掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年10月16日
かつてあたしを助けてくれたことば
http://d.hatena.ne.jp/guri_2/mobile?date=20080109

大丈夫
てつがくがある
人生は生活で
生活は日常で
日常は好く生きること

掃除をすればその空間は美しくなる
侵されるのを厭えば
侵すのには慎重になろうとする
動いた結果が想像より悪いことはあまり、ない
恨みは忘れなくていいけど繰り返して楔打つこともない
誰もあたしだけを見やしない
誰かを愛しく感じる瞬間は大事
酒はほどほどに
友人があって幸せ
家族だから仕方ない
愛は目減りする
愛はちゃんと手入れが要る
雨は優しい
OSKがある
悠浦が存在していて幸福
美味しいものを食べて
お喋りする人がいて
幸せを数える孤独がある

ありがとうございます
ありがとう
[ 投稿者:Reimi AYADA at 00:00 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年09月28日
オグラ眼鏡店くらいが丁度いい
コートも財布も自分で買える
大事なのは遠征できる余力があること
友人らと遊ぶずくを持てること
家族イベントで問題が先送りになり続けること

[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:46 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年09月26日
雑気
昭和みたいって表現があるけど
30年以上前が鮮明且つ比較できるのは末期にしても40後半代以上やろ

思い込みによる表現拡大だと思うんさ

昭和っぽく感じるのはその名残の匂いを知ってるからだとして
多分その感じてる感じは
平成初期ではないかね?


なんとなくの切れ目っていうのは
バブルが弾けてそれでも余波でお金の動く浮かれたムードがどこかにあって
ドラマや歌番組やバラエティーから発せられる国民の共通認識カルチャーがあって

境にするなら震災とオウムのテロがあったあたり
なんとなく続く経済の閉塞感

昭和の時代も平和や幸福があって
明るいモノゴトを抱えているのに
日中太平洋戦争があったというだけで64年を灰色と見るのと変わらないネガティブさ


女の子の70年代ファッションの流行りを見ると
可愛いけどちょっとダサく感じるのだ
自分はリアルタイムで知らないけれど、当時雰囲気として旧さを感じていたから

でも今の70年代ファッションを見てフォークじゃん(ワラ
とは言えない

ロックはクラシックになるのだから

昭和っぽさは平成だけど次の年号で平成っぽいって表現は出ないかもしれない
あ、バブリーという表現は平成全体にかからないけどあるよな

時代は回るらしい
盆だったり螺旋階段だったり独楽だったり
前転後転だってあるんだらう
[ 投稿者:Reimi AYADA at 18:54 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年09月16日
震災のあと
あたしはこの時代に生まれてここで生きた
だからそれによる事実であろうと
あたしはこの時代に生まれてしまった
仕様がない
それを肯定するしかない

そうどこかで確信していた

渦中は目が見えない
盲目がこんなに統制されて動向するものか

オリガのラーゲリも、桜の国のゲシュタポの動きも
何故統制があったのかと叫びたい

返して欲しい
もしも曾祖父が還ったなら
曾祖母は祖母を名前で呼んだ?
母の向こうに見なけりゃならなかったノロイを
今ここに

祝福を

あたしはナニモノか
曾祖父は帰らなかった
祖父はガタンガタンぐさって逝ってしまった

あたしの血は自覚あれども
血のために生きられぬ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:54 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年09月11日
新型山手線雑気
最近あたることが増えた
壁広告なしで網棚上液晶
ドア上と違う告知
渡りドア上も液晶

どうしても動く画だから
押し付けられる感じの圧迫感がたまらなく嫌だ

かと言って気の利いた紙の中吊りがあるわけじゃない

液晶はテレビよりはるかに視聴率があるのだとは聞くけど

これだけのモノコトについて消費を、意識の方針を、要求してくる
そしてこれのために仕事が作り出されている
気味が悪いな

これはほんの少し前まで存在していなかったのに
これが顕れた代わりに何が無くなってしまったのか
あたしはわからない
わからないことが怖い

生きるというのは大変なことだ

それでも全部がこの車両になったら馴れるのだろうね

そうしたらきっと窓も煩い広告の時代が来る

窓外景色の変化もわからなくなる

[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:30 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年07月07日
時の過ぎ行くままに
今夜ジュリーの声が妙に優しく感じる


物事を違う角度から見るんじゃなくて
結局自分の中の鏡に写ったものを自心がどう受け止めるか
というのを今更噛み締める日々

その時々自分自身が均質ではない
相手もまた
状況もまた

疑わなかった日々は反芻しても疑いなく
眠れない夜が戻ってくるとは思いもしなかった


立ち止まるな
振り向くな
立ち止まるな
振り向くな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 02:49 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年06月12日
アッと驚くタメゴロー
パトラッシュ…僕なんだか眠いんだ

ボタンが上手くかえなくて

何かしら一つ噛めばうまくいきそうな気がするのに
利益と業務の解離
山積したこれはなんじゃらほい

色んなことへの腹立ちが過ぎると
厭世と厭人
春のおどりすらあたしを慰めない日がきてしまった

勝てる掛けに乗るものか
虚ろな日々に抗うものか

だらしなく生きて
赦す心持ちで憎む

言い聞かせて自分を抉り
傷を舐めては悪化させる
あたしなんで他者の分も引き受けてるんだ
相手は楽になっていて
気遣いもしないのに
[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:05 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月27日
駄文
酒を娶ったものは数多かれど
酒に見初められたものの少ないこと

演劇の女神は冷徹に懐深く情を呉れるけども
酒の女神は大変に貞操の固い尻軽で
寄り添うやうにして明方に見棄てていく
それにあたしは袖を取ったことが少ない

あたしに才能があるならば
祖父と同じくらいに死ぬるものを
この血に流れている女系救済の先を
あたしはまだ見たことがない

あと少し

あといっぱい

[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:31 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年02月26日
φ(..)
芝居心とセンスがある
芝居心はある
芝居センスはある
芝居心がない
芝居センスがない
芝居心とセンスがない


[ 投稿者:Reimi AYADA at 16:13 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年12月27日
自戒
日常の半分以上を占める職場でのストレスは
無意識に甘えられる他者への攻撃になる

本人は雪玉くらい投げさせろ!の気持ち
くらう側は始めはいなせるのだけど
続くとそれが氷の欠片を含んでいるのに気付く

受け手の自覚のない痛みも
重なればストレスになるのよね

イヤなカオにならないようにしたい

余裕を見せろって植木屋も歌ってるし
[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:49 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年12月07日
てっぺいちゃんならすぐわかる
石丸さんや悠浦ならわかるのかな?

わかりたいな…

何て巡り合わせだらう
あたしが見たいもの
見たくないもの
望まなくても勝手にやってくれる

他者の切ない想いまでは知らんがな(・ω・)
好きになるのは時間とか
好きだから付き合うとか
そういう次元では無くなりたい

[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:05 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年11月26日
あたしの口は
就職してからこっち
友人らとのご飯から出来てると思う

以前が思い出せない
一週間飲まなくても酔えない口よ

世界が煌めく頻度が減ったと思わない?
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:51 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年10月16日
Cry Baby
オリジナルのガーネットバージョン

お誕生日おめでとう

[ 投稿者:Reimi AYADA at 02:22 | 私的考録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]