掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年09月11日
アンドロマック
180911_1841~01Ou7neZfJ.jpg

初見
久しぶりの台詞劇

美しい言葉の連なりが飾るのは、ただの色恋苦難と駆け引きという

近藤ピュリスの熱演が好みの程度でニヤニヤしてしまう
アンドロマックが手にすがったところ(触ってくれた!)は
まんまボックのリアクションで可愛かった

人はいつまでも恋で気狂いになる
どんな時代の中でもそれを制御する方向は選ばなかった
滑稽だ、滑稽で…他者のことならば娯楽

りささんは貫禄あるのに脇肉がはみ出てないの…羨ましい
彼女は語尾の「よ」が全部美しい娘が朗読している発音になる

玲子さんは背中の美しさより伏せた時の肩口から二の腕の筋肉がきれいだから舞台写真欲しい
あのピュリスに対して一切心にもないことがわかるのが凄いよね
そして「の」の語尾が時々若い娘の優しい響きになる

いや実際の時代は知らぬけれど
少なからず観てきた彼女達が身に付け演じた欠片
今もさらさらと零れ舞い光る
走ったり巻いたり不明瞭なところも多々あるけど四季の技術だわ

桑島オレストはまだ技術を使いこなせず姿勢が崩れるのが気になる
内側の機微を身体から発するところが薄いので台詞に助けられている印象
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:21 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/01.20/a00011/0000558362.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/01.20/archives/0000558362.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 2 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら