掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2012年02月16日
子どもが国連に訴えることができるようになる! 国連採択「個人通報制度」
やっと個人通報制度が出来た。
いえね、国家からひどい目にあった子どもが、ジュネーブの国連人権高等弁務官事務所に申し立てることができるといことだ。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 15:48 | 国連子どもの権利委員会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年03月23日
子どもの最善の利益?向井亜紀さんの双子男児、出生届受理を認めず(最高裁)

23日 最高裁は向井さんの双子の男の子たちの、出生届受理を認めない判決を下したのだそうだ・・

最高裁判所って ・・・
いったい なんだろう〜〜

2007.3.23

写真はnot back to school キャンプから  not back to schoolについては こちらから

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:08 | 国連子どもの権利委員会 | トラックバック(0) ]

2006年09月18日
無関心はやめよう!
知ってる?
こどもの権利条約 33条はね、
子どもへの向精神薬の使用に関して定めている。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 23:48 | 国連子どもの権利委員会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年09月10日
国連・子どもの権利委員会の総括所見:第2回
条約第44条にもとづいて締約国が提出した報告書の検討
http://homepage2.nifty.com/childrights/reports/crc/crc_co_jap2.htm


子どもの権利委員会の総括所見:日本

日本語仮訳:子どもの権利条約NGOレポート連絡会議

xP4Y00YM.gif

このエントリー良かったと思ってくださったらバナー←クリックしてください。お願いします。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 13:37 | 国連子どもの権利委員会 ]

国連・子どもの権利委員会の総括所見 第1回
国連・子どもの権利委員会の総括所見:日本(第1回)日本語訳:平野裕二

http://homepage2.nifty.com/childrights/reports/crc/crc_co_jap1.htm

子どもの権利委員会

第18会期

CRC/C/15/Add.90(原文英語)

日本語訳:平野裕二

xP4Y00YM.gif

このエントリー良かったと思ってくださったらバナー←クリックしてください。お願いします。




続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 13:35 | 国連子どもの権利委員会 ]

2006年03月14日
ぐ犯を犯罪者扱いしてはいけない 国連・子どもの権利委員会第2回総括所見(2004.1.30)
国連子どもの権利委員会は第2回審査の結果、少年司法について勧告を出している。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 17:18 | 国連子どもの権利委員会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年09月13日
国連こどもの権利委員会へのレポート(日弁連)2003年
国連レポート2003

336. 日弁連は、前回のレポートにおいて、「教育の場を学校に限定せず、ホーム・ベイスト・エデュケーションなどオルタナティブな教育形態を認めるべきである。」と提言した。急ぎ

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:56 | 国連子どもの権利委員会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

国連こどもの権利委員会へのレポート (日弁連)1997年
97レポート

提 言

1 教育の場を学校に限定せず、ホーム・ベイスト・エデュケーションなどのオルターナティブな教育形態を認めるべきである。

2 ホーム・ベイスト・エデュケーションを選択した子どもに対して、義務教育が終了したものとして、これらの子どもが高等学校において教育を受ける権利を享受することができるようにすべきである。
急ぎ

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:49 | 国連子どもの権利委員会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]