掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年05月04日
小曽根さん待ち
野本先生の声色と口調が石丸さんの系統で不思議な感じ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:01 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年05月02日
あんたあたしのなんなのさ
ロマンチストが現実を盾に抵抗するかよ
あたしは現実視野を閉じた理想主義者だ

自称現実主義者が無自覚に持つ自分への甘さを指摘しないのはあたしの優しさ


体調は戻ったか
他者のにおいがどうしても気に障る
[ 投稿者:Reimi AYADA at 02:33 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月23日
パンフレットを枕元に
洗濯物と布団が風で飛ばされて謝り拾う夢
出てきたのはみうちゃんだった
[ 投稿者:Reimi AYADA at 06:30 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月22日
群舞φ(..)
群舞自体の得意不得意はあるだらうけど
使用曲がピアノのジャズアレンジだったから
ダンサーでも「リズム感」じゃなくて「耳が良く」ないと大変そうだった

タンゴはまだタンゴとして一定の取り方があるんだと思われるけど
ジャズは弾き手の感覚の保存だからあれを聞き込んでこなれないと無理ね

会場だと気にならないけども引きになる映像だと差がはっきり見えると思う

でもあれで耳が良いと歌える(≠聴かせる)ダンサーになるんだよな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:20 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

忘備
前半どこかの景で
冷やしたウォッカの味がした

やったこと
母とお泊まり
母と展覧会を6つはしご
妹に見栄はって奢る
大阪日帰り3公演
撮影込みの仕事
夜行で大阪
銭湯を2時間ずつ2軒はしご
2公演見て帰京

ここ一週間ちょっとあたまおかしい

春のおどり資金がすっからかん
来年もかな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:07 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

φ(..)
桜色デュエット
桐生さんが男役のように救い手で手を伸べるんじゃなくて
握り合うように前方に差し出して、折さまが重ね握るのが良かった

そうなのよ、男役の甘えみたいなものがOSKなのよ!

ラストのペアダン
センターで桐生さんが誰より折さまだけを見ていて
何があってもアシストしようという包容の気構えがあって
一人で立てる折さまにも何があっても桐生さんに支えて貰えるという信頼感で居る

対談を体現してた

勿論ここまでいかなくてもいいんだらうけど
他所のペアより抜きん出た「それ」は今後後輩らの課題だね

そう、折さまは男役を侍らすのでも従えるのでもなく舞うのだ
(ことりちゃんはワガママ姫が従えるイメージなの)
始めに絡んだときのさなちゃんの笑顔が抜群
後半一人ずつに停まっていく蝶のやうなところは
折さま相手の安心感か男役みんな笑顔の良いのが綻んで
ファンには堪らないだらう

あ、桐生さんと折さまのカップル、ちゃんと車で海に来てた
客席ノせたり、空いた席に座って舞台煽ったり
浜辺で水の掛け合いっこしてたのは、見てるこっちが照れ萌えた

客席降りは油断ならない
下手通路でさくやんとリコちゃんがデュエットしてたりするから油断ならない

構成や衣装やらは色々言いたいけど
見てるだけで幸せで頬が上がりっぱなしになるOSKのショウ(今回はレビューではないみたい)だった

折さまがね、なんで笑ってるんだらうって
こちらは見逃すまいとしていても込み上げてくるのに
なんであんなに笑顔で舞っているんだらうって
引き留めたりしたら悪い気になって
淋しくなりますって云った

あたしは観てこなかったけれど
あそこにいてあそこでしか見えないものを見た人は
やっぱり何か必要なものを削いで、必要ないものを身につけて
立っているんだと思う

無理やり来て良かった

[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:35 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

φ(..)
カルピスワンピはラルクアンシェルのガーシュウィンでことりちゃんが着てたやつだな

70年代なアメリカンなヒラヒラワンピも歌劇のものになったよね
踝上ソックスにレースがついてるのは幼稚園の頃か…
今も微妙な丈のソックス流行りだけど自分は違和感がある
歌劇のコスチュームだ

虹架×白藤の同期コンビ
後輩だと目立つ白藤ちゃんの圧しが和らいで見えてなかなか新鮮

桐生さんが出てくる度に
「オトコマエやわ〜」
「イケメンや〜」
「カッコエエなぁ」
「美形…!」
しか浮かばなかった
桐生さんファンにマイアングルを中継したくて仕方なかった

ボーイズがからかうところ、さくやんの女子芝居が気持ち悪かった
と思ってたら
カンカン
先日の楊ちゃんには引いたけど
こちらは恥ずかしくてケラケラ笑いながら手拍子した
何故だらう?_(^^;)ゞ非常に恥ずかしい
白藤ちゃんくるみんリコちゃん樹里ちゃんひらりんは笑顔になるの

もうなんかいつも言ってるけど
さなちゃん!
可愛いわよ、でも違うの何か違うの
すばるくんもさくやんも何か気持ち悪い、雅くんも違和感があるの!
舞台に近かったから?
いやー
照れちゃった照れちゃった

マドロスさん?海軍さん?
脳内視界が邪念で溢れて笑ってしまった
すみません

赤ドレスのマリアはもう少しスカートの腰をボリュームアップして欲しい
愛されるいい女があれじゃ場末のママだよ

愛瀬はマンカストラップやればいいと思ったの
あの謎の威嚇はWWSなのか?
取り敢えずCATSだったな

ブルーガールズ
白藤ちゃんセンターなのにあれ?物足りない
リコちゃんはマダムのところのお魚さんみたいで流し目とアスリートのギャップ
ひらりん色気が全然全然全然ないんだよ!(ももちゃんえみちゃん含めこんなのばっかりだな)
樹里ちゃんも肉食っぽくないが一番リアル
くるみんは待ってました可愛強いなんだけど右脇破れてたorz

オレンジのスーツにイエローのシャツ
イエローのシャツにオレンジのスーツ
見た瞬間、原宿→竹下→竹の子→ジャニーズ→音松くん→SMAPが駆け巡った

ウィンクご馳走さまです

虹架×愛瀬の微妙な距離感よ
出番だから二人って印象なんだけどバランスはいい

折さまターゲットだったから他をあまり見れてない

黒金のさくやん(上手)の汗一筋
色っぽくて目線盗られた
どことなく懐かしさがあるのは息切れしてるいつかの悠浦

折さま白羽根でそのまま李香蘭やらないかね?
リサイタル場面抜粋でいいのです


[ 投稿者:Reimi AYADA at 17:07 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

レッツ ハングアウト
折さま本当に綺麗だった

構成は芹先生の定番
暗転も差し込みのストーリーもラストの黒ドレスも
でも折さまならそうするエンド

笑顔を続けようとすると額が少しひきつるのを
激しいダンスで息も乱さず薄く大きな唇を引き結んで正面を見るのを
桐生さんの胸元に頭を預けるのを
サポートの下手な腕をさりげなくカバーしつつ踊るのを

ああ、折さまは桐生さんとのコンビが抜群だったな

パンフレットの対談を後輩らが目にするのはいつだらう
こんなカップルが10年経って生まれているだらうか

色がないわけじゃなくて
凛として透明で汚れのない誠実な女役であり娘役

やっぱりナニカでなければトップには立てない

ナニカが何か誰も答えられないんだらうけども
あたしは折さまに間に合って良かった

今日の舞台、幸せでした
[ 投稿者:Reimi AYADA at 16:40 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

1、2、4番
ナンバープレートに桜の花びら
[ 投稿者:Reimi AYADA at 14:40 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年04月17日
ニューフェイス
去年なかったから、久しぶりの口上

垢抜けないのはいつものことだけど
92期の春のおどりでの印象が強くてこんなに違うのかと
(個人的に92期は真麻代のイメージがある…ざざっぽい発想、ね)

娘役6、男役1、ロビー募金観る限り小さくはないが大きくもない
直近上級生は大きいけどその上とだとどうだらう?

どの回でも浮いてるロケット
脚が低い、膝が伸びてない、笑顔が弱い
12回もやらせるんだからと期待したのよ!

多分他の演目との関係もあるし(放っておかれたので?)自主練でこぎつけたんじゃないかなぁ
上級生と並ばされるおどりほどは怒られなかったやうに見える

というわけで
白藤ちゃんあたりにガンガン指導入れて欲しい
春のおどりに期待


きょうがくんは毎回退場間隔詰め過ぎだった
ダンスの場ミリズレで目を引いてしまうタイプじゃないといいな…

あと最終回でグローブ着けてなかった子がいたな、あれは誰だらう?


[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:54 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラピスラズリ千秋楽
ダンスが飛んでくる!
あたし、これがもっと見たい

ローブ姿に何をやるやら心配したら
7人ではやっぱり広い舞台でも真ん中にしっくりいる真麻氏
客席を香月くんが太く繋いでまぁカッコいいこと
楊ちゃんとこが野郎くさかったがこっちはシティメンズ感
自分にはないノリでも見ていて楽しい

真麻×りらとかCPでチラとあったくらいだけどなかなか面白い
タンゴは二人とも踊れるから(?)なのかしっくりこない、ぶつかるわけでもない
のに
デュエットのストーリーはバレエのマイム的情感があって
ちょっと泣いた

ダンスも表現を拾い合えないとだめなのがよくわかるから、この二人をまた試して欲しい

りらちゃんは前髪ある方が好きなのよー
歌とダンスは椿くんの伸びと登堂くんの課題を炙り出す
羽那ちゃんはアルゼンチンの色っぽいタンゴをもっと見て欲しいな
りらちゃんえみちゃんと並んだ時の脚がつまんなかった

まだまだ踊るよ仕舞いに観入って、パッと終わりに気が付くこの感じ
一番始めに覚えたレビューを思い出させるチームだったわ

前も書いた気がするけど真麻座長は物販、他チームのコメントができるのも大きい

春で何が観られるか楽しみにしてる
[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:36 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ゴールデンサファイア千秋楽
翼くんの僕の願い(コンサート風)でチケット満額ですの

客席渡しが不在で手拍子必要な曲を連続(しかも長め)は苦しい
真ん中が苦手な構成じゃないかぁ…翼くんやいちやんが繋いでくれるとホッとする

ももちゃんもなかなか重用でチェリードレスが可愛い
だが城月ちゃんと並べたのもあったけど、あの健康体型により黒ドレスの色気が足りない
肘下があと3センチ長かったら!若しくは腕の筋に影が出来たら少女体型ぽさから離れられるのに!

詩ちゃんの目の泳ぎっぷりが…歌えてるからガンバレ
ちなみに、黄色ワンピの胸が下で体型がショボく見える、誰か直してあげればいいのに

歌だけにせずとにかく踊らせたのはいいのではないかと
雰囲気のあるとこまで行けてない
ダンスをこなして表現の助力にするところまで行けてない

クラウディア(違)との場面を見て、りらちゃんとのデュエダンで見栄えたのを思い出す
城月ちゃんも姿勢や視線で頑張っているけどそこまでサポートできるダンスじゃないのよ

桜花さんを思い出した
桜花さんもブリッジがある人ではなかったけど放ってる何かしらで客席を繋いでいたから
それにあちゃさんのダンスがサポートして出来上がってたんだわ


とはいえ黄金色のホリゾントの前に立つ姿は素敵で
やっぱり悠浦くん(久しぶりのくん付)は黄色が似合うのよ!

もう自分のことだけに一生懸命になれなくなってしまった中に
自分に一生懸命だった頃の面影がハラハラ散る
マッチ棒なシルエット
決して余裕はない笑顔
幕が開いた時に格好付けない表情

この人はOSKでどこへいくんだらうかという期待みたいのと
この人は観る側のハートのわかっているんだらうかという不審と
同時に湧いて

目の前にしたらただただ存在に伏してしまうのに
[ 投稿者:Reimi AYADA at 16:37 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ジャスパー千秋楽
リカちゃんサイズの踊るみうちゃんをおうちに置きたいのですが
どこかで買えませんか?!

こっちは心配なくブリッジが主演

オープニング掴みから男臭さ、ソロを経てみうちゃん景の安定感
みうちゃんの存在に対しACCHY先生の取ったバランスを見ると
これは東にも持っていくべきだと思う

なのにラテンで主演自らブリッジを外してきたからいたたまれなくって
反則っていうか誰得(本気で)
包容ある立ち位置がいないのにあれをやるのはないわぁ

何より右太股の後ろ
ストッキングが溜まって影になっているのが残念過ぎた

後半見てるうちに実にOSKなラテン構成だったんだけど
高世さんから比べると遥かに経験不足で客を乗せられていない
…最近は王道場面経験が少ないのよね

デュエットはみうちゃんが雰囲気を持っていることによって甘さを感じる
もうちょっとたっぷりやっても良かった印象なんだけど
物足りないくらいでいいのかな?

こないだ主演した楊ちゃんは凄まじい勢いでツケを払わないとショーが大変そう

ここちゃんエトワール
苦しい、けども本人比相当良くなった
歌いながら動いて歌唱を道具としてこなせるようになったらまた変わるハズ


客席降り過ぎだけどショウとしてはこっちのが分かりやすく纏まっているような…三越向き?


[ 投稿者:Reimi AYADA at 16:07 | 携帯通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]