掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年05月24日
書籍代
本棚前にある読了積みがいい加減ヤバい
押し入れ開けたら雪崩れる日も近いな

飲み会も酒も減ってる
出費増えてる

[ 投稿者:Reimi AYADA at 03:02 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月20日
今回はドラマチック
胸糞悪い継父と毒な母だけで散々なのに
過干渉でメディアの母ちゃん一歩手前まで登場

時世を反映したラジオドラマは視聴率やスポンサーありのTVより鋭い

20の娘さんと15の男の子
二人とも素直で哀しい
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:44 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月17日
そっか
華月くん城月ちゃんとなら遠慮せず歌えるね
見たことないが、素敵だらうな

しかしライティングが悪いね

[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:29 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

先輩目線の二人
さなちゃんがんばれ!

リコちゃんは去年のプチソロな限り音は取れてたもんな
低めの声だから踊って歌えてになって欲しいわ


[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:27 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

入団きっかけ
無許可アップを案内していいのか?

φ(..)
エンドレスドリームのロケット
春のおどりの黒燕尾


司会、話拡げてくれ


さっくり踊りを断る城月ちゃん

[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:13 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

やっぱり華月くん
こちらの不明を早速拾ってくれた!

髪型替えも授業練習に入るんだねぇ
期待してるさ城月ちゃん

[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:07 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月16日
日下さん
初見は鹿鳴館だった


[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:21 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月04日
小曽根さん待ち
野本先生の声色と口調が石丸さんの系統で不思議な感じ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:01 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月02日
あんたあたしのなんなのさ
ロマンチストが現実を盾に抵抗するかよ
あたしは現実視野を閉じた理想主義者だ

自称現実主義者が無自覚に持つ自分への甘さを指摘しないのはあたしの優しさ


体調は戻ったか
他者のにおいがどうしても気に障る
[ 投稿者:Reimi AYADA at 02:33 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月23日
パンフレットを枕元に
洗濯物と布団が風で飛ばされて謝り拾う夢
出てきたのはみうちゃんだった
[ 投稿者:Reimi AYADA at 06:30 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月22日
群舞φ(..)
群舞自体の得意不得意はあるだらうけど
使用曲がピアノのジャズアレンジだったから
ダンサーでも「リズム感」じゃなくて「耳が良く」ないと大変そうだった

タンゴはまだタンゴとして一定の取り方があるんだと思われるけど
ジャズは弾き手の感覚の保存だからあれを聞き込んでこなれないと無理ね

会場だと気にならないけども引きになる映像だと差がはっきり見えると思う

でもあれで耳が良いと歌える(≠聴かせる)ダンサーになるんだよな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:20 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

忘備
前半どこかの景で
冷やしたウォッカの味がした

やったこと
母とお泊まり
母と展覧会を6つはしご
妹に見栄はって奢る
大阪日帰り3公演
撮影込みの仕事
夜行で大阪
銭湯を2時間ずつ2軒はしご
2公演見て帰京

ここ一週間ちょっとあたまおかしい

春のおどり資金がすっからかん
来年もかな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:07 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

φ(..)
桜色デュエット
桐生さんが男役のように救い手で手を伸べるんじゃなくて
握り合うように前方に差し出して、折さまが重ね握るのが良かった

そうなのよ、男役の甘えみたいなものがOSKなのよ!

ラストのペアダン
センターで桐生さんが誰より折さまだけを見ていて
何があってもアシストしようという包容の気構えがあって
一人で立てる折さまにも何があっても桐生さんに支えて貰えるという信頼感で居る

対談を体現してた

勿論ここまでいかなくてもいいんだらうけど
他所のペアより抜きん出た「それ」は今後後輩らの課題だね

そう、折さまは男役を侍らすのでも従えるのでもなく舞うのだ
(ことりちゃんはワガママ姫が従えるイメージなの)
始めに絡んだときのさなちゃんの笑顔が抜群
後半一人ずつに停まっていく蝶のやうなところは
折さま相手の安心感か男役みんな笑顔の良いのが綻んで
ファンには堪らないだらう

あ、桐生さんと折さまのカップル、ちゃんと車で海に来てた
客席ノせたり、空いた席に座って舞台煽ったり
浜辺で水の掛け合いっこしてたのは、見てるこっちが照れ萌えた

客席降りは油断ならない
下手通路でさくやんとリコちゃんがデュエットしてたりするから油断ならない

構成や衣装やらは色々言いたいけど
見てるだけで幸せで頬が上がりっぱなしになるOSKのショウ(今回はレビューではないみたい)だった

折さまがね、なんで笑ってるんだらうって
こちらは見逃すまいとしていても込み上げてくるのに
なんであんなに笑顔で舞っているんだらうって
引き留めたりしたら悪い気になって
淋しくなりますって云った

あたしは観てこなかったけれど
あそこにいてあそこでしか見えないものを見た人は
やっぱり何か必要なものを削いで、必要ないものを身につけて
立っているんだと思う

無理やり来て良かった

[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:35 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]