掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2016年12月22日
近道などない
ようやく冬休み?
成績表はもらってきた?
不登校になると学校との交渉は気がおもい?
だから修了証は取りに行かない!?
は~、だとすると親は子どもに無関心なんて書かれている可能性がある?

20年も前の不登校支援は
「お母さんあなたの楽しみを見つけて外に行きなさい!」?

びっくり‼️子どもが学校に行きたくない、いけないって言っていたら子どもを放置して親が楽しみを見つけろ?
これって虐待のイグノア、無視に当たらないのかな?
いくらノーテンキな子どもだって昨日まで学校に行っていて「今日から行かない!」って宣言しても心は晴れ晴れ穏やかなのか?
何かを抱えてモヤモヤしているのじゃないのかな?
なのにそんな子どもに余計なことを言ってはいけないから出かけろ?
あのね、子どもに余計な言葉は勿論❌だけど、言わないようにするために外で楽しめっていうのはどうもいただけない。
子どもが親に何か助けをもとめたい、何かを話したいと思っても。。。できない

そんな不登校支援だったら子どもは孤独で暗闇の中に1人置き去りにされたと感じないだろうか?
こんな時こそ、親として成長するチャンスだ。
余計なことは言わず、そっと寄り添い、子どもを支える。
自分の思い通りに矯正するのではない。
子どもがゆっくり休み動き出すまで暖かい美味しいご飯を作り、
家で居心地いいように整える。

そんな暖かな毎日を過ごすうちに子どもは自ら考え行動を取る力を身につける
ガミガミ言ったり、居心地悪くすれば昼夜逆転や家族の口論が絶えなくなる
あなたの不登校の子どもがどうなってほしい?

スパルタやったら返って遠回りって事もある
無視すればこどもの心に傷を残す。

え?
将来自立する事が希望?
だったら子どもが思い切り自由に豊かに時を過ごし自由に自分なりに学べるように
余計なストレスを与えることや強制はやめたほうがいい。
自分なりに教科書や参考書で学ぶっていう意味ではない!
例えゲームを毎日やっていても極めようとすれば攻略法を考え、参考書籍をあさったりしながら様々な事を学ぶ。
自分なりにっていうのはそういう事。

勿論、学校からの「教育支援」での強制教育もストレスになりかねない
親は大変だ!
子どもをどう支えれば自信を身につけ将来自立していくか?
常に問わなければならない

そして何より診断、投薬、カウンセリングなどで簡単に解決など出来ない。
あなたが育ててきたあなたの子ども。
近道などない。
子どもが自信を持って自立するまであなたの元に羽を休めに帰ってきてはまたトライ!
そうやって子どもは自立する

これは不登校のこどもだけの話なんかじゃない!



[ 投稿者:きょん! at 19:04 | 不登校・構造特区 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/archives/0000521585.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら