掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

NEXT SERIES ONAIR
"4 Victories"  WITH MY LEGACY 

   All 20 BGMs by Todd Rundgren


       カテゴリー(→→→→↓↓)ごとに辿るのが最初のお勧めコースです♪

2007年02月25日
18. -幸運-
ime18a

BGM 「DIVE TO BLUE」 by L'Arc〜en〜Ciel

from "ark"

CG art Copyright (C) Aqua's Room All Rights Reserved.











選ばれたのはグラスワンダーだった。





主戦をつとめていた無敗の3歳馬二頭のうち

エルコンドルパサーは順調に夏を過ごしたが

骨折明けのグラスワンダーの背に彼はまたがった。





関係者の間で何があったのかは知る由もない。





サイレンススズカは非業の最期を迎えた。

エルコンドルパサーは挑戦の旅を進んだ。

グラスワンダーは劇的な復活を成しえた。





残されたのは三頭のその後の事実しかない。













王道を歩み続けていたスペシャルウィークもいた。





苦渋を舐めさせられた宝塚記念の借りを返すべく

天才ジョッキーは道中じっと息を殺して潜み

グラスワンダーだけを狙って渾身の矢を放った。






スペシャルウィークは極限に近い伸び足でその檄に応え

暮れの中山競馬場で見事雪辱を果たしたかに思われたが

グラスワンダーの連覇を僅かにハナ差だけ阻めなかった。





まだ3歳だったテイエムオペラオーをも含めた激闘の焔。








平成十一年。



それが五年前の有馬記念だった。















唯一回だけ。



三頭が同時に対戦した平成十年毎日王冠。



跨った各騎手に関する前後の事実を補足する。





5着。的場均。



グラスワンダーと合計四度の美酒を味わうことができた彼は

淀で四度目の暗転の悲痛をライスシャワーの背中で味わっていた。






2着。蛯名正義。



燃え尽きたグラスワンダーの最期のレースをともにした彼は

この時からエルコンドルパサーの背に跨り巴里で涙を飲んでいた。





1着。武豊。



グラスワンダーへの借りを返す執念に燃えて矢を放った彼は

サイレンススズカの蹄音の停止を欅の影で背の上から聞いていた。











だから私は。





名馬の子供達が日本全国を駆け巡る幸運を喜ぶ。



全国の競馬場が今後も存在し続ける幸運を願う。



唯一頭残された父グラスワンダーの幸運を祈る。









この瞳の中に。













    第2編 「幸運」 -完- 塚元誠次
























******** グラスワンダー号 ********

父シルバーホーク。母アメリフローラ。

2歳戦の圧倒。苦渋からの復活。激闘。

中央競馬の中心に居続けた栗毛の怪物。
       
************************ 
























★ NEXT ONAIR ★

幕 -The Gate- with BGM by U2









CG画像はクリックすると大きく表示されます。
ランキング「一日一クリック」応援頂けると嬉しいです。

人気blogランキング「音楽」へ
blogrank

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ

[ 投稿者:WITH MY LEGACY at 19:44 | In My Eyes | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
茶舞台
芦毛の怪物

栗毛の怪物


青鹿毛の怪物

黒鹿毛の怪物

栃栗毛の怪物

ちと長い。
投稿者: ちゃぶ台 at 2006-08-16 22:30:07
Stage Flight
THE NEXT ♪
投稿者: legacyremains at 2006-08-18 20:33:43

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/03.23/a03475/0000143715.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/03.23/archives/0000143715.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 1 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら