掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2006年06月22日
デッドマン・ウォーキング
死刑について 賛否をいう前に・・
この映画ごらんになったことがありますか?
あらゆる賞に輝いてきています。
被害者の家族の悲しみや憤り、世間から白眼視される死刑囚の家族の痛みをも描き「人を殺した者は自らの死をもって償うべきか?」と静かに問いかけてきます。

今日は HPからご紹介のみ掲載させていただきます。
lpyL7BIU.jpg
■1996年第68回アカデミー賞主演女優賞-スーザン・サランドン
■1996年第46回ベルリン国際映画祭主演男優銀熊賞-ショーン・ペン/全キリスト協会審査員賞・作品賞
■1996年第11回インディペンデント・スピリット賞主演男優賞-ショーン・ペン
■1996年映画俳優組合賞主演女優賞-スーザン・サランドン
■1996年日刊スポーツ洋画大賞受賞


http://www.asmik-ace.com/DeadManWalking/

彼女の「透明な愛」は、彼の「凶暴な魂」を救済した。
全世界で惜しみない賞賛を受けた衝撃の感動作!

カトリックのシスター、ヘレン・プレイジョーンはある死刑囚から文通相手になってほしいと依頼される。囚人はマシュー・ポンスレット。10代のカップルを惨殺した容疑で死刑を求刑されていた。ヘレンは文通を始め、面会を重ねるうちに、死におびえて反抗しながらもなお無実を主張する男に心をつき動かされるようになる。事件の遺族や刑務官たちとの出会いは、ヘレンの当惑をさらに深めた。彼女は自問する。目の前のこの男が本当に殺人を犯したのだろうか。そして死刑という暴力を繰り返すことで何を得られるのか、と。それは自らの信仰の試練でもあった......。




http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=50321

実際に死刑囚の精神アドヴァイザーを務めた修道女ヘレン・プレジャンの本に感銘を受け映画化を熱望したS・サランドンがヘレン本人に扮した人間ドラマ。監督・脚本はサランドンの夫でもあるティム・ロビンスが、監督デビュー作「ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄」に次いで手がけた。
 ルイジアナ州ニュー・オリンズ。“希望の家”で働くシスター・ヘレンは死刑囚マシューからの手紙を受け取り、彼と接見する事になった。マシューは相棒と共に若いカップルを殺した罪で州立刑務所に入れられているのだが、相棒が無期懲役なのに自分が死刑になる事に憤りを感じている。ヘレンは特赦を得ようと弁護士の協力を仰ぐが嘆願は却下され、残るは州知事への直訴だけとなった。犯罪者ではあるが、マシューの事を一人の人間として見ようとするために、被害者の両親たちからは敵と見なされ非難を浴びるヘレン。しかし毎日、アドヴァイザーとしてマシューと会い話をしていく内に二人の心は繋がっていく。やがて処刑の日が訪れた。結局、上訴審も受け入れられず、マシューは死にゆく運命にあった……。
 淡々とした語り口の中にも、死刑制度の是非を辛辣に問いかける力作。賛成か反対かの二者択一しかないイデオロギーの相克には、居心地の悪さを感じないではいられないが、その事実を突きつけるだけでもこの作品の存在理由はある。感情を抑えたサランドンの演技は圧倒的で、これで念願のオスカーを獲得。対するS・ペンも静謐な芝居でこれをうまく受けている。


<誤認逮捕>ひき逃げ、10カ月後釈放 容疑者は新たに逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060629-00000048-mai-soci

[ 投稿者:きょん! at 01:09 | 映画 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/a00171/0000133535.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/archives/0000133535.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら