掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年09月11日
エルミオーヌ
とうとうとオレストを詰る姿はりささんの俳優魂を感じ胸がすくけれど
同時にブラック企業に勤めて理不尽上司に責められている新入社員のやうな気分になる

まさしく「なんだあれは」(客席苦笑)


彼女の本心を当てられたピリュスは
何処までを見込んで結婚式に臨んだのだらう

我が子より貞節を選択したアンドロマックは
戴冠して後、ピュリスが虐殺されることで必要な全てを得た
貞節と子どもの未来、そして再び支配者の道筋


出来すぎている
だって娯楽だから



照明がLEDではないからこそ表現できる暗溶の心地良さが久しぶりだったと
階段を降りながら
(あちら側は)この先上手く行きますかね?と交わされる会話が聞こえて

慣れた劇場が変わったのだと思い至る



[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:25 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

アンドロマック
180911_1841~01Ou7neZfJ.jpg

初見
久しぶりの台詞劇

美しい言葉の連なりが飾るのは、ただの色恋苦難と駆け引きという

近藤ピュリスの熱演が好みの程度でニヤニヤしてしまう
アンドロマックが手にすがったところ(触ってくれた!)は
まんまボックのリアクションで可愛かった

人はいつまでも恋で気狂いになる
どんな時代の中でもそれを制御する方向は選ばなかった
滑稽だ、滑稽で…他者のことならば娯楽

りささんは貫禄あるのに脇肉がはみ出てないの…羨ましい
彼女は語尾の「よ」が全部美しい娘が朗読している発音になる

玲子さんは背中の美しさより伏せた時の肩口から二の腕の筋肉がきれいだから舞台写真欲しい
あのピュリスに対して一切心にもないことがわかるのが凄いよね
そして「の」の語尾が時々若い娘の優しい響きになる

いや実際の時代は知らぬけれど
少なからず観てきた彼女達が身に付け演じた欠片
今もさらさらと零れ舞い光る
走ったり巻いたり不明瞭なところも多々あるけど四季の技術だわ

桑島オレストはまだ技術を使いこなせず姿勢が崩れるのが気になる
内側の機微を身体から発するところが薄いので台詞に助けられている印象
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:21 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年09月08日
アントマン&ワスプ
180908_2123~01p7vz6K4x.jpg

初めてまともに観たマーベル作品がアントマンだったのもある

マーベルファン魂を揺さぶってくる作り…
楽しかった
[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:27 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年09月01日
オーシャンズ8
180901_2028~013yh9x9Aa.jpg

あー気持ち良かった!

オーシャンズはこれでなくちゃ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:30 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年08月20日
フラガール
180820_2309~01KOGjVnWt.jpg

大まかに流れとしてはリトル・ダンサー

父ちゃんと兄ちゃんのエレベーターが降り
ビリーが飛び上がる
あの対比はなけれ
現在が作品の未来故に安心感はある

映画館で見たらラストのタヒチは圧巻だったと思う

深夜便で和田弘とマヒナスターズはよく聴くけんども
日常では遠い楽園

徳永ちゃんが若い!
蒼井優は端々みうちゃんに似てて、彼女のダンスを思い出すと切ない
表情の崩し方は流石映画女優だわ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:30 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年08月15日
カメラを止めるな!
レディースデー
思い立って劇場へ


三谷だ、という感想
舞台ものにはありがちな(むしろ手軽で愛される)題材なれども
構成は映画だから出来たかな

えんぶだものね
観たもの同士で話せる佳作
[ 投稿者:Reimi AYADA at 10:40 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年06月23日
999初日
意欲作というには芯が見えず
オペラというには(ミュージカルではない)緩急が甘く
だがザクザク手直し出来るとも思えない

あえてプラスに言うと勿体ないかんじ



朴さんはいつぶりか
相変わらずめぐにそっくりなことにびっくらぽんよ

[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:17 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年06月16日
デイジーラック9話
なんだろう

ハチクロの彼女達が最後男達の腕に収まっていったあのもやもやに似ている

女達は男らの人生で転換せねばならないのか

まだ、そうなのか
今をもって、そうなのか
結局はそれが幸せ、と言いたいのか


もっと沢山のモデルが欲しい
何れでも関心が必要ないくらいのパターンが欲しい

相手を幸せにしますと誓えること

何故そのシンプルさに行き着かず
娘達が結婚することで自分が安心したいと言えないのか
なぁ?

貴方の思想は確かにあたしの中に実を結んでいるよ
理解できないだろーけど
[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:50 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年06月08日
身勝手
別れたくない

とゆー自分の感情を
相手も慮んばからずにぶつけたら

実際白けるって話


[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:33 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ザNHKな作りの中で
こーゆー場のMEGUMIのバランスの良さは何だらう

山田まりやとも小池栄子とも違う

夏菜は肩幅が狭くてアップだと違和感があるんだけど
徳永ちゃんのやたら漫画感は何なの??
細目かわいい
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:22 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

どうしてドラマには話し合いの余地がある相手が登場するのさ
現実は大体自分のことを双方把握できてないで
取り繕って無駄なぶつかり合う方を厭わない

話し合いは自己主張で
ディベート慣れない者達は
相手と、自分に敗れていく

このドラマには彼女達のモノローグしかない
だから彼らは少しばかり女性から見たステレオタイプで

現実は何年も前のそれよ
下らなくても
あたしには大事なのだと

唯尊敬を示してくれることを、望んでいて
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:41 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ボーダー夫妻
ダサさに
クラクラする

あたし覚えがあって
これは自身の父と母で

父が北海道に移住するてか宣わない人で良かった


えみちゃんがマヂもんのリアル

そして
我らがDJしょこたんがかわゆい
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:22 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]