掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2019年09月04日
タイトルなし
スイッチが切り替わったわけではなく
メンテナンスチューニングをしているようだ

幾つかの舞台と、たけふに行こうかと
調整を始めただけましなのだ、多分

知人の夕食を見てしまって
きちんと生きているその日常と
さりげなく書き込まれる夫氏への愛情に
引っ張られそうになって、閉じた

手入をする時間が無くなった感覚は、いったい何?
積み上げってもいないのに
手を付けていくのが、てきなくて止めてしまう

いつもの、症状なのかもしれないし
どこからかの、反動かもしれないし
過ぎ去るまで自分でもわからないんだよ

いつもの、症状だとしても
まためいわくをかけてしまうな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 13:16 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]