掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2017年01月03日
否定されずに自由に時間を使えたら
カッコいいお兄さん2人が3日間限定で小さなスペースを借りて開いたお店の前を通りかかった。
そこは数日ごとに内容の変わる小さなスペース。駅から歩いてすぐの人気の通りにある。

入り口を塞ぐように飾られた二枚のショールの隙間から覗いていると

お兄さんが今日までなんで覗いていってください!ってこえをかけてくれた。

内容は沙織おりと古びた小道具。

沙織織りの工房で仕事をしていたのだけれど、独立して普段は他の県の工房で作業をしているんだそう。

でね、いきなり自分たちの作品を飾ったらどれだけの人が覗いてくれるんだろう、、って思って企画したんだそう。

沙織織り何度か展示を見てきたけれど、このお兄さんたちの沙織織りボリュームがあり、ジャケットはなかなか。古着と一緒に飾ってあったけど以前に見た女性のおしゃれ着の華奢な感じとは随分雰囲気が違った。
もっともこのジャケット 色合わせはこれまでに見たものと比較的にていた。

で、お兄さんに言われるままに奥に入ってびっくり、飾ってあるショールの模様、雰囲気がなんともシックで素敵なのだ。これまでの沙織織りのイメージを打ち破る!シックといっても和風ではない。
言葉で美しさを表現するのは難しい。。

これまで沙織織りはカラフルな色の組み合わせのものを多く見てきた。
が、このお兄さんなんともシックしかも全て雰囲気も模様も異なっている!それでいて洋服に使える!沙織織りは独特だからなかなか服と合わせるのは難しい。。そう思っていたのだけれど。。
彼曰く、
「冬は黒っぽいものを着ることが多いいからこういったもので色を入れて。。。
自分の服にはあいますね。。好きに作っているからね。。」

「素敵ですね!どこで販売するの?」と尋ねたら、
「届けます!」 「?」「お手元まで」


「こんなに素敵なもの1点ずつ異なったら手放すの惜しいでしょう?」っていったら。。。。
「仕事にしてますから。。。」
って。。

だけどこれほど個性的で1点ずつ全く異なる作品をあの値段で譲るのか。。

わたしなら惜しくて手放せなくなりそう!そういってスペースをでた。

好きこそものの上手なれ!

学校に行かずに家にいる子どもたち、否定されずに好きなことに自由に時間を使えたらこんなお兄さんたちになるんだろうな。。。

素敵なお兄さん、作品に出会った

楽しいこと見つけられたらラッキ〜


[ 投稿者:きょん! at 23:47 | 不登校・構造特区 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/archives/0000522611.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら