掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年06月08日
どうしてドラマには話し合いの余地がある相手が登場するのさ
現実は大体自分のことを双方把握できてないで
取り繕って無駄なぶつかり合う方を厭わない

話し合いは自己主張で
ディベート慣れない者達は
相手と、自分に敗れていく

このドラマには彼女達のモノローグしかない
だから彼らは少しばかり女性から見たステレオタイプで

現実は何年も前のそれよ
下らなくても
あたしには大事なのだと

唯尊敬を示してくれることを、望んでいて
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:41 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/01.20/a00011/0000553722.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/01.20/archives/0000553722.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら