掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2008年09月05日
第2回 世界 教育の自由の日 International Freedom in Education Day (IFED)
またまた今年も9月15日に国境をこえ 人々が教育の自由の考えを広め 祝う 催しが開催される。
Poster-IFED-0908

International Freedom in Education Day (IFED)

この日を定めた目的は、教育の自由の思想、選択の自由の考えを広め 現在利用可能な学校以外の教育の方法、
また様々な国で教育の自由を守るために争われている学習の代替の方法に関する情報を広めることだ。

ホームエデュケーションに焦点をあててはいるが、ほかの方法、フリースクールなども歓迎している。


現在 ヨーロッパで関心は高まり 世界中にその関心は広がっている。

この世界 教育の自由の日(9月15日)を中心にさまざまな催しが9月中 世界各地で開催される。

教育の自由を祝う催しのひとつに「子どもたちがどのように学びたいか どのような教育を望むか」子どもたちから意見を聞く そんな催しも予定している。

また各国の催しは・・・

スコットランドでは9月12日から14日に
ジョンテーラー・ガトー氏を招いて カンファレンスが開催される。

フランスでは各地さまざまな催しが予定されている


オーストラリアでは15日夜 教育の自由について(ホームスクーリング、アンスクーリング)について
話あいがされる

スウェーデン ストックホルムでは(ホームエデュケーションの権利)を広げるデモが行われる

スイスでは学校に戻るのはやめよう!!をスローガンに集会が開催される

そしてドイツでは14日 集会とピクニックが開かれる予定


さてさて 日本で教育の自由の日 ・・まずは考えを広めることからはじめようか・・


今日もここまでお読みいただきありがとうございました。

このエントリー気に入ってくださったらバナー←クリックしてくださいお願いします
・・・・

International Freedom in Education Day (IFED)


第1回目はこちら

[ 投稿者:きょん! at 18:29 | HE  | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/a05224/0000253223.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/archives/0000253223.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら