掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2011年11月04日
マイヤーリンク
ん゛あーあーあ゛ーあぁ¨ー

チャン!
したたた
ンむ………ムチュ
ぁはぁ、はぁ、ははぁ(浦井風)



パッン!!



ごぅ〜んごぅ〜ん

[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:02 | 石丸トート「しめしめしめ…」2010 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年09月30日
最後?の通勤路
やっぱり一幕終わり三重唱の
「お前に命許したために」のところの声
最後のダンスの
「愛を巡って」の“て”のところの言い方
闇広の野太さ、「座るんだ」の少し張り切ってぶれる感じ
あたりはやっぱり鉄板だと思うの

愛と死の輪舞もいいんだけど
やっぱりそれ以外もイイ!から

実際舞台のひとだよ
歌手としてのCDでは物足りないんだよね…
あの声で海のトリトン唄ってもらいたいと
ずーと思ってるんだけど
きっと世界で自分だけだな


私が踊るときも聞きたいけど
バランスよく歌ってくれるシシィでないとな


まぁ、あれだ
石丸トートの記憶でも愉しめるくらい修行したってこと
[ 投稿者:Reimi AYADA at 07:50 | 石丸トート「しめしめしめ…」2010 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年04月10日
歌謡曲歌手みたいに、一曲毎にお辞儀をするんです
釈明するわけじゃないけど

あれから毎回
もしかして物凄く素敵なものが観れるのではないかと!
ないかと、期待をしてはいるんだ

だのに

うん、素敵だね。くらいにしか会えなくて
少しがっかりしつつ帰宅するのだ


根がエンターテイナーじゃないし
トークがとっても面白いわけじゃないし
持っているのが舞台用の喉なために、ポップスも舞台曲
歌は聴く側の精神状態にも左右されるしね


遠く遠くはあの声での歌詞が沁みて、泣いてしまった
ジャカランダはCDより生のが良かった

前にも、思い出せない声だと書いたけど
やっぱり耳馴染む声じゃない
ポップスよりドラマのある歌謡曲を歌ったら良いのに…トリトンとか


恋したのは幻だから
もう二度と観れない?
[ 投稿者:Reimi AYADA at 18:30 | 石丸トート「しめしめしめ…」2010 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月29日
見ちゃった
…欲目か?
素敵
[ 投稿者:Reimi AYADA at 00:48 | 石丸トート「しめしめしめ…」2010 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

さて
あれが
脳裏から剥がれない


上手いことと
達者なことと
巧いこととは違う



あたしには目がない
その贔屓が出来ない

[ 投稿者:Reimi AYADA at 00:16 | 石丸トート「しめしめしめ…」2010 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年01月05日
さくらんぼの匂いのリップクリーム
依る辺のない
やはりどこか自分自身に後ろめたい
零れたワインを眺める諦念のような

びっくりして
画面を閉じた

自分の見た
自分を通過していった
あれが全てなのよ

[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:33 | 石丸トート「しめしめしめ…」2010 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年12月15日
忘れはしない
何もかも覚えている
ただ、思い出せないだけなの
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:50 | 石丸トート「しめしめしめ…」2010 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年11月12日
黄金の指輪
長らくの夢だったそれを
あたしは自ら自分に与えた

いつか、もし、それを貰ったら、泣いてしまうかもしれなかった
夢の指輪
リーデルの黄金の指輪


何を誓ったか
もう思い出せない

[ 投稿者:Reimi AYADA at 00:03 | 石丸トート「しめしめしめ…」2010 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年11月11日
彼女はタイターニアである
ゆえに彼女は愛されねばならぬ
ゆえに、彼女は殺されねばならぬ



トートとはなんだろう?

あの毎晩繰り返される煉獄は誰のものなのか

皇后を愛した「死」の存在は
ルキーニの妄想ではなかったか?


ルキーニ以外の
誰もがその名を知らない
誰もその名を呼ばない


我々はルキーニの証言に惑わされていないか?
あれが「死」だと
あれをトートだと
ルキーニしか呼んでいない

ルキーニの幻動に惑わされてはいないか?


あの場でトートが皇后への愛を過ちだったと言っても
裁判官は夢物語だと言った

では彼は何者か?
彼を見たもの達は真実何を見ていた?


トートがエリザベート暗殺の正当化に造られた存在であったなら…
当初の印象は一変する


あればルキーニの長い妄想
トートはいない
ルキーニの中に埋没する
真実は不詳
夜毎の審判

ルキーニのために
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:52 | 石丸トート「しめしめしめ…」2010 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年10月30日
タイトルなし
下世話だが、匂いを感じてしまって
錯覚でも
あたしはなんだかそれが厭だ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:56 | 石丸トート「しめしめしめ…」2010 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

我が恋は終わりぬ…
101030_2124~01zx5h1o6j.jpg

願わくは
遠くない未来に
再び石丸トート閣下にお逢いできますよう



運命の9月23日に一緒にいてくれた那智代筆頭
彼経由でチケットをお譲り頂いた方
当日券に並んだ同志
スタッフ、キャスト
あたしの想いを腹抱えて聞いてくれた妹
昂った感情に付き合ってくれた那智代
石丸トートを演じた石丸幹二氏

恋人すら飛び越えた、この恋をありがとうございます



※ちなみに、観劇も感激もブログを拝見しておる某L様には敵いません
(想いは絶対負けてないけど)
初日を妹に譲ったばっかりにエリザベート破産しなくて済み
無事奈良京都旅行に行き
9月の終わりに恋に落ちることになりました
これは多分、最上の正解


後は、トート閣下並みのときめきを石丸幹二氏に抱く日が来るかどうか
あたしにはまだわからないけれど

まさか、観客として「エリザベート」を悶々とする日が来ようとはね
[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:26 | 石丸トート「しめしめしめ…」2010 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

さぁみんな!帝国劇場に集まろぉー!
エリザベート記事を探して読み歩いて

今日の帝劇客席1800余名の中に
この記事やあの記事を書いた方たち何人かが
一緒に同じ演目を
違う目線で見ながら大楽を迎えるという
不思議だ


カメラ付き携帯電話普及率が100%近い時代

ブログを回ればキャスボ写真が乗っていて
日付を確認すれば、自分が観たちびルドの名前がわかる

ツイッターが同じ場で知らない同士を触れ合わせる


ブログがなかった頃、ホムペを更新するのは身内の情熱だった

それもない時代は一体どうしていたんだろうね?


台風よ
停電とかは勘弁してね

[ 投稿者:Reimi AYADA at 12:48 | 石丸トート「しめしめしめ…」2010 | コメント(0) | トラックバック(0) ]