掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年09月08日
ほろびた国の旅
タイムスリップで蒲生邸事件とダブったけど
三木卓氏の経験に噛み砕いた今に来てしまった「ぼく」

過去に対話したがったそれが淡々と流れていく

五族協和王道楽土

欺瞞と、今では比べられない調和
そこに居らんかったものに本質は絶対にわからない
時代の匂いですら目撃者の少ない
まぼろしの国


にっぽんしんみん
日本臣民
今では死んでしまった言葉が
現代の少年らの口を通し美しく響くのが印象的だった

[ 投稿者:Reimi AYADA at 13:14 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/01.20/a00011/0000558245.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/01.20/archives/0000558245.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら