掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年11月06日
保証人をきちんと立てること 入
保証人をきちんと立てること 入居者が決まったとしても、滞納されてしまうようであれば、元も子もありません。ある意味では、滞納は空室よりもリスクが高いといえます。不動産投資・経営をするということはこういった事態を予測する必要があります。 滞納している間は家賃も入ってこないし、募集も出来ないという状況になってしまうからです。滞納トラブルへの対策は、しっかり準備しておくほうが賢明です。 滞納対策としては、「そもそも滞納するような入居者と契約しない」ことが大原則です。 入居審査をしっかり行い、収入状況や保証人などを確認する。勤め先と在籍についてもあわせて確認してもらうということを、徹底することが重要です。https://pab2010.com/nonpayment/
[ 投稿者:tyannkoto at 17:51 | 不動産 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/02.84/a05327/0000561698.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.84/archives/0000561698.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら