掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2006年07月03日
どうして選ぶの ホームスクール?(欧米)
学期の途中でホームスクールに切り替える場合は、それなりに学校に問題を感じて・・ということらし
い・・・

ホームスクールを選択するのは何故か

親たちが示した主な理由は次のものだという。

①学校よりも親の方が子どもの能力に見合った教育の提供が出来る。

②子どもに肯定的な価値観を持ってもらいたい

③宗教的な理由

④いじめ不登校などの学校での問題

⑤学校で傷つくことを避けたいと望む

⑥カリキュラム、テストによる評価・学校制度そのものへの疑問

⑦自分で決定する自由(カリキュラム等)

⑧(学校から開放された)時間の自由

⑨「家族の大切さ」を子どもと確認したい。

学校があたりまえ、一律があたりまえ、違いが許せない・・・そんな中に私たちはいる。

・・欧米の親たちが選択の理由としたうちのいくつに
同意できる?

そして、体罰やいじめなど差し迫った問題があったとき
いったいどれだけの親が 思い切って子どもを学校から開放してホームスクールに切り替えることができるだろうか?

もっとも 日本ではまだ ホームスクールの権利は
明確に保障されているわけではない・・



[ 投稿者:きょん! at 11:33 | HE  | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/a05224/0000135598.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/archives/0000135598.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 6 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら