掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年06月23日
φ(..)
悪夢まりお
本気でルキーニをなんとかしようとしているのを見てたら
視界から消えた

トートダンサーズが手を離して向こう側に入れてやってるのがもう塚のガードにしか見えない
階段を上がるルキーニに掴み掛かろうとするのを全力で止められている
この力加減のしてなさがキャリアある(シングルだったのもあり)禅さんとの色分け

ちゃぴまりおで京本くんが発生するのがわからない
繊細なというより
きちんと成人なのに酷く薄い、透けるわけではないが呆気なく破れてしまいそうなルドルフ
革命家達とレイヤーが違う
その時代限り、精々20年程度の先見はありそうだが
やはりハプスブルクは滅びたろう

闇広で後退るルドルフに迫るトート、足腰キツそう

マダムのコレクションも大分直接的になったな
わかりやすいけど
あのまりおフランツにマデレーネはどんな技を使ったのかしらん?

ちゃぴシシィはみやフランツを愛していたけど
今回はフランツを通じて自分に帰する愛みたいな?
フランツが違うとシシィも変わるのわかるけども
なんか…台詞の端に現代人がタイムスリップしたようにも見える瞬間
愛だけで時空を飛び越えて、その先は本当に「幸せに暮らしました」?

階段上り下りが結構煩い
場面の進行は止まって演ってたりするのに、周り動きが視界情報として多い

ヴィンデッシュに接吻するのがルキーニなのが厭
逃れられない世界で
シシィのように放浪出来ない所で
彼女自身がエリザベートであるには、ルキーニは違うと思うの
鏡の間にして扇子の交換も傘殴りも無くなると淋しいね

コルフ島のダンサーズも視界賑やかしで
黄泉への道中だってのはわかるんだけどさ

古川トートと笹本シシィで私が踊るときをガチンコして欲しいと思った
笹本ベートじゃなくていい
一曲ガチンコだけ見たい、ちょー見たい!


[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:18 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

φ(..)
アンサンブルコーラスの手入れがうまくいっていてとてもきれいだった

成河の結婚一年目〜ハンガリー行く前の歌声が大変好み
よく帝劇帰ってきてくれたな

AAが狭いわりに高低差だけで動きが少ない割には動線が多い

白トートのベルト丸出しなのがなんかイヤだった、隠してほしい

ちゃぴシシィは教科書みたいだったな
ちゃぴちゃんだからの押し出しがなくて、月で赤マフラーに戦慄いている時の方が覚えてる

まりおフランツが禅さんの系譜なのに岡田くんで脳が混乱
息子には融通きかない頑固さにブレはないけど
シシィがルドルフを探している姿に打ちのめされたような表情を一瞬して
臣下が下がった後に去る姿が哀れで
ゾフィーちゃんの棺捌けはやっぱりフランツにして欲しいな

グレルができてエルマーが無味なのは何故なの?


[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:04 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

帰ってきたヒトラー
ベストセラーはわかる
コメディ分類が正しいかわからない


どこへいくのかと思った


見る前に充電させて下さいを見てたのもある
出川来訪に町中の人間が総出で連なる気色悪さ
テレビという権力が撮される側を仕掛けの役者にしてしまい
尚且つ善意を恐喝する

もし独裁者があの放送を見たら、出川を危険分子として排除するのではないかと思ったくらいの鈴なり
或いは傀儡の盾にされてしまうのではないかと

このくには熱に浮かされるのが好きだ
後で自分は違うと思ってた、みんなもそうだったと言う

この映画のヒトラーはヒアリング力が高いが故にそれだけで撮される今の政治家達より有難く映る
中盤でのテレビ初出演時には今の情勢も相俟って自身も惹かれた
差し込まれる想定される反応描写には恐怖も気持ち悪さもない

そしてこれが怖い

間違いとか間違いでなく
信じたことを揺るぎなく発するものが
思考と選択と実施を肩代わりしてくれるというのは
浮かされるのは
きっと楽に首を絞めるためのクスリだ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 00:33 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年06月18日
アラジン
魔法の絨毯が、砂でシンデレラ城をこさえて
オープニングロゴ風の砂投げをしているのが可愛かったのと

ジャスミンが口を塞がれた後廊下に佇む表情がいい
そう、女だとて涙を流すわけじゃない
崩れまいと表情を硬くして
内に吹き荒れる嵐を零さずにせんとす
飲み込むわけじゃない、反芻して反駁して、感情の行き過ぎるのを待つ

おんなは ああいう かおを よくしているものだ

これはアラジンを借りた
ディズニーの新規提案女性ラインナップ

アラジンの誠実だけが未来への光
[ 投稿者:Reimi AYADA at 13:56 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年06月08日
なにしに来たピーナッツ親子
いや、でもこれは根深い

存在しない世界線からはフィクションのような
存在する世界線には溢れている毒うんこ親じゃん

聞いていて苦しい
ビジョンが無い、ラジオドラマだから
認知できる

この話の幸子が
リアルの誰かを助けてくれますように

[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:42 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

#鍵アカの中のサチコ
抱えているものが対人で変化するのは
ロックなミシンで起こしてに近いかなぁ

妹贔屓のお母さんとか
自分の方が不幸おじさんとか
女装家の男の子とか

この枠は結構女性のトラウマの深いところを描くのが多い
あたしが女だから刺さるのか
それとも発信側の抑圧か

だがこのアウティングは最低だ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:36 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年05月19日
みやさま小次郎
通りすがりがちな武蔵ストーカーじゃないか

劇団月組割りとみんな聞き取り易い

娘役のモブ使いがつまらない

剣術場面みんな腰が高すぎる
幸村マイケル新撰組めあたりを求めちゃいかんものか?
素振りからOSKで叩き直したい…

れいこちん見てたら悠浦に逢いたくて堪らないんだし

朱美もお通も美味しくない
なんでタケゾーがいいんだかわからんわからん

海ちゃん太夫はみうちゃんを微かに含んだような
情はあるが琵琶だけ飛んどる

これは…どうなの?
組子さん達どうなの?
みやさま悪くないけど、これでは見せ場足りなくない?
[ 投稿者:Reimi AYADA at 17:20 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年04月25日
999
190425_2009~01QEeSMNDU.jpg

メーテルとクレアとエメラルダスのイメージで塗った

石丸さんは頑張っていたけども
キャストも前作のを拾って頑張っていたけども
個人的にはそもそもの記念舞台をやらない方が良かった気がする

良かったのは最後の晩餐のテーブル越しに向かい合った鉄郎とメーテルが
ちゃんとアニメのワンシーンを写していたところ

あと王妃のメーテル
いわゆる数多あるメーテルの先入イメージがないからこそ
メーテルの一番薄皮で拵えた等身大

無限軌道の旅人故の
重たさや苦しさや哀しさや切なさ、魔女みを足りないと思うのは
あたしの中のメーテルに投影している部分もある

あっきーは省エネモード
平方ハーロックに飛び付いたところは萌えた(身長差)
とにかく無理しないでくれ

松下プロメシュームがちゃんと全身で嬉しかったんだよな
彼女はちゃんと女優だから
「おかあさま」を「機械の体になったにんげん」で出してくれた
代打ありがとうございます

客車でのやりとりはあれだけど
ぶっちゃけエメラルダスの後付けで仕舞わなければならないのも999としては妙だけど

リューズの歌は散々アルバムで聴いたから、思い出が

ミーメの一升瓶とか胸がきゅんとして
ミーメがミーくんを抱き上げてるのに嬉しくなった

役者はみんなできる限りやっていたけど
一連で見えないのが、稽古短かった?通し不足な印象

とりあえず、観た
とりあえず親孝行、した
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:28 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年04月14日
河童の記憶
おばーちゃーん!
おじいちゃーん!
からの

サーチャとダッタラさんの優しさと運びの残酷さ

河童の記憶なんて素っ気ないタイトルだけど
子どもらに手渡してやりたい物語

二巡目の「今」は理由を隠されて進む

傍でもなく
ただ眺めていたあたしたちは、止めていた息を吐く

だから青春アドベンチャーはやめられない
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:49 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年03月23日
昭和末期〜平成初期
クリー人もオートボットも
こんなちっちゃい星を
わざわざ拠点にしたりせんでよろしいんですのよ
危ねぇな

まだ辛うじて冷戦を折り込める頃の話…
潮流が加速し始めて時代再現が難しい頃

楽しんだよ〜
トラヴィス監督ありがとう!

サイバトロンの最終防衛戦(あんな姿なのに肉弾白兵主義だよね)をアニメティックに描き込んで
わおわおしてたら
サウンドウェーブが出てきてテンションアップ

物語は懐かしの王道ジュブナイル(ヤングアダルトじゃない)で構成してあって
これはチャーリーの人生の物語にたまたまビーが掠めただけの
そういう映画

このチャーリーの物語がどのくらい共鳴するものだろうか…?
共鳴しない場合はどう見えるかな

実際に車が走ってる方が断然オートボットをリアルにする
エンジニアの金額の方が、今セットより高いような…

オートボット達の戦いが必要過不足範囲内の映像で
エンドロールがすっきりしていて
大変見易かったです

(マイケルよ、CG長いと退屈なんだぜ)

本編との矛盾はあるけど、先に目撃てるからなー
この作品始めでで6作挑戦したら残念な気持ちだらうな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:39 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年03月09日
平間キュが好きだっ!
萌えを感じる…

クラスメートくらいの位置で
ロミオベンヴォとわちゃわちゃしてるのを愛でたい

[ 投稿者:Reimi AYADA at 18:57 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年01月05日
ギルとエンキドゥ
やっぱり母の恋物語だったか
狩人たちをベースに見たような暴力シーンで止めなくて良かった

最後に読まなくていいって理不尽
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:52 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]