掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2009年07月09日
チョコレート・アンダーグラウンド アレックス・シアラー

ある日 政権が変わって、すべての甘いお菓子、チョコレートが店から
町からなくされることとなった。
(児童文学です)
3年まえに掲載したものをもう一度・・





販売しているものは逮捕、留置、食べているのが見つかった子どもは
教育のために施設に収容となる。

車に大きなアンテナをつけて チョコレート発見車が走る。

チョコレートの紙さえ感知して家のドアをノックして
出ない場合はドアまで壊して、チョコレートを持ち去り、ぐちゃぐちゃにして
にどと食べられないようにされる。

法律が施行される日にはすべての人が家にある
クッキー、チョコレートなどすべてのお菓子を破棄処理の人に
渡さなければならない・・・・


だれもそんな政権がいいなんて思ってなかったのに
・・・なぜそんな政権が
力をもつことになったのか?

少年は母に尋ねる。
人々の『無関心』がそうさせたのだ・・・

こんなおかしなことがあっていいいわけない
少年たちはこのおかしな取り決めに立ち上がる。

密告して自分の点を稼ごうと健全健康党のリーダー
フランキーは少年たちの周りをこそころかぎまわる・・
が・・・・・・・・・・・

この『チョコレート』を自由に置き換えて考えていただきたい
訳者はあとがきで書いている。

ブラックユーモアで済まされない・・・

チョコレート・アンダーグラウンド
アレックス シアラー 求龍堂
 金原瑞人訳
[ 投稿者:きょん! at 23:46 | 本の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/a04783/0000288622.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/archives/0000288622.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら