掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年02月18日
バーフバリ王の凱旋
初代が尊い

バーフバリ父を讃える一本
観なくても人生損しないけど観て良かった

古代ローマとか中世とか三国志とか戦国時代とかあるけと
やっぱお国柄、お土地柄の様式美があるよね

ハリウッドと全く違うスケール大、伝統のアングル、歌による物語の流れ
これはインドでしか作られないわ

火薬も銃もないけれど群戦にチェリオットにフライングノイシュバインシュタイン号と頼みの椰子の木?で最後タイマンまでぶっ飛ばし

母神のある文化だけあってマッマが強し
コンプレックスの塊のおにーちゃんは全世界にあるけど
おじちゃん最後の方が強いなぁ

月刊誌連載の大河記34巻を最終巻発売と同時に封切りして
読んでない人も一気に付いていける感じね
但しジャンプじゃない


真新しい題材ではないし、色々思った点はあっても振り切ってるからさ
着地とか物理反発無用なのが気にならない
満員の場内が夢中で静まってた

ただ初代が完全無欠のヒーロー過ぎて息子の器は気になる


初代が尊い
[ 投稿者:Reimi AYADA at 01:05 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年02月11日
今夜ロマンス劇場で
180211_2155~01ialEBwib.jpg

ハイカラさんでの予告上映を見て気になってた

現代版ローマの休日的なイメージでいたら
始まったのは狸御殿的な白黒エンタメと過去スタア沼の助監督

綾瀬はるかはいきなり八重とか精霊とか取り扱い注意のパワーウーマン
あと設定上どうしても手塚治虫のアラバスタがチラチラした

映画への愛と現実と夢と栄光と懐古(でもノスタルジーではない)が描き込まれていて好感触
貫くのは王道の恋なれどこれはSF?なのです

男はロマン女はロマンチック、の法則を吹っ飛ばす
稀に見るオトコのロマンスだった
別方向のナインは二回目で胸が悪くなったが
あの惚れた振り回されと飛びきりの積極性とあちらの直面する現実
途中のカラブランカ挿入含め
最後までロマンスをたっぷりやってくれるの
笑っちゃうくらい(周りは泣いてた)素敵だった

後半ちゃんとネタは描き込んであるのに気付くんだよ
何よりこれはSF?なので
生活の曇りないことが許される

最後はわかってて涙が出たよ

自分には得られないものがそこに描かれていて
それは石丸トートに墜落したのと近しい
どこかに在ったら幸せな夢

綾瀬はるかのファッションショーと榎本明の演技だけでも価値はあるな

あぁ、でもハンサムガイの新作がどんな話しか気になったままなの…
[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:56 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年01月27日
通い猫アルフィーの奇跡
シンプルで幸せな幕引きの掌話
好きだな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:49 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年01月13日
黒執事
180113_1931~01HXugiN9C.jpg

今年2本目

原作アニメ映画未見
構成演出が実にミュージカル的で見易いと思っていたら児玉明子氏だった
そりゃそうだ

タイタニックと
フランケンシュタインと
エリザベートと
ダンスオブヴァンパイア
がちらちらする話だった
なんだあの贅沢なアンサンブル数


リジーのソロが大変可愛かった
ああいう映像の使い方好き
セバスチャンとシエルの相互訓練シーンも舞台ならではの映像使いで楽しい

妹が映画移植だと言っていたけど、ちゃんと説明シーンがあるので付いていける
ちょっとセーラームーンの映画思い出した

スネークが喜三太だと気付くまでに少し要した
あれはゲスト並みだけど良かったの?

男性キャストの衣装が…既成流用なのか、脚の短さとO脚丸出しになるのが現代人過ぎて
補正入れて欲しい

振りは旧エリザの麻咲先生をキレキレにしたぽいので面白かったな


楽しかったので満足
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:58 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月26日
この国のフランス革命好きは異常
171126_2106~01lLBrLCtV.jpg

上手橋あたりに来た姿が黄泉の国を懐かしく彷彿させてグラグラきたわ

世界名作劇場的にはモンテよりジキハイよりしっくりくるというか
ラウルもいるし、アスカム先生もデュティユルも透いて見えるけど

多分石丸さんはフランス人よりちとシニカルなイギリス人なんだよな
つまりハイドか

ピンパーネル団の年齢的にはアレだけどさ
炎の中へってこんな印象の曲だったかや?

改めて見るとソロでできてる(ワイルドホーンだから)ミュージカル
カズさんショーブランがマルグリットを誘惑するのが3番まであってたまげた

なげーよ

カズさんの安定感と芝居の上手いのは好きだが
そのあたりはサクサク進めても構わないのだ…

こないだのダディもそうだけど
生演奏がいいやな
舞台外から伝わる生音がこちらを手助けしてくれる

ベルばら=1789=MA=マリーアントワネット=スカピン→ナポレオン→モンテ→レミゼ
革命のなかった国の憧憬なのかしら


石丸さんが仰け反り気味にアコーディオンを始めたから笑ってしまった

あれはなに?!
あれは、なに!?

安蘭氏の女優芝居をちゃんと見たの初めて
そんなに台詞が上手くないのに首を傾げた
こんなに感情表現として伝わりにくい口跡だっけ?

革命に楯突いてた上原氏がギロチンに架かることも色々思う

いずみんの勿体無い使い方について…流石ヴァンプに血を吸われただけあって若いままだ

妻の想いの在処がわかったところで終うのは
ミュージカルとして美しいけれど
その昔、紅はこべを読んだことがないために
本来の活劇なところは物足りぬ

橋の上、背中合わせの夫婦の会話は怪傑ゾロをわくわく読んでいた少女を起こした
ディエゴがロリータに正体を明かすところが挿絵ごと

紅はこべを意識においてラブパックで疾風を描きたくなった大和女史の気分はわかるわぁ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:33 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月25日
はいからさんが通る
171126_1523~01YFJisoJH.jpg

亀有で見てきた!!
上映館少ないねぇ

夜回30人弱
男性客が半分くらい、一人客も何人か居たのが印象的

以下雑な感想
駆け足だなぁ
原作読んだことがある人には伝わるけど、知らないと名作理由がわからないかも
核だけだとこんなにコンパクトなんだよな
昔の少女漫画みたい(ページ展開が早い感じ)
環の挙手あたりとかは出崎の止画(平成前半の感じ)で見たかった
ぶっちゃけ紅緒と少尉が軸だと正統過ぎで世界観として面白くない
はいからさんが通るのインストゥルメンタルが入ってきたとこでテンション上がる
いっそ大河のオープニングみたいに始めてくれても良かったのに
知寿さんプリマはあんパンわくわえないし刃物を振り回さない
少尉も蘭丸も狼さんも冬星さんも2次元で再び果たされたことは目出度いなぁ
吉次さんがもうちょっと迫力ある美人で見たかった
軍人さんの階段降りは何故だかヤマトっぽかったな

総じて満足だったんだけどね
後編上映館更に少なかったら困るなぁ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:33 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年11月11日
ソー・ラグナロク
171111_0024~01EIhbtj4L.jpg

飛行艇を定点真上から見下ろして映す
という宇宙船お約束はどの作品発祥なんだろうな?

マーベル展で読んだキャラクター設定が面白くて気になってたソーを観に突発

Dr.ストレンジは途中まで、ハルクもソーもその他も未見だったけど
存分に楽しかった

神様が主人公という安心感
個人的には足首手首派だけどサーファーくんの上腕の張りはセクシーだった
親子といえばハイランドパークなんだけど自分はロキしか舐めたことがない
一部篠井さんと山内さんに見えてしまったら戻れない
アンソニーホプキンスがオーディンなのは
権力重鎮役が北大路御大欣也ばかりなのと一緒かも
大前提が異世界
ラインの黄金のシナリオ集を読んだことがあって
北欧神話の基礎を持っていて良かった
ツッコミどころはあるし、ご都合なんだけども
キャラクターテイメントな抜きどころが多くても好感
ちゃんと散らせたパーツを拾って集約してるので仕舞いもすっきり

何より人類未来とか世界とか懸かってない
神様だから
…安心感

壮大なきょうだい喧嘩は最終的に拳でタイマンらしいよ

アントマンも良作だったけども
これはまたライトな方向に良い作品だった


文句は長すぎる宣伝かな
全力で気持ちが削がれるよね
[ 投稿者:Reimi AYADA at 00:26 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年10月29日
タイトルなし
今朝の名演奏ライブラリー
スタンリー・ブラック特集がとても良かった
気持ちいい音の繰り出しで痺れた
[ 投稿者:Reimi AYADA at 11:00 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年10月09日
タイトルなし
あきちゃんの声は成長しても濁りないなぁ
いい女優さんのまま帰ってきてくれてありがとう
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:57 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年10月08日
突発
171008_1721~01htt2uyvW.jpg

タイトルは真実
みんなは一人のためにではなく

「すべてはあなたのために」

というロマンチックなもんなんだな

タイトル紗幕のOが太陽の紋に向かって頭を下げているのでそんな風に思った
(日本企業の社内決済印かよ)

わかったこと
ちゃぴちゃんが素晴らしいこと
画面切替があるとあのもっさりした殺陣がスピードあるレイピアになること
ちゃぴちゃんが上手いこと
みやさまの伏目からの流し目が華月くんそっくりなこと
ちゃぴちゃんがかわいいこと
宇月さんの額2本線が美しいこと
ちゃぴちゃんが主役なこと
意外と衣装にドーラン付いてることが多いこと
ちゃぴちゃんが最高なこと
人によって舞台と画面でキラキラが違うこと
ちゃぴちゃんちゃぴちゃん
カメラが顔に寄り過ぎていること
ちゃぴちゃんがデュエダン慣れしてふつくしいこと
拡大版みやさまソロは激写したくなったこと
この世にちゃぴちゃんがいて良かった
自分の中で誰々に似てる感想が基本OSKだったこと

[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:31 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年09月20日
セリ上がりの壁に映ったシルエットがふつくしかった
大団円宜しい宜しい

会いたいソングがボンジュールアムールを裏切らない良さだった

ベスほどは引っ掛からないがやっぱり歌詞がおかしい
誰にでも好みの言葉や単語はあるからな

あとラストのちゃぴちゃんのドレスがダサい…なんであれなん?


ラインダンスの遊びの長さと脚上げの短さに毎度ながら衝撃

あんなに揃いが求められたデザインのロングスカートで裾が誰も美しく翻らない
…のはもしかしてAAの割に人数が多いからか?

脚上げがもったりとしていてフラストレーション
シパシパしたかっこいい振りがついてるのに胸踊らない

背景が光らないで真っ黒だったらどうかな
俯瞰席でならダンサーを二人くらい見つけられたかもしれない


古川きのこ王子にみやさまのやうな声の芯があったなら。・゜゜(>_<)゜゜・。



楽しくてまた見たい話だった
パレードが呼び起こすこれはこれからもついてまわるんかな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:57 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

無駄に人数の多いファミミュ(ざっくり)
久しぶりに西やんの指揮で聞けるのが嬉しい

GHのちゃぴちゃんのボンジュールアムールが個人的に相当良かったけど
やっぱり場のキャリアは強い
これはルイが主役だわー

真風フランツの時もがっかりしたけど宝塚も意外に欲しいショットがないのだな
みやさまのふつくしいアラミスは刹那過ぎて記録できない模様

これは人数を半分に減らして90分にまとめたものを小学生に見せたい

むしろ小学生で見たかった

あんまりイケコをスゴいと思わないけどこれはいい
児童文学で活劇なエンタメ
楽しいことは素晴らしい

デニム揃えの衣装はきれいね
立ち回りはごちゃごちゃ寄っているのでもう少し早くすっきり見たい

いやー
文化の違いは似たものの方が大きいわ

下級生が下級生なのはどこも同じかな

アトスが美声
美人な友人に似てたのでこれはまた話す


みやさまね
ふつくしいわ
ちんまいし
色気はないけど
あのおめめとくちびるとひたいと
横顔がいい
眼鏡なくても

[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:25 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]