掛ける言葉を失った。

「じゃ、わたしはこの辺で。」
「さようなら。刑事さん。」

渋谷は、別れを口にすると自宅へと向かった。
もう退職してしまった自分には、今更、尊の言葉の裏にある真実に気付いたからと言って、何もできない。
どれほど探っても、証拠は何一つとして出てこなかったのだから。
渋谷が脳内で構築した尊の行動は、ほとんど的を得ていたが、尊の手で深淵に沈められた事実は二度と浮き上がる事は無い。
明晰な頭脳を持った秀麗な顔の怪物は、きっと死んでも秘密を守るのだろう。
その深い愛ゆえに。

*****

それから何年か経って、絵で飯を食うという琉生の夢はかなった。

展覧会での入選を期に、銀座にある画資金流向廊が、琉生の絵を買い取ってくれる事になった。
しばらくは、美術教師を続けながら心象風景を描いて行こうと思いますと、琉生は晴れ晴れとした顔で挨拶をした。
華やかな授賞式には、尊も隼人も参列した。

「おめでとう。琉生くん。これね、先生からお祝いを預かって来たの。いいものよ。」
「なんですか……?あっ!」
「お父さん……絵だ。」

祝いに駆け付けた看護師が、琉生の父親の絵を持参してくれて琉生はその場で絵を抱きしめて嗚咽した。

「絵を買った先生がね、この絵はきっと琉生くんの傍に居たいだろうから……って。今まで、よく頑張ったからご褒美ですって。」
「ありがとう……ございます。嬉しいです。」



筆が止まった時、アトリエに入って来る季節の風を頬に感じて、ふと琉生は思い返すことが有る。
幼い頃、無償で愛してくれた両親の事、縁あって家族になった寺川家の人たちの事。
誰もが皆、自分を愛してくれた。
沢山の手が、自分を支えてくれる。

琉生はいつも描く絵のどこかに青い絵の具を使った。
父の残した絵の中に使われていた青い硝子玉は、常に琉生の絵の中にも配置された。

いつかぱちんと弾けてしまう日が来るまで、幼児の追う青い玻璃は、どこまでも琉生の絵の中で漂泊を続ける。
薄いサボンの膜に、犯した罪を閉じ込めて。

「おいで。琉生。」

後から抱えられて、空を掻く両足がもどかしく揺れた。

「尊兄ちゃん……隼人兄ちゃん……もっと……」

背後から優しく琉生の中心を弄る尊金融投資の舌が、首筋を這うと印をつけた。

「琉生の汗は甘いな。」
「ちび琉生、ほら……舐めてやるから、足開け。」
「ん……っ。」

太腿を撫でていた手が、くんと勃ちあがったセクスを乱暴に握り込むと、一瞬驚いたように見開いた琉生の双眸が、隼人の表情をこわごわ確かめた。

「優しくして……だろ?」
「……あっ……」
「仕方がない。二人でうんと甘やかしてやるよ。兄貴が帰ってきたの久しぶりだもんな。」

「ただいま、琉生」(?′?ω`)?(つд?`?)??「尊兄ちゃん〜、おかえり〜」

寺川の死因はやぶの中ですが、たぶんもう寿命であったと思いたいです。
それでも、愛する弟が父を手にかけてしまっを見たとき、尊の中では一つの決意が生まれました。
どんなことをしても、琉生を守る……尊はきっとすべてを背負って何も言わずに生きて行くのだと思います。隼人もおそらく迷わずに同じ行動をとったはずです。
ただ一つ。
パソコン内に残された父の遺書は、拾えて伏線なのですが、挫折しました。父の作ったアニメの中の台詞をつづった不自然さに、隼人辺りが気付くはずだったんですが……(′?ω?`) あまりに長いと中だるみしちゃうから……
[ 投稿者:luckryer at 13:03 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月26日
たちにら愛

「秋月博士が……ぼくが、おにいちゃんに似ていたから気付いて……偶然だったのだと思うけど、音羽が30歳を回っても結婚しないんだよって……教えてくれました。あいつは昔、隣に住んでいた金髪に恋していて、いまだに避孕 藥引きずっているって言うから……。少しは、チャンスがあるかなって。嘘をついて……ごめんなさい。」

うるうるとした瞳がぎゅっと切なく閉じられて、あっくんはとうとう顔を覆ってしまった。

空気に晒されて色づく木の実のように、薄い胸に紅い実が転がった。

「あっ……ん。」

「あっくん。これまで恋人はいなかったの?」

「そんな……音羽は、ずいぶん意地悪だ。ぼくはひよこの時から、ずっと音羽だけが好きだったのに。日本を離れてもいつも音羽のことだけ考えていたんだよ。」

「あっくん、それは単なる刷り込み(インプリンティング)だ。で……?あっくんがキスまで許した、泡沫の避孕丸恋人は何人いたんだい?」

「う…キス……は、17人くらい……。」

「そう。じゃあパンツを脱いだのは?」

「8人……。」

「みんなに見せちゃったんだ。」

「でも体は許しても、心は許してないよ。本当だよ。ぼくの初めての人は音羽だったし、あの……本当にに身体をつなぐセクスは誰ともしていない。あの……、それにモデルの舞台裏ってみんな裸で走り回ってるし……。」

「やっ……!ううっ……。」

音羽の胸に手を当てて、必死に突っ張ろうとする。一本の指の先端が入ったきり、抜き差しならない状態に音羽は手こずりながらも、楽しんでいた。張りつめた腿で音羽を挟み、あっくんは逃げようとする。
唾液を絡めゆっくりと抜き差しされる指先には、やがてほんの少し馴染んで抵抗の無くなった後孔の肉襞がまとわりついてきた。最奥にきっとあっくんの跳ねる場所があるはずだが、今の音羽は決して急がなかった。
あっくんがとろりと少量吐き出した薄い精液を、潤滑油代わりに塗りつけて、決して自然に濡れることの無い避孕丸きつい場所に、音羽は背後からゆっくりと侵入してゆく。
逃げるあっくんの腰を抱え、薄い膜をこじ開けるように押し当てたまま手を回し、背後から扱くと悲鳴をあげた。

「ああぁーーーーーッ……音羽。音羽……。だ……め。出ちゃう〜っ。」

「いいよ。出して。いい気持なって、あっくん。」

「あ……ぁんーーーっ。」

小さく悲鳴のように洩れる声を、枕に吸わせてあっくんは達かないようにがんばったが、長くはもなかった。
音羽の手の甲に爪を立てて、あっくんはひくひくと痙攣したように身を縮め、吐精した。
指先にかかった少量の白い精すおしいと思う。
[ 投稿者:luckryer at 12:27 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月15日
一線信貸工資縮水叫苦不迭





導讀:流動性收緊情況下,銀行信貸額度愈發緊俏,部分銀行甚至面臨“一貸難求”的緊張局面。記者瞭解到,深圳多家銀行表內貸款利率出現不同程度上浮。除房貸外,部分銀行的消費貸、抵押貸利率已上調5%-10%,國企、央企等對公優質客戶利率也由以往的優惠利率上浮至基準利率甚至之上。

流動性收緊情況下,銀行信貸額度愈發緊俏,部分銀行甚至面臨“一貸難求”的緊張局面。記者瞭解到,深圳多家銀行表內貸款利率出現不同程度上浮。除房貸外,部分銀行的消費貸、抵押貸利率已上調5%-10%,國企、央企等對公優質客戶利率也由以往的優惠利率上浮至基準利率甚至之上支付寶

  額度緊張更影響到信貸人員的收入,一線人員叫苦不迭。同時,部分銀行正逐漸調整考核體系,比如降低貸款指標,轉而在攬儲、銷售理財產品、保險等業務上加大考核。分析人士預計,隨著央行釋放流動性,銀行負債端成本率回升趨勢將得到遏制,基建專案需求收縮和房地產專案、住房按揭受限將為信貸騰挪空間,額度吃緊有望緩解。

  部分銀行“一貸難求”

  “5月申請的房貸,批貸完後,等了一個月錢都沒下來,我現在考慮要不要換家銀行做”。遲遲不見某中資銀行放款的胡女士焦慮地告訴記者。

  記者在深圳走訪過程中也明顯感受到房貸額度緊缺的氛圍。“如果要做,最好趕緊做,7月份就不知道有沒有額度了,我們聽到風聲說有可能還要在基準利率上再上浮10%。”某四大行一位客戶經理告訴記者實德

  這並非個例,十餘家銀行相關業務人員都不同程度證實房貸額度緊張的情況。與之相對的是貸款利率上浮、放款週期拉長。其中,招行、工行、民生、廣發四家銀行首套房利率均上浮至基準利率或之上,平安、興業部分支行已經暫停房貸業務。放款週期方面,各家銀行情況不一,短的話一至兩周可以下來,長些甚至一至兩個月都收不到款。

  “對私業務中屬房貸額度最緊,按揭利率本來就低,加上銀行做按揭都得派人駐點在開發商,房地產調控下買房的人越來越少,房貸業務消耗的人力、時間成本越來越高,就很不划算。”某股份制銀行信貸部門負責人告訴記者,“隨著負債端的成本不斷攀升及銀行普遍額度不足,銀行會傾向把錢投向收益更高的領域。”

  事實上,利潤空間更大的經營貸和消費貸也越來越不好做了。“額度也挺緊張的,最明顯的變化是放款週期不斷延長,從原來的兩天到一周、兩周。此外,銀行對貸款客戶的資質審核也越來越多,但放款的額度卻很難達到客戶預期。”某中資銀行對私客戶經理告訴記者。

  該客戶經理告訴記者,目前多家銀行經營貸和消費貸都出現不同程度上調。“以我們行為例,之前是在基準利率上上浮20%左右,現在都在基準利率之上上浮了30%左右。就是這樣還不一定有額度,在風險係數大體一致情況下,願意接受更高利率的客戶會優先放款,其餘客戶就得排隊等額度。”

  一位上市銀行內部人士表示,對公業務方面,額度緊缺也很普遍,企業的貸款需求很大,額度卻不夠用。“以前國企、央企、上市公司都是銀行大客戶,而且安全性高,一般貸款利率會下調10%左右,但是最近都已經調到基準甚至之上。”

導讀:流動性收緊情況下,銀行信貸額度愈發緊俏,部分銀行甚至面臨“一貸難求”的緊張局面。記者瞭解到,深圳多家銀行表內貸款利率出現不同程度上浮。除房貸外,部分銀行的消費貸、抵押貸利率已上調5%-10%,國企、央企等對公優質客戶利率也由以往的優惠利率上浮至基準利率甚至之上。
 一線人員叫苦不迭

  銀行額度收緊令一線信貸人員叫苦連天。

  “銀行沒有額度,我們哪來的錢放款。我們行的工資構成是底薪加提成,底薪只有兩三千,收入都得靠業績拉動。”一位股份制銀行的客戶經理告訴記者,現在除了少數工作年限較長、存量業務儲備較多的老員工能夠維持原有的薪資水準外,大部分客戶經理業務量都出現明顯下降,工資也在走下坡路,縮水情況很普遍。

  小林是某銀行對私業務的客戶經理,5月底剛剛辭職跳槽到某房地產公司。“我們都會儘量滿足客戶要求,爭取到客戶期望的額度,但銀行的審核越來越嚴、額度不斷縮水,客戶就會流失,到別的銀行或乾脆找小貸公司去貸。”小林抱怨道,“業務越來越難做,去年年底到現在我的工資縮水超過一半。”

  上述股份制銀行內部人員告訴記者,針對這一情況銀行也在調整考核體系。“銀行也知道額度不足不能怪到業務員身上,所以會適當調整考核指標,比如降低貸款業務量的標準,在攬儲、銷售理財產品、保險產品上加大考核比重。”

  小黃所在的股份制銀行4月開始在保險銷售上增設指標,“會設定最低指標,鼓勵我們多向客戶銷售保險產品,比如在客戶貸完款後,說服他們打包買一個保險產品。”小黃說,“但實際上,我們對保險產品的熟悉度和管道開拓方面都沒有專業保險代理人有優勢,業務很難展開。現在情況就是錢越拿越少,活越幹越多。”

  流動性緊張有望緩解

  上述股份制銀行內部人士指出,此前銀監會密集發佈監管新規進行金融去杠杆,央行也有意抬高市場利率倒逼銀行去杠杆,在貨幣政策和行業監管的同時擠壓之下,銀行流動性吃緊,導致額度緊俏。

  “每年央行都會給銀行一個信用額度,大家怕額度突然收緊,都會在上半年多放貸款,所以每年下半年的信用額度一般比上半年緊張。”某城商行內部人士指出。

  隨著第二季度銀行MPA大考期限逐漸逼近,各家銀行已為此提前騰挪和準備。一方面,銀行理財產品收益率不斷刷新年內新高。根據普益標準的統計數據,6月5日至6月11日一周,全國在售的銀行理財產品平均預期收益為4.47%,較上周上升0.09個百分點,是銀行理財產品連續6周上漲。此外,不少銀行還上調了存款利率,部分股份制銀行一年期存款利率多為1.95%,相較央行基準利率上浮了30%,而多家銀行大額存單利率也上浮40%以上。

  市場人士稱,無論是同業拆借還是理財產品的利率都在不斷提升,銀行額度緊張再加上資金成本越來越高,促使銀行投放貸款更加趨於謹慎,一些收益不高信貸需求因此受到擠壓,會讓機構和個人覺得貸款越來愈難。

  中信建投分析師指出,隨著央行開始釋放流動性,資金面將處於緊平衡,資金利率將在高位穩定,不能再提高,也將不會下降。對銀行而言,負債端成本率回升趨勢得到遏制實德金融

  華南某大型券商分析師指出,去年釋放的信貸需求已經接近尾聲,基建專案需求收縮和房地產專案、住房按揭受限後,暫時沒有出現補位的信貸需求出現。房貸受限將騰挪出2萬億左右的信貸空間,這為表外轉表內、非標轉標預留空間,銀行下半年的信貸投放有望回落。

文章轉自:http://www.bashan.com/licaixinwen/127788.html

[ 投稿者:luckryer at 13:26 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月19日
初に眼れい
 キク科のハキダメギクは道端や畑によく見られるが、我が家の庭の片隅にも咲いていた。白色の舌状花が5個並び、内側に黄色の筒状花を多数つける。頭花は直径約5mmほどで余り目立たないが、よく見ると星の形をした可憐な白い花を咲かせる。
 雑草とは言え、ハキダメギクの名が「掃き溜め菊」の意味であるとは、なんとも可哀想な名である。人間が跟團去歐洲こんな気の毒な名をつけられたら、間違いなくいじめにあっているはずだ。名前は自ら進んでつけたわけではないから、本人にまったく罪はない。問われるのは命名者のセンスである。しかし、調べてみると伏せておきたいと思うほどに著名な植物学者であったから驚く。東京世田谷の掃き溜めの場所で発見したことからこの名をつけたそうであるが、だからと言って、この花のどこが「掃き溜め」なのか、植物学者であるなら、雑草であっても情を込めた名をつけて欲しかったとつくづく思う。
 ハキダメギクは南アメリカの原産で、大航海時代を経て世界中に広まったそうである。そのため、世界各地でさまざまな名前がつけられている。例えば、ハワイでは原産地にちなんで「ペルーの雑草」と呼ばれ、イギリスでは「キュー植物園の雑草」と王立植物園の名を冠している。また、繁殖力が旺盛で、小さい花でありながらも次々に花を咲かせて種子を作り、新天地にどんどん進出していくという特徴から、英名にはそれを称えた「勇ましい戦士」という別名もある。ハキダメギクの自尊心を満足させる誇らしい命名である。それに引き換え、日本で「掃溜菊」と名づけられた当のハキダメギクはどう思っているのだろう。
 しかし、日本には「掃き溜めに鶴」のた日本旅行團とえもある。いつまでもくよくよしているより、その名前で頑張るしかない。たとえその身が掃き溜めにあっても、その可憐な花の姿に「愛らしさ」を、そして雑草としてどんな逆境にも立ち向かう逞しい生きざまに「強さ」を感じてくれる人たちがいるはずだ。難病を患い、時には挫けそうになる私もその一人である。



 


『銀河鉄道の夜』のリンドウ

 我が家のリンドウが咲き始めた。いよいよ秋も深まって来たかと思わせられ、どこかもの寂しい感じがしてならない。
 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』の「六?銀河ステーション」の末尾にリンドウが登場する。ジョバンニとカムパネルラが天上の銀河鉄道を走る列車の車窓から外の景色を眺めているとき、最に飛び込んでくるのがリンドウである。


 ごとごとごとごとと,その小さなきな汽車は,そらのすゝきの風にひるがへる中を,天の川の水や,三角標の青白い微光の中を,どこまでもどこまでもと,走って行くのでした。
 「あゝ,りんだうの花が咲韓國旅行團いてゐる。もうすっかり秋だね。」カムパネルラが、窓の外を指さして云ひました。
[ 投稿者:luckryer at 16:07 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月27日
ずの小屋しもしても
独りで何舐めてんだよ〜、ずるいぞ、夏輝。
おいしそうな甘い匂いに、思わずたまらなくなって、夏輝の前しっぽを甘噛みしたら、夏輝がうめいた。

「あぅ……ああぁ……もう……ナイトったら……うっ。」

夏輝は文太を起こさないように、そうっと足元を四つん這いのままで風呂場に向かった。
狹い風呂場で、俺の身体にシャンプーreenex 效果を振りかけ「ごめん」と何度も言いながら夏輝は泣いていた。
狭い部屋の向こうでは、夏輝の好きな文太がペンキ塗りで疲れて眠っていた。

「ナイトに、顔射しちまった。ごめんなぁ……」犬の成長は早い。一歳で成人する勢いだ。
本当だったら、一か月にも満たない小犬の俺は3歳くらいなんだろうと思う。
一度、表で同じくらいの奴に声を掛けたら「まんまと、ぶーぶー」しか言えないのに驚いた。余りの幼さにびっくりして思った。
俺、少なくともわんこの世界では、お利口さんに入る部類かも。
俺はちびだけど不思議と色々なことを考えていたし、自分で言うのもなんだけど俺の「おひさまのおふとん」夏輝の気持ちがすごくよくわかった。
言葉も「わん」だったけど、切ない夏輝の心を知って、俺はそれからずっと夏輝と文太の事を考えていた。
俺の顔に顔射してしまった夏輝は、酷く落ち込んで枕に顔を埋めた。一晩中声を押し殺して泣いた夏輝は、翌日の朝に起きて来た文太が驚くほど目を腫らしていた。
俺の中で、男前の父ちゃんの血が騒ぐ。「泣くなよ、夏輝。」って言ってやりたかった。
一宿一飯の恩義を受けて、お世話になった夏搜索引擎優化服務輝が泣いているのを見過ごしたりはできない。
夏輝は時々、夜、哀しそうに前のおしっぽを立ち上げて「文太ぁ…」と呼んで涙をこぼした。
俺が一度、心配して膝にすり寄ったら、もっと泣いてしまったのであれから俺は見て見ない振りをしている。
俺は俺の大好きな「おひさまのおふとん」が、笑顔を取り戻してくれるためなら、なんだってする。
俺の背中で、俺の「おひさまのおふとん」が、ああーっと小さく啼いた。

「夏輝……くすん。」

俺は早く大きくなりたい。
こんなちっぽけなわんこじゃなく、鼻面に顔を寄せて涙を舐めとってやれる位、でかくなりたい。
そうしたら、思いっきり夏輝を抱きしめて、俺はニヒルにこういうんだ。

「俺の「おひさまのおふとん」夏輝。泣くなよ。お前に涙は似合わないぜ。俺が一生傍にいるじゃねぇか。」

……俺、かっこいい。


俺はそうっと夏輝が大学へ行った後部屋を抜け出し、町中を探し回ってある祠を探していた。
由緒あるおんぼろアパートの中庭で、猫たちは集会を開く。野良の犬猫が、無事に育つためには情報の共有が必要なのだ。
俺がもう少し大きくなったら移るはでお昼寝をしていた時、猫たちの話を聞いたんだ。

「いいか、忘れるなよ。角の西野さんと、二丁目の杉田さんは、野良の俺たちにも餌をくれる。くいっぱぐれ香港護眼中心たものは、妊婦、女、子供、年よりの順番に行くんだぜ。」

「向こうも年金暮らしだから、二度並びは厳禁綺麗に平らげる事。いいな、それがおまんま戴く仁義ってもんだ。」
[ 投稿者:luckryer at 13:24 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月13日
は露草だれると

肩を震わせる露草に、玄太が助け舟を出した。

「露。日暮れまでにはまだ時がある。頑張って鍛練しますと、父者に言うがよい。狼が来ぬように、わしが見卓悅張っていてやるからの。」

「……えぇ……んっ……。玄太にぃ……。」

露草は、伸ばされた玄太の腕にかきついて泣いた。

?弱虫め!そうやっていつも、玄太の懐に逃げるでないっ!」

厳しい叱咤が、鉄拳となって飛んだ。

*****

麻の葉や竹を植えて、それを飛び越え、忍者は跳躍力を鍛えると言う話がある。
だがそれらはただの伝承で、実際はこれら草木の成長に人は追いつかない。
少しずつ穴を深くして、子どもたちは跳躍卓悅Biodermaに馴れた。

結局、土を入れ穴を少し浅くしてもらって、何度も跳躍を繰り返した。
義父が領主に呼ばれてその場を去ると、穴の上で玄太が両手を広げて待っていてくれた。

「ほら。露草、兄者の腕の中へ飛んで来い!もう少しだぞ!腿を強く上げるのじゃ!」

「えいっ!えいっ!」

成功しても義父に褒められる事は無く、穴は夜のうちに掘られ、少しずつ深くなってゆく。
もう少しで兄の腕につかま信じて、必死に露草は跳躍力を身に付けた。

玄太は父にどんな思惑があるのか、幼い露草の修行が、同じ一族の者よりもはるかに過酷に進められていると気づいていた。

露草もいつしか慣れて、涙を流すのも無駄と知るようになる。
こなせるようにならなければ、いつかそれは「死」を意味した。

露草の出自は、領主と養い親だけが知っていた。
伊賀の中でも手練れで有名な両親を持った?草?の血統に、期待は大きい。
暗がりの部屋の片隅。
そこには誰も入らぬようにと言い置き、義父けを伴って籠った。

「覚悟は、良いな、露草。ここへは、玄太も母卓悅假貨者も助けには来ぬ。」

「……あい。」
[ 投稿者:luckryer at 13:18 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]