掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2006年02月28日
「学校をさぼると補導」奈良県が条例案
>学校をさぼったり、無断外泊をしたりすると補導されることになります

こんなニュースが27日TVで繰り返しながれた。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 17:46 | 青少年育成 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2006年02月26日
不登校児を不良と決めつけた規制内容で問題 「奈良県少年補導条例(案)」
次期奈良弁護士会会長 三住忍弁護士は

県警が準備を進める「県少年補導条例案」は

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 13:55 | 青少年育成 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

いらない学校 
これからも不登校生徒がいなくなることはない。
原因は○○県の教育体制にもあるのではないか。
ある高校の先生のことば・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 01:01 | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) ]

正当な不登校の理由って何?「奈良県少年補導条例(案)」
「奈良県少年補導に関する条例(案)」について 奈良県警のHPには以下のような説明がある。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 00:04 | 青少年育成 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年02月25日
子どもの学び、成長を支援するって ?「奈良県少年補導条例(案)」
>学校に来ない、来れない子どものクラスのまわりの子達は
いつも、気にしています。
ある先生の言葉です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 11:21 | 教育への権利 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2006年02月24日
県民に通報する努力義務規定「奈良県少年補導条例(案)」
またまた奈良少年補導条例案 のこと。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 21:58 | 青少年育成 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年02月23日
引きこもってないと、補導される!まさかね「奈良県少年補導条例(案)」
奈良「県少年補導条例案」の補導の対象となる不良行為の話。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 21:01 | 青少年育成 | コメント(2) | トラックバック(1) ]

2006年02月22日
自ら学び自ら考える力 つく?
中央教育審議会 初等中等教育分科会 教育課程部会審議経過報告書がHPで公開されている。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 21:44 | 政策 | コメント(5) | トラックバック(0) ]

2006年02月21日
まるで木の葉だ!
U8sK7XPl.jpg


「できないことを無理にやらせるのでなく、本人がやりたいことを伸ばすのが自立への道」
これは自閉症の息子徹之(てつ・ゆき)さん(33)を育てた母・洋子さん(59)の言葉だ。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 18:41 | 政策 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2006年02月20日
無視もだめ!
ちょっと前のニュース・・
子どものころに精神的暴力を受けた経験のある人は
受けたことのない人に比べてリストカットなどの自傷行為のリスクがたかまるのだそうだ。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 23:26 | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年02月19日
教育基本法を知っていますか2
教育基本法はたった10条で構成されている法律だ。

第一条(教育の目的) 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。


第二条(教育の方針) 教育の目的は、あらゆる機会に、あらゆる場所において実現されなければならない。この目的を達成するためには、学問の自由を尊重し、実際生活に即し、自発的精神を養い、自他の敬愛と協力によつて、文化の創造と発展に貢献するように努めなければならない。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:05 | 法律 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2006年02月18日
教育基本法を知っていますか?1
「与党で最後の調整に入っている。ぜひとも行いたい」
安倍官房長官は今国会での改正に意欲をしめしたのだそうだ。

59年前,1947年 第二次世界大戦で無条件降伏
した日本が戦争を反省して戦争に走った原因の一つが
「教育の目的は個人の幸せではなく、・・・子どもたちの個性が尊重されることもなく、
自由に勉強する雰囲気もありませんでした・・・」
(毎日新聞 2006,2,18 )
と、それまでの教育を反省して制定された法律。
それを是非とも改正したいというのだ・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 21:58 | 法律 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年02月16日
教育難民?
小学生の子どもを1人でイギリスに留学させている家族のニュースを見た。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:36 | 教育への権利 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年02月14日
バレンタインデーだから
5StnNluG.jpg
写真 佐久便り 良さん 提供

自分の子どもでなくても、しっかり叱ろう!

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 23:48 | ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) ]