掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年07月31日
フリークス
180731_2323~01edxVqt4J.jpg

デジタルリマスタ版をレンタル


サイドショウ
グレイテスト・ショーマン
ノートルダムの鐘
江戸川乱歩
全部、ここにある


初めてデイジーとバイオレットを見られたわ
田村ブラウニングが口にしたタイトルの衝撃の先
どんな映画かと思っていたけれど
きちっと一本エンターテイメントだった


フリークスに限らずどこでも一本になるだろうシチュエーション
本物のブラウニングの主義はわからないけど
フリークス達を誇張して差別的、醜悪に描く意図は全く感じられず
普通に(普通ってなんだらう)ナチュラルに画面に嵌めてあったことに感心した
フリークス達の立場も淡々と書き出していて
逆にクレオパトラとヘラクレスが段々異質に見えてからの始末

舞台に並んで
何が普通か?と問いかける「役」達の表情を思い出す


サイドショウ
やっぱりまた見たいのだけどな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:39 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/01.20/a00011/0000556540.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/01.20/archives/0000556540.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 5 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら