掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年06月16日
清野菜名
「おつかれーらいす」で知られる清野(「せいの」さん、と読むのだよ)さん。「恋は雨上がりのように」カテゴリーを設けようかと思ったりしてね。浅黒くなくても、ちゃんと喜屋武(きゃん)はるかでした。別の映画をめぐるインタビュー記事で「感情をたくさん出して構わない役」に恵まれた旨コメントされていたのを拝見したけれど、ノっている最中の丁度いい機会だったのではなかろうかと。

トレイラーの「あたし達はいつでもあきらのこと待ってるから」とか主題歌MVの浴衣姿でバッチリ喜屋武だった。ラストシーン寸前人払いして近藤に爽やかに一礼して自分も走り去るところ、粋だねぇ。演出も演技も好きになった。近藤も同じ深さで一礼するんだよねぇ。例の原作になぞらえた「手の形」は、2回目でようやく確認できた。清野さんに何の落ち度はないけど、あの角度で気づくのはなかなか高度な感覚だよね。別に不満ではなくてね。登校してきた階下の「あきら」に手紙入りカプセル投げるシーン、「あきら」が改めて見上げたときには弱々しく姿を隠したりせず笑顔で、爽やかさ増していました。よりたわい無いことだけど、小松さんと早朝に街中を走りだすときのお揃いのパーカー姿、カッコいいねぇ。そういえば、清野さんスロージョグでも踵がよく上がってバウンドしているなぁと何となく感心しておりましたとさ。喜屋武役が清野さんでホント良かった。うん。

少し以前までアクション絡みの役オファーばかりだったとのこと。余計な予備知識持っていると、他校の陸上選手:倉田みずきの11秒44出したときのトラックでのアクロバット見ると、思わず「清野さんの吹き替え?」とか余計なこと思いついたりして。まぁみずき役の山本舞香さんも身体能力高いご様子だし。

それにしてもリリフラ間違えたリリー・フランキーさんと燗酒酌み交わすとか、なかなかブイシー。お若いのに。身体能力と爽やかな笑顔と、楽器への取り組みといった新しい挑戦等の充実した内面とともに、一層の輝かしいご活躍を心から楽しみにしておりまする。



おまけ映像。動きの大きさを先に知っていると、もうなんだか焦らされるようで自分で可笑しかった。
[ 投稿者:hatakurou at 13:05 | 女優 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/02.38/a03958/0000554262.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.38/archives/0000554262.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら