掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年06月17日
山本舞香
なんと、かの宮沢りえや夏帆の登竜門となった、リハウスガール第14代目。今回は、主人公を陸上競技の舞台に再び引きずり出した立役者の一人、他校の陸上部員:倉田みずきを映画「恋は雨上がりのように」で。トレイラー54秒あたりから、こんなくっきりした顔立ちの方が演じるのかと楽しみになった。劇中の髪型とのマッチングも素晴らしい。

番組での映画宣伝箇所で、陸上トレーニング話題で面白げな発言の体になってるけど、実は公式サイトのProduction Noteには小松さんのエピソードとして登場してるんだよね。番組プロデューサーから山本さんがスパイス役を割り当てられたってところかな。4分45秒あたりから山本さんの出番。

映画の劇中で「あきら」復帰の報を知って「来たー!」と何処かへ駆け出す。どこ行ったの。アナザーよく動くひと。動画探すとこんなのありました。京都弁は、うーん、大阪出身ではあるけど松本さんにアリナシくらいのチェックをして貰えるとよかったのにねぃ。キャラは実によくたってた。

マークにつく前にトーントーントーントーントーンと軽く跳ぶルーチンも印象的。壁ドン前にもこのルーティンとクローチングスタートが追加されたんだよね。「あきら」に向かって走り出す姿も構図も音もカッコ良かった〜。もう「みずき」役は山本さんしか想像できない。「普段は挑発的な言動の人物ではない」旨、役柄のコメントがパンフレットにあり。仰る通り、Competitiveで一本気なんだけど主人公に憧れている人物なんだよねー。役柄への山本さんの愛を感じたね。ちなみに本編で初登場シーンの爪噛みは山本さんの御発案とか。演技のうえでも瞬発力の良さを発揮されて様々な役柄でその魅力を御存分に是非。とても楽しみになる。
[ 投稿者:hatakurou at 12:27 | 女優 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/02.38/a03958/0000554316.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.38/archives/0000554316.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら