掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年09月30日
こんなに特番組んでもらえないよ?!
DSC_1443bClyPYLp.jpg

桜はパパラッチされ、台風は映りたがってくる


台風に生まれたからには
一度は行っておきたい国
日本
というツイート見た
…もしかしたらそうなのかしら、と思わせる
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:04 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年09月28日
銀橋
DSC_1440_TRIPART5sJYjgk3.jpg

男役に対する作者の混沌
娘役に対する作者の技量
それが
たうたうヅカ同人作品になってしまった…

書きたいことへの言葉が多すぎて大過ぎてになるのは、相変わらずだけど
組子達の一言は過剰過ぎる

仕舞いへの疾走は天使や白薔薇と変わらない
あの頃より少し技術がついただけにも見えるけど
好む言い回しも特段増えていない
このところ宝塚という装置によって支えられているけども
この人は本当のところこの先本質のところ何が書けるだらうか

マッサージシーンの会話あたりでフッとあちらから醒めて目を上げてしまった
作者こそ、レオンたりたかったろうと透けて

待っていたから、あたしは淋しい


[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:40 | 小説読本 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年09月27日
カムパネルラ(青アベ)
DSC_139588OehGpb.jpg

矢内さんよくまぁ大まかにはフツーの流れに纏めたわ
耳と目ではまったく違う効果を、ちゃんと耳でかわせるように仕立ててる

ラストは読ませるより聴かせる方がしっくりきた
平埜さんは原作の『ぼく』より大分上に感じたけど、ここのためだったのな
原作先読了で良かったかも

都築さんは流石明瞭で、差し込まれる朗読が心地好い
…えるくん!えるくんじゃないか!
ちびルドルフか二人並んでる
吉田君もなんだかんだ地道に仕事してるし
子ども(じゃなくなった)店長は最後まで台詞がマズイわ

[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:17 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年09月26日
カムパネルラ(原作)
聴いてから読むか読んでから聴くか迷って
買ってしまって広げたら止まらなくなった

青春アドベンチャー版とは感触の異なる
よく組み立てられているのに、粗っぽい印象は
レッドレインやオルガニストの薫り
いやー、SFならではの前提にある気色悪さが陶器の表面のようにさらさらと入ってくる

『宮澤』賢治とは相性が良くないために銀河鉄道の夜は一度しか読んだことがない(映画も一度見たかどうか)
それも活版の文字を拾い上げている印象しかない
後はどこかの高校の舞台

差し込まれる原作がどのくらいなのかわからないまま、混乱しつつ読み進めたけど
これ、宮沢賢治フリークはどう受け止めるのか喋っているのを聞きたい

原作終いのエピソードは好きじゃない
でもよくある、よくあるのが好きじゃない

風野又三郎の中の人、全般台詞が上手くないのが引っ掛かるんだよな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:57 | 小説読本 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年09月23日
れいこちんフランツ目撃者より
皇帝の義務でちゃんとデスクワークしてるとなんつーか凄いポッキー感

そしてまゆぽんマックスはどうしたってイケメン




… しかとムネに響いたぜ(わかる)
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:00 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年09月22日
なんだと
ケータイ死んでる間に世界は動く
みやさま休演だと?!
だいじょーぶ?だいじょーぶ?!
[ 投稿者:Reimi AYADA at 13:05 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年09月18日
録音した暁のハルモニア聞いてる
まぁさまは本舞台の公演もまだなのにスゴい売り出しだね…
(天ラブも決まったし、あの頃の麻子氏とはまた違った盤石さ)

ラジオドラマをこなした面子の中でちょっとだけ浮いてる(身分違いだからいいんだけど)

[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:40 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

やっと来た
180918_2208~01jQHr3mqp.jpg

これね

桜花さん退団号も同じアングルの同じ桜咲く国だった

客席と違う運営の意気があるのだらう
幾つものショットがあるだらうに
挑むような貴公子もこの表情を選んだのはどなた?

清々しい発つひとではなく
ここに居続けて下さった方の公式なピトレスク

高世さん、ありがとう
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:14 | OSK~We Love Revue! | コメント(0) | トラックバック(0) ]

戦争でなくても反対する
美しく研いた日々の生活は執着に値する

行方不明の時間
ラジオを流したまま畳の上で微睡む儚さ
冷蔵庫を開ける喜び
腕に確める酒瓶の重さ
平積みの本
口ずさむ舞台歌
飲みに誘うメール
靴を拭う布の感触
慣れたシャンプーの匂い
鏡の前で気負ってみる口紅
床に髪の毛を拾う
毎週欠かさないでゴミを出せる
空っぽの水切かご
埃払いに慌てるハエトリちゃん

侵されまいと
ただ侵されまいという抵抗が何より先立って

侵される前にとやかくいわれない塀を構えようと
今あたしは焦っている


[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:42 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年09月15日
にほんごむずかしいよ
古くからの友人なの?
旧くからの友人じゃないの?
[ 投稿者:Reimi AYADA at 05:45 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

東は無いことも多い
西のサラヤさんクリーナー普及率は高いんだろうなぁ
[ 投稿者:Reimi AYADA at 04:36 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年09月11日
エルミオーヌ
とうとうとオレストを詰る姿はりささんの俳優魂を感じ胸がすくけれど
同時にブラック企業に勤めて理不尽上司に責められている新入社員のやうな気分になる

まさしく「なんだあれは」(客席苦笑)


彼女の本心を当てられたピリュスは
何処までを見込んで結婚式に臨んだのだらう

我が子より貞節を選択したアンドロマックは
戴冠して後、ピュリスが虐殺されることで必要な全てを得た
貞節と子どもの未来、そして再び支配者の道筋


出来すぎている
だって娯楽だから



照明がLEDではないからこそ表現できる暗溶の心地良さが久しぶりだったと
階段を降りながら
(あちら側は)この先上手く行きますかね?と交わされる会話が聞こえて

慣れた劇場が変わったのだと思い至る



[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:25 | 鑑観心耕 | コメント(0) | トラックバック(0) ]