掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2007年07月27日
BBCニュースから 柏崎原発事故
日本は 世界唯一の原爆被爆国
そして自然災害 -地震国だ

なのに何故 アメリカやフランスについで
原子力発電に頼ろうとするのか・・

とても奇妙だ!!
2007.7.25-2
柏崎の発電所で放射性物質もれがあったことを書いた
BBCニュースはそんな疑問をなげかけている・


そして 

日立での事故などもあげ

市民はかつて経験したようなことが起こらないように
安全をいのることしかできない・・と結んでいる。



いつなんどき地震がくるかも知れない
この日本 


北朝鮮の核の脅威だとか
中国からの化学物質汚染

なんて言っているけど

お膝元はどうだろう・・

地震に耐えうる設備だなんて言いつづけて

原発は『安全』 なんて 言われてきていた

原発の問題点を指摘しても 過信?で
市民は危険性を考えることさえ麻痺して

便利な生活を望んできた


このところ あっちこっちでうそが目立つ

参議院選はもうそこまで・・

教育も年金も憲法も 原発も
みな あなたの命に関わる

たかが1票 されど 今後を決定しかねない
大切な一票だ




今日もここまでお読みいただきありがとうございました。

よろしかったらバナー←クリックしてくださいお願いします

 

Japanese fears over nuclear power http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/6903146.stm
[ 投稿者:きょん! at 00:25 | ニュース | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
原発は原爆
こんにちは
原発が事故を起こして、爆発したら、あるいは、テロとかで、爆発されたら、原発は、原爆になる。
日本は何十個もの原爆を持っているのと同じ。といって、原発に反対をしているという方の話を読んだことがあります。
事故でなくても、今回のように、地震に耐えられないなんて、もう、誰もが、原発は原爆だって気付かなくてはいけないですね。
それに、欧米では、原発を止めて、風力発電が日本の何百倍あるとも聞きました。
安全安心パトロール、とかいって町中の人が
黄色いステッカー貼って車を走らせていますけど、こういうところに、安心安全パトロールの視線を向けて、子どもたちに、本当の監視しなくてはいけないところを伝え、きれいな地球を残してあげたいと思います。
投稿者: くるっくしゃんくす at 2007-07-28 10:41:00
くるっくしゃんくすさんへ
>原発が事故を起こして、爆発したら、あるいは、テロとかで、爆発されたら、原発は、原爆になる。
日本は何十個もの原爆を持っているのと同じ。といって、原発に反対をしているという方の話を読んだことがあります。

そうですよね。放射能汚染がどれだけあったのか・・毎日毎日公表されていなかったことが
明らかにされてきていますよね・・
便利な生活に慣れすぎて スイッチひとつで
いごこちのいい環境を手に入れることができる。
その影にひそむ 危険性やその地域での問題など考えもせずにきたこと・・それをもう一度
考えてみるいい機会なのだと思います。
安全はまず 環境から  自然豊かな穏やかな 環境はきっと 子ども達を豊かに育ててくれることだと思います。

一番大切にしなければならないのはいったいなんなのか・・考える必要がありそうですね

コメントありがとうございました。
投稿者: きょん! at 2007-07-28 23:14:16

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/a00177/0000201280.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/archives/0000201280.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら