掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年09月26日
中国の1-7月サービス輸出入総額、過去最高の2兆9千億元超
中国の1-7月サービス輸出入総額、過去最高の2兆9千億元超

続きを読む ...
 
[ 投稿者:luckryer at 13:20 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年09月03日
香港批准引入虛擬銀行 微眾銀行稱暫無申請計劃
香港批准引入虛擬銀行 微眾銀行稱暫無申請計劃

続きを読む ...
 
[ 投稿者:luckryer at 13:01 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年08月17日
瑞典北極光印象 來自天際的感動
瑞典北極光印象 來自天際的感動

続きを読む ...
 
[ 投稿者:luckryer at 13:09 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年08月07日
保持自信逆風的方向更適合飛翔
保持自信逆風的方向更適合飛翔

続きを読む ...
 
[ 投稿者:luckryer at 16:21 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年07月19日
補水的14個驚人美膚術
補水的14個驚人美膚術

続きを読む ...
 
[ 投稿者:luckryer at 13:00 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年07月03日
訪阿爾斯通可再生能源業務總裁裴柯斯
水電業務的未來在中國——訪阿爾斯通可再生能源業務總裁裴柯斯

続きを読む ...
 
[ 投稿者:luckryer at 13:22 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年06月13日
三個小藥方治療食療
三個小藥方治療食療

続きを読む ...
 
[ 投稿者:luckryer at 13:23 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年08月21日
中國首個軍民融合氫能工程技術研發中心組建成立
記者6日從中國航天科技集團有限公司獲悉,中國首個軍民融合氫能工程技術研發中心已在該集團組建成立,該中心將以推動航天氫能技術軍民融合發展、推動氫能利用領域高端技術裝備研發和工程應用為目標,為中國綠色清潔氫能綜合開發利用注入強勁的航天動力。


迪士尼美語 好唔好價格咁貴值唔值?好唔好買?希望針對主流反對聲音,以過來人想法為正在掙扎的家長提供考慮要素。

點擊進入下一頁
資料圖:氫能源汽車部件。 中新社記者 毛建軍 攝
  新成立的氫能工程技術研發中心是中國航天科技集團依托旗下六院所屬北京航天動力研究所和北京航天試驗技術研究所,開展氫能利用規劃論證、技術研發、業務拓展、對外交流的專業平台,重點開展高效低成本制氫儲氫技術、氫液化技術、質子交換膜燃料電池、氫能裝備檢測和安全應用等關鍵技術研究,加速氫能利用技術發展,為氫能利用形成產業鏈提供技術支撐。


  中國航天科技集團六院被譽為中國航天液體動力領域“國家隊”,長期致力於氫能在火箭發動機領域的研究和應用,曆經60年發展,已研制出以長征三號和長征三號甲系列運載火箭第三級氫氧火箭發動機,以及長征五號芯一級大推力和上面級膨脹循環氫氧火箭發動機為代表的多個“國之重器”,為探月工程、北鬥衛星組網和新一代大推力運載火箭等國家科技重大專項工程提供了穩定可靠的動力支撐。


  據介紹,依托航天氫氧火箭發動機和氫的生產、儲運和供應技術,中國航天科技集團六院在氫燃燒技術領域,掌握高可靠氫點火技術、氫空/氫氧高效穩定燃燒控制技術、氫的測試和安全管理技術;在燃料電池技術領域,具備百千瓦級氫氧/氫空及再生燃料電池系統研制能力,完成中國第一台車用高壓燃料電池發動機裝車運行,通過兩千公裏全路況模擬實驗考核;在氫制備與儲運領域,形成液氫大規模制備、儲存、使用和公路、鐵路高效安全運輸能力,並掌握氫液化工廠設計、液體儲氫加氫站設計、建設和運行管理以及多氫源綜合利用技術。


迪士尼美語 好唔好?兒童用英語教材中最好的

  同時,中國航天科技集團六院前述兩個研究所還承擔了科技部、國防科工局、北京市等40餘項氫能科研項目,已編制氫能利用相關國家、行業標准33項,並擁有27項氫用泵閥、儲運方面的專利。


  中國航天科技集團氫能工程技術研發中心表示,將在國家相關政策指引下,聯合國內優勢單位,完成氫能利用產業鏈的軍民用共性關鍵技術攻關,形成完全自主知識產權,建立氫能產業鏈技術、標准體系,實現氫能利用技術在國防和民用領域廣泛應用,把該中心打造成為國際知名的氫能工程技術研發中心。(完)


迪士尼美語 世界效果怎樣?用過的孩童們英語普遍有所提高



[ 投稿者:luckryer at 16:55 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年08月07日
に行見つけたな
しばらく朔良を見つめていた島本の顔が、いきなりくしゃと歪んだ。
そのまま、ゆっくりとその場に崩れ落ちるのを朔良は見つめていた。
頭を抱え、リノリウムの床に突っ伏した島本の嗚咽が、リハビリ室に響く。

「さ、朔良……っ……!朔良……!」

しばらくそのまま眺めていた朔良は、やが蘇家興て近づくとハンカチを差し出した。

「みっともない。」
「すま……ん……」
「許したわけじゃないけど、忘れる事にする。」
「俺は……これから、どう償えばいいんだろう?」
「自分で考えれば?」
「そうか……そうだよな。虫が良すぎるよな。」
「あんた言ったよね?僕がどこかで苦しんでいるなら、せめて代わりの誰かを助けるって。」
「ああ。偽りはない。そのつもりで進路を選んだんだ。」
「それでいいんじゃないの?どんなカードが配られても、逃げる事は出来ない。それが人生だってパ……誰かが言ってた。僕も誰にも恥じない毎日を送ることにしたから。」

ふっと差し込んできた夕日を背負って笑った朔良を、島本は眩しそうに見つめていた。成長して青年になった朔良と再びめぐり合い、こうして話が出来るようになるなどと蘇家興は、思いもよらなかった島本だった。

高校の頃、乱暴に踏みつけにした下級生は、真っ直ぐに首を上げて自分を見つめている。
塵に汚れた床の上に、蹂躙された挙句に気を失って倒れた少年の、成長したしなやかな背には、傷の癒えた神々しいまでの白翼が見える気がした。

「やっぱり、うっとりするほど綺麗だな……朔良。」
「懲りないね。馬鹿みたい。それは男に使う褒め言葉じゃない。」
「そうだな。でもな、初めてちゃんと朔良の顔を見たときのことを、俺は今でも覚えてる。世の中にこんな顔した奴が居るのかと思った。穢した時、本当は少し怖かった。」
「ふ〜ん……。」

厭味を言ってやろうかと思ったが、大人げない気がして朔良は口をつぐんだ。

「朔良はその頃と何も変わっていない。誇り高くて……繊細だ。最近になって、雰囲気が変わったかな。柔和になった気がする。」
「あんたの感想はいいよ。」
「優美な見かけと違って、鼻っ柱が強いところも変わらないな。」

ふと気になって、島本は聞いてみた。

「それよりパニックは、しょっちゅう出るのか?俺のせいなんだろう?」
「さあ、殆どよくなっているから。トラウマが原因とは限らないんじゃない?それに発作が出た時、あんたが言ってくれた言葉で落ち着いたのは確かだし。」
「俺が?」
「うんと昔、僕がおにいちゃんに助けてもらった時、おにいちゃんも言った言葉だったよ。正直、あんたの口から聞くとは思わなかったけど。」
「織田彩か。朔良が、高校の時に好きな奴だったよな?今でも好きなのか?」
「好きも何も、向こうにとっては、昔から僕は弟みたいなものだ。恋愛対象にはなれないけど、大事にしてもらって感謝してる。事故の後も、うんと甘やかして貰ったよ。僕はおにいちゃんが傍に居るのが当然だと思ってたから、おにいちゃんが僕のせいでたくさんの物を失ったのにも気が付かなかったんだ。すごく悪いことをしたと思ってる。」
「恨んだりしていないよ。……朔良の事は、誰でも好きになるさ。きっと、織田彩だってそうだ。後悔はしていないはずだ。」
「あんたの口から、おにいちゃんと同じ易經大師蘇家興台詞は聞きたくない。」

朔良は、自分から島本に一歩近づいた。
胸が苦しくなると思ったが、何ともなくてほっと安堵する。

「……じゃ、ね。」
「話せてよかった。朔良、あの……ありがとう。」
「うん。」

ドアを開けたら、入って来た冷たい初春の風に、甘い香が混じっている気がする。
風に弄られた髪をかき上げた朔良に、島本は思わず息を詰めた。
凛とした横顔は、もう青年のものだった。

*****

朔良は彩を呼び出した。
これから本気で理学療法士をめざして、勉強を始めると告げた。

「朔良。伯父さんに話せないなら、俺が一緒ってやろうか?」
「いいよ。自分で言うから。これから帰って、すぐに言うんだ。」
「一人でちゃんと言えるのか?駄目っこ朔良のくせに〜。」
「おにいちゃん、よっかかると重い。真っ直ぐ歩けないよ。……もう〜、酔っ払い。」
「あはは……朔良が自分でしたいことんてなぁ〜。おにいちゃんは嬉しいぞ〜!」
「酒臭い〜!もう〜!」
[ 投稿者:luckryer at 12:56 | 隨筆 | コメント(0) | トラックバック(0) ]