掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

NEXT SERIES ONAIR
"4 Victories"  WITH MY LEGACY 

   All 20 BGMs by Todd Rundgren


       カテゴリー(→→→→↓↓)ごとに辿るのが最初のお勧めコースです♪

2007年03月04日
【Live With You 2 第12話 外伝 】 -Beautiful Day-
bday

The Song by U2

from "All That You Can't Leave Behind"






美は己が心の内だけに。











「ほんとに汚い助手席。掃除くらいしときなさいよ。」



やっぱりそこへ来やがったか・・・。



何か虫の居所が悪いときの茜に

何を言っても無駄なことをよく知っている国男は

レガシィのカーステレオに黙って左腕を伸ばし

BGMをCDにチェンジしようとした。





「何をかけるつもりよ。」


「え?」


「あんたと奥さんがいつも聞いてるCDを聞かせるほど

 野暮な男じゃないでしょうね。」



予想通りの飛び火。壊れたベンツと妻とは無関係・・・。




「まったく冴えないわよ。この車。

 稼ぎがないからこれで我慢してるだけでしょ?

 正直に言いなさい。本心はベンツの方がいいでしょ?」




ほーら来やがった。車と女とを掛けた暗喩にまで・・・。





国男はあえて何も答えることをせず

もう一度レガシィのカーステレオに左腕を伸ばし

FM放送からAMラジオへと局をチェンジして

車内の空気を一変させようとしたが

茜の右手がその腕をしっかり捕えて離さなかった。





「なんとか言いなさいよ。はっきり。ごまかさずに。」

「あ?」



「国男がはっきり言わないから、あたしがこんな羽目に合うの。」

「お? いつもはっきり言ってるよ。愛してるよ。さんざんに。」



「じゃあ奥さんの前で言ってみなさいよ。あたしを愛してると。」

「う?」



「言えないでしょ、意気地なし。」

「ほ、ほら、茜ちゃん。それとこれとは、なんか、その。

 別問題っていうかなあ。それはそれ、これはこれっていうかな。

 どっちも真実だから仕方ないというか。」



「ふんっ。」


「だって。男ってのはさ。女の喜ぶ顔とか声をね。

 たくさん見たいし、聞きたいイキモノ。

 だからね。あのね。そのね。AVとかを見ちゃうってのもね。

 色々な女の裸が見たいというのももちろんあるけれどー。

 実はさ。女の歓喜の表情と声に引きづられてるわけなのね。

 D、DNA様々によって。

 そ、そもそも、そう仕組まれてるわけなの。

 男の寂しい保存本能って感じ?

 ねっ、ねっ、とかね、そんな論もあってね。ね、ね、茜ー。」



「はあっ。ホントにイヤ。もうどうしようもない屁理屈男。

 どうしてあたしが。こんな男なんかに巻き込まれたのかしら。」


「なっ、なっ。茜。ま。CDでも聞こう。な。」









平成16年暮れのオールスター。

有馬記念も幕を閉じた中山競馬場から帰る車の列で

渋滞して動かなくなった千葉県船橋市の幹線道路。



国男は再びレガシィのカーステレオに左腕を伸ばし

U2の”All That You Can't Leave Behind”を

車内のBGMに選び出した。



伸びてきた国男の左手薬指についていた指輪を

茜はただ黙ってぼんやりと眺めていた。






1曲目「Beautiful Day」が

渋滞で動かないレガシィの車内へと充満していく中

国男は茜が口を開くのを待っていた。





「あたし。もうイヤよ。」

「ベンツな。結構壊れやすいんだよな。ああ見えて。」



「違うわ。」

「競馬か。やめよう、儲からないしな、競馬は。」



「違うでしょ。」

「わかった。レガシィだ。じゃあ今すぐここで降りろ。」



「そんなことじゃないでしょ?

 あなたとのこんな関係がもうイヤだと言ってるのよ。」


「わかってる。すまない。

 だから。お願いだ。ここで降りてくれ。」








ボノの歌声だけが密室内で無言の二人の心へ響く。



お互いにお互いを好いていることに間違いはない。

ただそれだけのこと。



ただそれだけであればいいのに。




今の二人にはその好意という事実もが

なぜかとても重くなり過ぎていた。








二人の間に流れる沈黙と

成熟したU2の音楽との狭間で

感情の昂まりを押さえつけることができなくなった茜は

ついに大声をあげて泣き始めた。



その嗚咽の始まりを

何かの始まりのサインと思ったかのように

国男がカーステレオのスイッチを落としたため

茜の泣き声だけが車内に大きく響くようになった。




しばらくの後に

国男は煙草を一本燻らせつつ自身の考えに整理をつけ、

少し動き出した幹線道路から脇道へとレガシィを導き

車を止めた。








「申し訳ない。俺の責任だ。頼む。ここで降りてくれ。」







その口調の強さに少し我に返った茜は

国男の瞳の中を覗こうと顔をあげ

運転席の方を仰ぎ見たが、

強い決意の存在だけをしか

その横顔の中に見ることができなかった。






ああ。これだ。


今はっきりわかった。


この人の何が私を惹き付けるのか。






私はこの一人の男に。

私の感情の全てを真剣に。

この人の真剣な感情の全てで。

受け止め、対峙してもらっている。いつでも。




この人が愛している他の女性、家族、友達への嫌悪感。



そんな私という一人の女の誇りとプライドの全部をも。









自身の心の中に何かの確かさを感じた茜は

泣き続けることに自分でケリをつけるがためかのように

その右腕を意識的にゆっくりと静かに伸ばして

レガシィのカーステレオのスイッチをONへ戻した。





流れ出てきた曲は、既に4曲目の「Walk On」であったが

彼女は、改めてCDの先頭、すなわち、

1曲目の「Beautiful Day」へと頭出しを行ってから

カーステレオのボリュームを上げた。








 今ないものは必要ないもの。


 頭でわからないことでも

 心で感じることはできる。





 
曲のエンディングを告げるフレーズを歌う

ボノの声が車内に再度高らかに響き始めたとき。



シフトノブに無造作に置かれていた国男の左手の上へ

茜は自然と自分の右手を重ね置いてしまっていた。







タイミングという大きな意味での人生の偶然と奇跡の全て。


生命そのものへの大いなる感謝に近いような不思議な感覚。






的確な言葉を口にすることなど考えられもせず

彼女はただ己がままに彼の左手の熱の感触を味わっていた。








そんな鋭敏でいながらも艶やかで甘い彼女の右手の感触を

何か作為的なものの存在のせいかと僅かに疑った国男は、

彼女の本心の所在を自分なりに探るべく

内心少したじろぎながらも

運転席からそっと静かに助手席を覗き込んでみた。






しかし驚いたことに。



囚われていた何かを嗚咽と共に吐きだした彼女の顔は

まるで天女のように心穏やかで優しく

強い大きな意思で包まれているように彼には見えた。







こんな優美な茜の表情は今までに見たことがない。





そう彼には感じられた彼女の微笑が

余韻を残して消え去ってゆくいつかの飛行機雲のように

そのほんの一瞬、彼のレガシィの運転席の隣に、

確かに存在していた。






その女性の生命力から滲み出た芯の強い美しさに

心のままに見とれることだけしか彼にもできなかった。






そして、彼もまた、口にすべき言葉を見失ってしまっていた。












ただそこにありし美しき日。














【外伝】 旧「With My Legacy」ブログにて初版公開。
     「物書き同盟」保存版より帰宅転載♪








画像はクリックすると大きく表示されます。
ランキング「一日一クリック」応援頂けると嬉しいです。

人気blogランキング「音楽」へ
blogrank

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ

[ 投稿者:WITH MY LEGACY at 20:09 | おそらくカラオケ♪ | コメント(8) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
無題
微妙なのだ。指輪はキツイね。あ、サイズが合わないって意味じゃないのよ。
投稿者: ちか at 2005-07-11 22:04:50
そのへんの機微♪
書けてるでしょ?まさに微妙に♪


てなわけで。

「物書き同盟」に保存してもらってる、
この外伝(書いたのは2月ごろだったか?)も含めて
予告~♪

なんせBGMが大名曲なんで。
みなさんの期待感も一気にアオっちゃうのだ!!

「With My Legacy 第2編」 第12話-五月晴-

えー。このシリーズ中。
今までの中では少し長いお話になりますが。

乞うご期待ご期待~(おそらく金曜日に公開~)♪
投稿者: legacyremains at 2005-07-11 22:55:12
無題
さくさくで良いね~。気分いいなり!金曜日ね。ひま空けとくよー。
投稿者: ちかっち at 2005-07-12 00:32:28
OCNもヤフーもみ~んなすっぽんぽんでど~んとkoikoi~♪
あ。なんか。なぜか広末の歌。5秒前。思い出しちった。
どっかでテキトーに歌おーっと。
(あのころはむちゃくちゃかわゆかったな~。しみじみ♪)

お背中でもおながししましょうか?ついでにうっかり
手が前へすべっちゃうこともあるけど。(むふ♪)

空けといてねー!ヤフブロバージョンではトラック
バック(むふ♪)も行方不明になっちゃう可能性大なので
こちらオリジナルすっぽんぽん。
信州露天ブロバージョンでおそらく金曜にバックオーライっ!!
投稿者: 混浴露天ブロ(グっ♪)好き好きレガっち♪ at 2005-07-12 10:15:22
ほぉ・・・
突っ込みドコロ満載にて、ぁぇてスルー・・・

コメってる時点でスルーじゃなぃのゎそちらでスルーしてwww
投稿者: ルナ at 2009-01-15 18:55:04
無題
遊びにきちゃいました。。。
投稿者: みーこ at 2009-01-15 20:17:52
ルナちゃん
も~いいかい?(*^_^*)
投稿者: WITH MY LEGACY at 2009-07-02 22:24:57
みーこさん
よかったらまた~(*^_^*)
投稿者: WITH MY LEGACY at 2009-07-02 22:25:54

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/03.23/a04516/0000062615.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/03.23/archives/0000062615.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら