掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2012年03月12日
集団生活で生き抜く?
不登校になるとね、先生はよく言う
『そんなことでは、集団生活でやっていけない。社会性を身につけないで家の中でぬくぬくしていてはいつまでたっても登校することはできない。だいたい家が心地よすぎるのだ。子どものわがままを許してはいけない。ストレスに打ち勝つ強くたくましい子どもに育てなければいけない。』

こんな論理?よく使われている

だけど、集団生活のひずみーいじめでいけなくなった、避難している!
そもそもそんなに素晴らしい集団なら、いじめなんか起きるわけない。
望ましい集団管理ができてないってことだ。

それにね、学校で身につける社会性ってのも疑問だ。
いじめられないように。。目立たない、文句言わない。。
いじめられている人を見ても、関わらない。ときにはいじめに加担する?
それが学校の集団生活でのサバイバルだ。
それにね、学校が少なくとも楽しいところではないって先生が言ってる。

だってね、家が居心地がいいから。。
とかストレスに打ち勝つとかーー
いやーこれだけでもこの先生の学校は居心地がわるく、ストレスフルってわかっちゃうよ。
子どもはね、家で心地よく過ごし、心の免疫力をつけている!
[ 投稿者:きょん! at 09:38 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/a00113/0000383535.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/archives/0000383535.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら