掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2012年03月09日
不登校!転校で解決しよう!???
不登校になるとね。。
引っ越しして、転校すれば。。学校にいけると親は思う。。
子どもは。。いじめを受けて、辛い思いをして、
いじめられたことが。。情けなくて?
親に話そうとはしない。そして。。不登校。。

親は一体何が起きたか分からない。

心機一転。。引っ越しでもして新しい場所でやり直させよう!

年度末に家を探して引っ越す。

やれやれ。。これで新たにでなおせる!?

。。。
ところが。。子どもは。。動かない。。

押しても引いても動かない!

そしてますます引きこもってしまう!

どうして?一体どうして?親はイラつく

子どもは、いじめられて、プライドを傷つけられて、、

、そこから逃げる?ように引越しをさせられてしまった。ー

いじめの解決は何もできてない!

それどころか、いじめを見つけて止めなければならなかった学校とは異なり新しい学校は親と同じ。

心機一転学校にいらっしゃい!

子どもの傷ついて放置された怒り、モヤモヤは理解できないし、いじめについての責任も全くない!

だからーーいかないでいれば、ああしたらとか、こうしたらとか。。
カウンセリングを受けたらとか。。登校刺激が次々始まる。

良かれと思った心機一転は大人の考え。

子どもにとってはなにも解決になんかなってない!

それどころか余計なストレスでいっぱいになる!

何で自分が転校しなけりゃならない!
そう思うのだ。

。。。。
問題が起きて不登校になったのなら、問題を解決しないで転校しても
なかなかうまくなんかいかない。

大切なことは、子どもの傷ついた心をしっかり、癒せるように応援すること。そして。。もしいじめだったら。。動かない方がいいかもしれない。


荒療治で、ルートに乗せようとしても
。。。。

プライドが傷ついた子どもは親のごまかしをみやぶる。
そして、荒療治は子どもを傷つけ、かえって親子関係を悪化させ、ますます混迷は深まるばかり?になりかねない。
[ 投稿者:きょん! at 20:29 | 不登校・構造特区 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/a07441/0000383369.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/archives/0000383369.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら