掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年02月23日
土産物と土産話
170223_2356~01t6fC5TVu.jpg

[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:56 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年01月19日
タイトルなし
あの時が提示で
次が恐慌
今感情の棚卸をしたからまだいい

あたしは思っている以上に瞬発力がある
自分が「決めてしまえ」れば

いつかぼんやりした未来に光が当たって
現実は想像より駒を進める

その時の真実を
あとから食い下がらないやうに
あたしは今言うよ
今真実であることを言うよ

昔のあたしなら躊躇わずに申し出たであらうに
口に出来なかった
任せてくれと言わなかった

他者からして貰うことばかりだと言われて
ひとつも引っ掛からなかった
焦点がズレている

傷に触れるのを厭うて距離を置いて
秩序ある日常を愛している
日常を愛さないで未来は在りはしないだらう

わかったのは
ただ自身のストレスを切り捨て易いところから行っただけ
考えない対象にしただけ
八つ当たりだ


帰宅してから聞く延々とした仕事の話
あたしは識っている
彼女のこと、彼のこと

結局鬱いで眠っても笑わない


無自覚の気安さか甘えか
それだって自分勝手だと思い至らない
マイナスに引かれたのはみんなそうだった

お馬鹿さんだなぁ
その態度だって甘えなのに
言いたいことをぶちまけたから蔑ろにしていい判断をしたのは甘えなのに
そこは被害妄想なのね


口にしない言葉を意識しているのが
滑稽でもある


愛していたわ、本当に
それは今何の意味もないから
今言うよ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:24 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年01月09日
根本は違う
ラインハルトが一度もヤンと直接戦えなかったこと
千花ちゃんが発表の場で一度も完璧に踊れなかったこと

そういうものではない

選べるのに選べない
どうしてか選べない
子どもで親孝行しようとするな
自分は父親になるに足る人間だと?
秩序を維持しているのはこちらである
それに加わる負担に対する懸念

気持ち良く過ごせないのはあたしの問題で
かといって態度を駄々漏れにする姿勢は
父や祖父と同じように恐怖である
その場しのぎでいいから道化たりいい子にするのを
選んだ相手にするのは厭だ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:10 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年12月26日
タイトルなし
自分は自分の意見のために頑張ったから
君も自分の意見のために努めてみなよ

ということだ

説得する必要を見出だせないのに有用なプレゼンができるわけもなく
両手を挙げるのみ
即ち努められなかったあたしのせいになり
問題はそのまま流れていく

人を呪いたくもないし
相手が頑張った熱量程度は持ち合わせない

要らないのに受け取ったのがいけないみたいな責めだが
一片たりともポジティブなものが浮かばない

否定された
憎まないで避けたものの蓋を開けようとする

それで充分
[ 投稿者:Reimi AYADA at 13:30 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年12月25日
望まないのに
望んだやうに姓を変え
子を成したのと
同等のことが
この先叶えられるのかしら?

それが
姓を変え
子を産むことなら
叶えることも出来ない癖に

相手にも同じくらいの抵抗感がある
それを、わかっているつもり
必ずしも相手はわかっていない

自分の価値観に対して相手のそれをなんのそのと断ずるのね
狡い手だが効果的だ
そこにあたしのバックボーンは考慮されない

またか

同時に
未来が見えなくて痛みから逃避した鏡が
これだ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:40 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年11月26日
あたしには無理よ
その無防備な放蕩を選べやしない
狡いなぁ
だったら一体誰が抱えてくれるのさ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:06 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年11月21日
今更論でしかないが
結局謝ってべそべそするだけなら
同じくらいの力で拝み倒すべきだったろう
調べてさ

意識せずにいる行動がずるいのは変わらない

予感があった
取り乱さないのを
あたしは識っていた

かわいそうに

泣いて怒って責める
みっともないくらいに激情するやうなら
ずっと良かろうにな

理想と現実
石丸閣下を思い出せる
愛していたけど恋をした
あの時の自分はまだ愛しているけれど
今ではない

かわいそうになぁ
間違えたら逃げてしまう
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:38 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年10月16日
お祝いをいただきました
161016_0135~01667DP9hj.jpg

ご馳走さまです
[ 投稿者:Reimi AYADA at 01:36 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年09月03日
タイトルなし
ちゃんとデートの依頼があるというのはありがたいことだ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 18:57 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年09月01日
タイトルなし
趣味のいい靴が揃えてある
感心しつつ
このところ微かに刺さるものと似たような
嫉妬ににたものを意識する
視界になければ意識にも上らないソレが
認識してから見えてしまうやうになる

あたしの意識が変化している兆しだ

されどどうなりたいのか自分ではわからない

[ 投稿者:Reimi AYADA at 18:21 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年08月26日
タイトルなし
今週実験をしているんだけど芳しくない
輪郭はクリアになって
過ごすのは佳く感じる

風が秋で目は活字を追うけど
現実が生温く過ぎていくやうで
思うさまピカピカに磨いた床を汚されて何度か拭いて
それすら織り込んだ自分を奇妙に見る

扉を乱暴に開けてひっくり返したり
新たな儀式そのものを尊ぼうと意識したのを流したり
底無しの甘えを堪えたりするのを
識ってしまっているのとか

あたしは先にかけられた呪いから自らが解放されているとわかっていて
その呪いに過敏になる
選ばなかった未来を以て自らを責めぬようにする
ロマンチシズムだとひとりごちる
踏み絵による自己防衛
…まだ、誰も責めてはいないのに

今夜はよく眠りたい
[ 投稿者:Reimi AYADA at 00:54 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年08月03日
タイトルなし
マッチョイズムや虚勢を必要としない存在なので
彼らが泪を振り払うに留めるのでせう

その承認欲求を察しながらも
聖母のやうな慈愛は持たず
何から生じたやら眺めていれば
不規則な呼吸

他者の頭上を女神が踏みつけているのが見える

[ 投稿者:Reimi AYADA at 08:57 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年07月31日
タイトルなし
ニナガワの亡くなった後であった
あたしなりの理由で泣くのが止まらなくなり取り繕うのが無理になった時に
賞美に頭を撫ぜられなかったあたしを救ったもの
永劫欲し叶えられないモノを根拠なく救ったモノ
絶対に共有出来ない世界を識り安堵したのを忘れない

あたしはあたしのニンに居る
世界を動かせはしない
世界は動きはしない

わかるのは小さいあたしの微かに首を振るの

お盆まで二週間もあるのに旧友が訪ねてきて長居するのに怯える
一番短い14歳の夏の日とサルビアの歌詞

[ 投稿者:Reimi AYADA at 00:59 | mon chéri Arlequin | コメント(0) | トラックバック(0) ]