掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2007年06月27日
不眠症・鬱症状・不登校は遺伝子のせいだった!?
今日 教育家庭新聞を読んでびっくり仰天!!
タイトルが凄い!!

DNA

写真はnot back to school camp から詳しくは
http://www.nbtsc.org/key%20information.htm
http://shinshu.fm/MHz/02.32/a08366/

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 17:21 | 遺伝子レベル | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2006年08月26日
訴訟が起きてる、向精神薬投与?まさかね!
訴訟が起きている向精神薬・・まさか 子どもに投与?なんてないよね。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 00:02 | 遺伝子レベル | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2005年10月13日
子どもの心の病気 遺伝子レベルで早期発見早期治療?
夜景


「情動の科学的解明と教育等への応用に関する検討会」(座長・有馬朗人元文相)は子どもの心の問題について
科学的観点から専門家たちが議論してきたそうだ。キレる子どもたちに治療的介入・・??を提言していることは
まえに書いた
その内容が少しわかったきた。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 08:42 | 遺伝子レベル | コメント(2) | トラックバック(0) ]

心の発達上の症状,治療的介入を!?
ガラス
「子どもの心の発達上の症状は早期に兆候をとらえ、治療的介入をした方
がよい」とする報告がまとまった。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 00:16 | 遺伝子レベル | コメント(2) | トラックバック(0) ]