掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2006年03月31日
少年法(日本弁護士連合会)
2006年(平成18年)3月16日日本弁護士連合会は
「改正」少年法・5年後見直しに関する意見書を取りまとめ発表している。

また、2005年3月17日には「少年法等の一部を改正する法律案」に対する意見
を発表している。ともに全文読むことができる。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 11:24 | 日本弁護士連合会 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

そうだ 京都に行こう!?
昨日ひさしぶりに 友人と飲んだ。

友人は法律関係に詳しい

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 00:41 | 青少年育成 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2006年03月30日
奈良弁護士会 会長声明 少年補導に関する条例で
会長声明で、奈良弁護士会が引き続きこの条例廃止、施行の凍結を求めて行くことを明らかにしました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 14:42 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

奈良県知事に抗議の手紙を!(ふきのとう)
ふきのとうの会 大谷さんのコメントを掲載します。

県の内外から反対のファクスやメールが大量に自民党の委員会の県議のところにも届いていたようですが、全く見直すこともなく、残念ながら条例案は原案どおり24日に可決されてしまいました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 14:37 | 青少年育成 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2006年03月28日
トルコからのメール
12歳、10歳、5歳の子どもがいます。
3人の少女たちはホームエデュケーションをしています。
子どもたちはそれぞれ好きなことに熱中して毎日を過ごしています。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:51 | HE  | コメント(0) | トラックバック(0) ]

少年法「改正」法案 問題点の解消を求める市民集会 PartIII日本弁護士連合会 / 東京弁護士会 / 第一東京弁護士会 / 第二東京弁護士会
日弁連 地図
日本弁護士連合会 および東京の3弁護士会主催の
集会のお知らせです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:31 | 日本弁護士連合会 | コメント(1) | トラックバック(1) ]

2006年03月26日
ビバ!ホームエデュケーション
me&kids
今日はちょっぴり 幸せ


昨日のつづき・・イギリスに行ったお嬢さんのお母さんからメールが届いた。。。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:37 | HEイギリス | コメント(2) | トラックバック(0) ]

条例の適正な運用できる? 奈良少年補導条例
「問題点が多いのにもかかわらず審議は形式的だった」
など 弁護士会、 議員、傍聴者から不満がでていたようだ。
どうやら・・異論を「押し切る」形で決着してしまった奈良少年補導条例。

いやはや・・問題を残して・・人権に配慮しつつ
条例の適正な運用できる?

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 20:38 | 青少年育成 | コメント(5) | トラックバック(1) ]

2006年03月25日
電話の声は弾んでた。
TxZCk8fD.jpg

イギリスから帰ったきたばかりの少女から電話がかかってきた。

「ただいまーーーかえってきました。
すばらしい家族でした。こんな機会をいただけたこと感謝してます。」

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:00 | HEイギリス | コメント(0) | トラックバック(0) ]

・・あれ?どこかで聞いたような・・2
「子どもがどこで、何を いつ どのように学ぶか
くにに決められたくなんかない!」ジョン・ホルト?

思考、考える自由の権利 ジョン・ホルトは こちら

ROGER C. SCHANK
「政府は教育から手を引くべきだ。子どもたちが何を学ぶべきかを決めたり、まるでスプーンで食べ物を与えるように詰め込んだ?学習内容を定期的にテストで確かめるのは止めるべきだ。」(Trump大学主任教授,心理学、コンピューターサイエンス専門)
「教員のしかめっ面はもう沢山」(edge)から記事はこちら


続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 01:11 | 青少年育成 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

「施行凍結に向け活動する」(奈良弁護士会)奈良県少年補導条例
「不良行為」を細かく定義し、警察官らによる少年補導に法的な根拠を与えた
「奈良県少年補導に関する条例」が24日

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 00:19 | 青少年育成 | コメント(2) | トラックバック(2) ]

2006年03月23日
・・あれ?どこかで聞いたような・・・
「自分の使うものを役所に決められたくない」
PSEマークのない電気製品について坂本龍一さんが語った。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 16:40 | はみだし | コメント(2) | トラックバック(0) ]

幼稚園から就学の義務?
義務教育「9年」を削除
そして 幼稚園から義務教育ね・・・


続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 11:30 | 政策 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

『どうしてわかるの?』
いよいよ・・保護者の意向に関係なく
地域住民や関係機関の一定の価値観により行動規制が始まる?

あれだけ日本弁護士連合会からも反対された
奈良県少年補導条例が予算審査特別委で可決、
24日の本会議で可決されれば7月1日から施行されることになる。

国連子どもの権利委員会の勧告や
法律のプロ集団 日本弁護士連合会の反対声明を無視?

・・・そこまでして補導する理由は何?




続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 09:33 | その他 | コメント(0) | トラックバック(1) ]