掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2016年12月19日
家族の宝物
子どもが学校に行かない!
行き渋る。
あなたは自分の育て方が悪かったとか、ご主人が。。おばあさんが。。とか
あの担任が。…

-~原因探しは大変そう

夫婦ゲンカもすれば、もしかしてお爺さんやおばあさんともギクシャク?

学校って楽しそうなところ?
落ち着いて考えてみて!

例えば体罰をうけたとか、見てたとか、クラスで陰湿ないじめがあるとか。。
そうなら、子どもは行きたくないとおもうのも無理はないね
そうでなくたっていつも点数、評価で追いまくられている。

不登校になって学校には学校であった事件、いじめや体罰をしっかり確認して、子どもが安心して家に居られるようになって

学校に戻ることばかり固執?
…ああ、今日もダメだ…明日はなんとかなるのかな?
え?今寝ちゃったら朝起きられるわけない!…

そのオーラ子どもにしっかり伝わって、こどもの側だって毎日やり過ごすのに大変だ。
落ち着いて何か出来るはずもない!
いつも親の目、誰かの評価にさらされている。

誰かの期待やイライラをダイレクトに感じるはずだ

子どもが学校に行かないことで一体何が気になる?
少しくらいの体罰やいじめで行かれないなんて後に社会に出られない?

そう?じゃ、あなたの子どもがあなたの知らないところでいじめに加わりサバイバルしていれば安心?やり返せばoK?

少しくらいの体罰で?
…子どもが成長した時に、話し合いではなくて暴力で物事を解決、力で抑える人に成ったらどう?

落ち着いて考えれば、子どもが避けている事ってあなただって十分に納得できるでしょう?

だったら次に何が気になる?

学習?
ふーん、学校の勉強を家でやっていればあなたは安心?

では学校に行っていたお母さん、中学生のこどものテストいい点取る自信ある?
え?そんなの忘れた?
ではあなたは今の社会生活はできない事だらけで不自由?

。。。
記憶してたのは受験勉強の時?受験に必要、あとは要らない?

今、あなたの心に印象深く残っている何かある?
それって教科書に載っていたものだった?

…あなたの心や今の原動力に成っているのはもしかして自分で楽しいと思って読んだ本や工夫を凝らして作り上げたものや
あちこち暇を見つけては出かけてとった写真や。。。
一生懸命育てた。。。やら


人の原動力となる自信や心の豊かさって教科書や学校の授業で育つ?

子どもに毎日毎日あなたのユーウツオーラを伝えるのではなくて、
せっかく家にいるのなら一緒に楽しんで見てはどうだろう?

子どもとともにゆったりとした時間を過ごし、何かに取り組んだり、出かけたり。。何かについて話し合ったり

そんな事って学校に行っていたらできないことだ。

なんて言っても子どもは時間に追いまくられている。

ゆったりのんびり過ごした時間は後で人生のたからもの、家族の宝物になるに違いない。



[ 投稿者:きょん! at 22:24 | 不登校・構造特区 ]

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/archives/0000521366.html

※記事・コメントなどの削除要請はこちら