掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

ホームエデュケーションの世界へようこそ!

不登校、引きこもり、ニートの家庭へ訪問を可能としたC、11.子ども・若者育成支援推進法は子どもの権利を保障するものではない!!!と国連子どもの権利委員会から勧告!

ホームスクールとは?
アンスクールとは?
ジョン・ホルト
考える自由 学習の自由 ジョン・ホルト
『教育への権利に関する特別報告担当官の声明』1999年4月8日 国連人権委員会

トラックバックいただきましても、削除させていただくことがあります。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ←クリックして応援してね

2005年12月31日
ホームエデュケーション・ジャーナル(イギリス)
HEジャーナル

これまでご紹介してきた記事は主にアメリカ、カナダの雑誌からでした

2006年2月にHEの雑誌がイギリスで刊行されます。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:52 | HE  | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ありがとう・・・・

今年、読みつづけてくださった皆さん・・
ありがとうございました。
ハート1

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 10:00 | HE  | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2005年12月27日
子どもを学校に通わせることを誓約させられる!?フランス
くも くも くも
ちょっと前のニュース。
フランスの話。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 20:35 | ニュース | コメント(5) | トラックバック(0) ]

2005年12月26日
GWSってなーに?
GWS Pat2

GWS(Growing without schooling)はジョン・ホルトが家庭をベースに学ぶ家族をサポート
するため発行した教育雑誌だ。1977年創刊 2001年11-12月号を最後に廃刊された。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 15:20 | ジョン・ホルト | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年12月22日
親の責務 
HEM ND 2005

4回シリーズの3回目 SALEM TIMES-COMMONER
「ホームスクーリングには親の献身が必要」と題した
記事を掲載している。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:01 | HE アメリカ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年12月21日
公立学校があなたの子どもを傷つける15の方法?!
ねこb
ジョエル・ターテル 
15 WAYS PUBLIC SCHOOLS CAN HARM YOUR CHILDREN
By Joel Turtel


親の皆さん、地元の公立学校は本当にあなたのお子さん
に適切な教育を与えていると思いますか?

よーく考えてみてください。

公立学校がいろいろな意味で、地域でも、あなたの子どもたちを
傷つけるのです。
どうやって子どもたちを傷つけているのか15の理由をあげましよう。

こんな文章で公立学校が子どもを傷つける15の理由がリストアップされている。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 16:47 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年12月16日
「ヒトラーのように指導すればいい」! 
J.T.Gatto
写真ジョン・テーラー・ガトー

「生徒は、繰り返し指導しなければならない。ヒトラーのようにやればいい」

新潟県小千谷市の県立高校の校長の言葉だそうだ・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 23:03 | ジョン・テーラー・ガトー | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2005年12月15日
HEで育った人がいっぱい!
imPbvfvy.gif
画家

クロード・モネ

レオナルド・ダビンチ
発明家

アレキサンダー・グラハム・ベル・・・・音符音符音符

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 09:18 | HEイギリス | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年12月14日
教育は義務ではない≪教育の達成など規定してはいない!≫
2005 HEM July-Aug
HEM July-Aug 2005
Don't Let Compulsory Attendance Turn into Compulsory Education


ホームスクールをしている子どもがきちんと学んでいるかどうか確認するための法律が必要だと話題になることがある・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 17:15 | HE アメリカ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年12月13日
HEは2代目・・3代目へ
HEM J_F
HEで育ったからといって、自分と同じことができるとも限らないようだ。
HEで育った人々が、自らの子どもたちをHEで育てるという時期に入ったという。

もちろん、自分がHEで育ったからといって、必ずしもみながそうするわけではない。
また、HEで育ったからといって、自分と同じことができるとも限らないようだ。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:53 | HE アメリカ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ジェームズ・ボールドウィン
HEUK
子どもを愛していない人に子どもを教育することは出来ない。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 14:51 | その他 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2005年12月12日
ホームスクール ヘレン・ヘグナーHelen Hegener

他の学習方法では決して変えることが出来ないのに、ホームスクールは
私達の生活スタイルそのものまで変えてしまいます。
それはいったい何故なのか考えたことがありますか?

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 11:26 | HE アメリカ | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2005年12月11日
学習会のお知らせ 少年法「改正」を考える
神楽坂エミール
少年法「改正」を考える
   〜家裁調査官 ・ 元裁判官& 保護司〜

日 時:  12月18日(日) 午後2時〜4時半(1時半開場)

場 所:  神楽坂エミール(東京都新宿区赤城元町1-3)
http://shinjukuku-kushouren.net/itten/emile/tizu.htm
  東京メトロ東西線 神楽坂駅1番出口より2分
  都営大江戸線 牛込神楽坂駅6分
  JR中央線 飯田橋駅西口より12分

資料代:  500円
主催:子どもと法・21
http://www.kodomo-hou21.net/
共催:触法少年研究会



続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 13:39 | その他 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年12月10日
ホームスクール?ホームスクールじゃない?
 ホームエデュケーション・マガジン
HEM 自由SP


「これは科学の問題だ、いや違う・・」
そんな議論のさなか、ホームスクールについてダリルは次のように
言っている。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:きょん! at 22:56 | HE アメリカ | コメント(0) | トラックバック(0) ]