掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2005年09月25日
学期の途中で学校をやめさせる(カリフォルニア)
G

学期の途中でいじめの問題などからこどもを引き取りたいと願ったら、どうする?


通常公立、私立ともに学校は他校への移籍に好意的であるそうだ・・・若葉マーク
けれども、中には親が「ホームスクールをする」と言おうものなら
「親ができるわけがない」と説得にかかろうとしたり、記録を渡すのをこばんだり、中にはずる休み取り締まりのための役人へ連絡すると脅しにかかることもあるという

学校はこどもを失いたくはない、生徒の人数で助成金が配られているからだそうだ。

だから途中で学校をやめる際、そして自由なHEをしたいなら 、自分で私立学校を設立する。

古いファイルを保存している教育委員会では、ホームスクールが違法だと記されているものを保存している可能性があるのだそうだ。

学校には
「転校すると言えばいい!」。

そして毎年一定の時期インターネットで私立学校(設立)登録出来る様式で手書きをして郵送すればよい!!!!

出来るだけ早く!、私立学校を設立したと教育委員会に通知すればよいのだそうだ。

他には、私立学校、公立学校、チャータースクールなどのホームエデュケーションプログラムを利用する方法もある。

どちらにしても、学校を辞めさせるのは簡単だ!


HSC
[ 投稿者:きょん! at 11:34 | いじめ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/a07748/0000078889.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/archives/0000078889.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら