掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2018年03月28日
こんな春の夜に
奴らと飲みに行ったわ、って
彼らと花見をしたな、って
あの子とご飯したな、って
彼と桜を見上げたな、って
隣の家からおめでとうコールが聞こえてきたな、って

…なんや知らんが
おめでとう
[ 投稿者:Reimi AYADA at 22:57 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

記録
週末で
月末で
年度末で
ぷれみあむふらいでぇ
なのに
残業必須の日程調整を提案にぶっ込んでくる担当営業さん

その日は避けて用件指定したけど
うちが云々なくてもちゃんと帰って欲しい

[ 投稿者:Reimi AYADA at 21:15 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

拾圓増の喜び
揚げたての鯵の天ぷらにお醤油を垂らして暫く置く
粗熱が取れて衣がふわふわになったところをいただく…


帰りたいけど帰りたくない晩に
[ 投稿者:Reimi AYADA at 20:54 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ちょっと歩こうよ
180328_1943~01LOAoDAnQ.jpg

朝の通勤電車の窓から
人気のない公園
出勤前のスーツ姿のパパと普段着のママ
幼稚園前くらいのお子さんと一緒にベンチに座って
桜を独占していた

陽気に誘われて目黒川沿いをぶらぶら歩く

就活生の女の子が二人
それぞれ抱えたポテチの袋に箸を突っ込みながら
桜の枝を見上げてお喋りしていた

昼間の桜に見えず駆けつけた幾人も
仕事後の体臭を撒き散らしながら
桜を見上げて
お喋りをして
写真を撮る
柵に寄って缶チューハイを開ける
母の手を振り切って転がるように子供が走っていく

すれ違う他人を少し愛しく感じる季節

追い抜いたのに追われるよう
ナニカの尻尾を掴みたくて
[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:49 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月25日
好い天気
窓を開け窓と雨戸とベランダを拭き
洗濯しつつ自室からお勝手玄関トイレの掃除して
洗濯物を干してからお風呂を張ってラジオを聴きながら読書と飲食
或いは窓際で日向ぼっこをしていたのを思い出す

週末を侵されまいと抵抗したことと
言い様のなかった反感も同時に思い出す

人生は日常で
日常を誰かに負わせているように見えた相手に苛立っていたのは
自分もかつてそうだったから、という理由でもない
侵されるのが我慢ならなかっただけだ

あの頃の潔癖さは何かへの防衛であったのだ
今たまに突き上げる理不尽さは、あたしの拘りで
飲み込んで余りあるうちは
多分大丈夫

結論がどうあれ、そうかと言うだろう
今度はあたしがどう着地したいかじゃない

[ 投稿者:Reimi AYADA at 14:54 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

起こった?
あんただれや
[ 投稿者:Reimi AYADA at 01:13 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

タイトルなし
地球割りきた
[ 投稿者:Reimi AYADA at 01:09 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

タイトルなし
えびちゅもどききた
[ 投稿者:Reimi AYADA at 01:08 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月24日
時砂の王
10回連続一本勝負
壮大な2間時30分を堪能したわ

これは日本の作家しか産み出し得ない舞台
純名女史の聡い卑弥呼は良かった
ある種の女優しか持てない声の質を存分に味わえる

青春アドベンチャーで扱われたSF作品は多数あれど
ここまで縦と横の時間が広がってるのはなかった
原作量はわからないけど10回に纏めて破綻なく
時々略が入るのはわかるものの語りをオービルが担わないので聴きやすい

横槍のない時間
携帯を切って本を読むのと同じように
携帯を切ってお酒もなしで録音した青春アドベンチャーを聴く時間
本当にいつぶりかしら?

毎日追いかけてると堪えられずに原作入手して読んでしまう喜びもあるけど
一気聴きはまた大枠の楽しみがあるのかも
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:43 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月22日
ラジオは時計でカレンダーでタイマーでメモリー
間もなく青春アドベンチャーが21時15分にお引っ越し

リアタイ目指して頑張って帰る基準には早すぎる

ミュージックスクエアから青春アドベンチャーで切り替えてクロスオーバー11からのジェットストリーム
の繰り返しが人生の半分以上前なんて!


ザソウルミュージックも土曜日にお引っ越し

オダイさんは歌謡スクランブルの逢地さんの次くらいに長年馴染んだ声で
二人は昼と夜の印象だから

ソウルもクラシックも邦楽もジャズもロックもインストも民謡も雅楽もニュースも物語も三昧もアニメもフュージョンも朗読もテクノも講演も落語も何でも

あたしが目より耳の情報を好むのは間違いなくNHKFMのおかげ

日曜喫茶室がなくなったのもかなりショックだったけど
袴田さんが逝っちゃったからさぁ…
土曜の晩の楽しみだったジャズトゥナイトを最終週削ったのは未だに覚えられず
スイッチを捻って五月蝿さにショックを受ける

恋する音楽小説
FMシアター
青春アドベンチャー
この3つが入ったテープとMDを捨てていない、という心の依代があって

いい脚本を編める人はラジオドラマ作りの中にいると思ってる


ソウルミュージックが流れるうちに1日を仕舞っていた人が
あたしの他にも居るでしょう?
マチネから駆けつけるのも、ソワレで聞けないのも
聞き終えてからご飯にするのも
今はまだ想像がつかない

テーマソングやキャッチは変わらないといいな
[ 投稿者:Reimi AYADA at 23:53 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2018年03月21日
踵折れた
チクショウ
新幹線のタイル張りホーム嫌い!
[ 投稿者:Reimi AYADA at 19:10 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

φ(..)
ミロは本当にいい女
そしてあちゃさんが体現した感触はアメリカ文学

カテコの華月くん上手真麻下手待機を途中で引っくり返すなら
始めから序列上下にしといてもいいのにな
意図わからず

マチネで地団駄踏んでる城月ちゃんかわいいよ
あのショットむにゃむにゃ

オーダー受けても穂香ちゃんに引き摺られるさくやんギャルソン優しい
ちゃんと踊り抜けて、その後ちゃんと仕事してるので
シャンパン何本でも注いでくれるぞ

桐生さんだけ歌劇ローライズだから妙にをのこ

パリがかつてのやうに世界の恋人じゃなくなったのを、なんとなく知ってる

ウィンナワルツを愛する男が恋したダンスの好きな女の子を
成功も見えないヤンキーが拐っていく

アメリカが世界の憧憬でなくなったのを、もうとっくに知ってる

だのに歌劇には旧き好き音楽が流れているの
[ 投稿者:Reimi AYADA at 18:43 | OSK~We Love Revue! | コメント(0) | トラックバック(0) ]