掲示板お問い合わせランダムジャンプ

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2005年09月17日
学校をやめさせる手紙(校長へ イギリス)
EG
こどもが学校に通っていてホームエデュケーションに切り替えたいと望むとき、以下のような手紙を校長に提

出すればそれでカリキュラム、テストなどすべてのことから開放されてこどもたちは自由に学ぶことができ
る。
その手紙にホームエデュケーションに変更する理由やプランなどまったく必要ないという。
校長への手紙ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
住所
校長名
学校名
学校の住所
          こどもの名前 生年月日
私たちは、こどもに学校をやめさせ自らの責任において教育することにしましたので、お知らせします。
こどもは学校以外で学んでいますので、1995年学生登録規則9の(1)(C)に従い速やかにこどもの名
前を登録リストから除いてください。
ーーーーーーーーーーーーーー
この手紙を受け取り速やかに子どもの除籍をしない場合、(1995年学生登録規則9の(1)(C)のもと
速やかに除籍をしない場合)、校長に最高200ポンドの罰金が科されることになるのだという。
[ 投稿者:きょん! at 10:58 | HEイギリス | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/a05222/0000077246.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/02.32/archives/0000077246.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら