掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2016年09月14日
つのからないサイ

この設定からして、文章にしたら無茶苦茶じゃないですか。

銀英伝以外の世界にいたら、間違いなく自分は最初のころは、「目をつけられないように、余り関わらないようにしよう」と思っていた。

ただ何となくこのお局さまに、心ひかれるものがあった。

それが何なのかは分からない。

でもその人には、話してみたいと思わせる何かがあった。



皆様の守っていただいたブログの火を大きくするのは 主人である私の役目です。

私はその火を天に届くかのように大きくします

そしてその炎を日本中から見えるものにします



ひさびさに このアメブロの空気を吸い、私たちは仲間だということを再認識いたしました。

皆様の温かい気持ちにふれ、体の中からエネルギーが湧いてきています。



皆様に感謝です。ありがとうございます。あいつはてっきり死んだものと思っていた。まだ やつは生きてたんだ。あいつが消息不明になってから そろそろ1ヶ月半になる。

もし それが本当なら??



春日部は大きく息をついた。あいつとは長い付き合いになる。某週刊誌の編集長の春日部がまだ 田舎の地域新聞の記者をしていたときからの付き合いだから かれこれ20年になる。

その当時からつかみ所のないやつだった。

あいつがいなくなったときいても あいつのことだから何事もなかったように また突然現れるのだろうと 思っていたが さすがに1ヶ月以上も行方がわと 春日部も やつの身に何かあったのか、やつはもう死んでいるのかと悪い方向に考えてるようになった。やつにゆかりのある場所で身元不明の死体がでると その報道を注意深く聴いた。そしてその死体の特徴がやつと違うと安堵した。



新たな記事が乗らなくなったやト、それを見るたびに不安が募っていた。

そのやつのサイトの題名には こう書かれていた



おぼれたカメ と

[ 投稿者:った女優 at 18:56 | った女優 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年09月01日
では考目を惹きそ
 シャウラは金30個を渡して少女と拘束具の鍵を受け取ると、2人でスハイルに跨りすぐにその場を離れた。そして拘束具を外そうと人気のない石の柱の立ち並ぶ回廊に入った。
「大丈夫、拘束具を外すだ生髮方法けだ」シャウラは優しく声をかけたが、少女は冷たい視線で見つめ返すだけだ。
 その時シャウラは気配を感じ後ろを振り返った。
「よお、兄さん」広場で横に居たちょび髭の男が石柱の陰から姿を現した。
 シャウラは無言でそちらへ体を向ける。
「その奴隷をこっちへ渡してもらおうか」ちょび髭は腰に差していた長刀をスラリと抜いた。石柱の陰から同じように長刀を持った男が2人現れた。
「だまってそいつを置いていけばなんにもしねぇ」ちょび髭は薄ら笑いを浮かべる。
「そうはいかない。この子には持ち金をあらかた使ってしまったんだ」
「それは気の毒だったな。だが、自分の命の方がずっと値が張ると思うが?」ちょび髭は刀を頭の上に成立公司構えた。他の2人もそれぞれに刀を構える。
 全てを失っていたシャウラは自分の命が惜しいような状況にはなかったが、こんな奴にただ無意味に命をくれてやる事もばからしく思えた。
 シャウラは腰の剣に手をかけた。次の瞬間、勢いよくそれを引き抜き、真横に薙ぎ払った。ちょび髭は後ろに飛びのいてそれを避けると、刀を振り下ろした。シャウラの額の数ミリ先を刀が通り過ぎる。そのままの体勢でシャウラは前に踏み出し、ちょび髭の刀を踏みつけ剣を突き出した。
「うがぁ」シャウラの剣はちょび髭の胸を貫いていた。勢いよく血潮が吹き上がる。そのまま剣を戻し振り上げると、後の二人を片付けるのは造作もなかった。あっという間に屍が3つ、石の地面に転がった。
 その様子を少女の冷たい視線が追いかける。
 シャウラは倒れている男の外套で剣に付いた血を拭ってから鞘に納め、ゆっくりと少女に近づいた。
「さ、拘束具を外すよ」シャウラは鍵を取り出し、少女に付けられていた拘束具を外した。重い塊がガチャンと地面に転がった。

 シャウラは何事もなかったように少女を連れて引き返し、商店の立ち並ぶ通りで少女の服を買った。それまで纏っていた奴隷の装束では目立ち過ぎたからだ。特徴の無い安物の服だったが、それだけでも少女は匂い立つように美しくなった。
「もともとは高貴な生まれなんだろうねぇ」着替えさせてくれた店の女主人が見とれながら言ったが、少女は眉1つ動かさなかった。
 その後夕食のためにシャウラは食堂へ入ったが、少女は一口も料理を口にしなかった。いくら勧めても少女はただ黙っているだけだ。
 明らかに魔族とわかる格好をしたシャウラと、どう見ても神族に見える少女の組み合わせは人うに思えたが、食堂の客達は気にする様子はまったくなかった。その夜壹美健 水光槍泊まった宿の女主人や宿泊客達も同じだった。シャウラの常識えられないことだったが、この町では特に目を惹くことではないようだった。
 宿代として銀の粒を1つ渡すと銅の粒を6個返され、2階の静かな部屋に案内された。ベッドは1つしか無かったが幅が広く、この宿では最上の部屋のようだった。親方が持たせてくれた路銀は銀の粒を少し残すだけになっていたが、無くなったら無くなった時のことだ、シャウラは先の事を心配する気にはなれなかった。
「名前は何という?」
「」
[ 投稿者:った女優 at 18:40 | った女優 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年08月23日
生命不息永恆之久


続きを読む ...
 
[ 投稿者:った女優 at 14:47 | った女優 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年08月11日
柔軟を欠かさってる
そうして俺の耳の傍で囁くように俺reenex 效果に聞く
「テジャン、兄上様どうなさったんですか?」
「それが、良く分からんのだ…。俺もさっき会った時にはもう、あの様な顔をしていらっしゃった故…」
兄君は声無く差し出された椅子にチョコンと座り大きく溜息を吐いた。

益々、何かがあったのだろうと言う予測は付くが…一体何事が起ったのかは全く分からないままだ。

 
白い男(あえて名前は聞かなかった)は俺の言う通りの時間を開けて、俺との鍛錬に付き合ってくれた。
あいつ曰く、『槍をするなら…っていうより武術をするなら柔らかい物腰は必要reenex 價錢よ?』だと…

柔らかい身体の動きならなんとなく頷けるが、言葉使いはいらんだろうに…
そう一度俺はあいつに言った事がある。
そうしたら、あの白い男は…

「こう言ってはあれだけど、身のこなしはやっぱり言葉使いから来るものよ?」

だと…。
そんな事が当たり前ならあらゆる武闘家が男女になっちまうだろうに…
そう思って始めた鍛錬一日目、驚いた…

あいつは剣使いだから、もちろん獲物は剣で俺に体の動きを見せるのだけど、あのしなやかさは本当に驚いた。
背中などは折れてしまうんじゃないかと思う位に撓る。

撓った挙句に戻ってくる時の戻り方が尋常じゃない速さで戻ってきて、奴の剣を跳ね返すのがやっとだった。
「トクマンく〜ん、貴方、硬いわね〜、これじゃ柔らかい動きなんて到底できないわよ?」
科を作りながら俺に言う
「お前がおかしいんだよ!ウダルチでそんな動きに対応できる奴なんているもんか!」
そう、俺が怒りに任せて言うと、
「あら、ウダルチの頭領は対応するわよ〜?ヨンはああ見えて柔らかい動きをするから、あんた達の剣なんて彼には止まって見えてるんじゃないの?」
そう言った…

痛い所を付かれた…
確かに、テジャンに敵う者は今現在は居ない。
たまに、プジャンが五回やって一回テジャンの体に障れるか位だ…
テジャンを任す所まで行った者はまだいない

悔しくて恐らくそんな顔していたんだろう俺の顔を見てこの男は言う
「そうだと思った。あの男は本当に強いわよ〜!その手助けがしたいって云うんなら、常識を超えて行かないと無理よ?」
この男、言う事は女言葉を使っていて柔らかいが的を射ている。
嫌な位物の本質を見てる。

俺達ウダルチは所詮、金持ちの親を持つ倅の集まりだ。
練習をして鍛錬を欠かさず、それを仕事にして禄を貰っている

最初から命がけで生きているスリバンは全く違う。
練習と言う時間はほとんど無く、実戦で自分の力を付けて行くしかない。
実戦で力が付かなければただ明日が無いだけ…

戦や警護などやっている事は似ていても、此奴らほど自由でかつ死と隣り合わせで、そして型に嵌らない武術は無いかもしれない。

テジャンもウダルチに入る前は赤月隊に居て、どちらかと言うとスリバンの様な事をしていた
だから、戦った経験は半端なく俺達より多いし、いろんな場数も相当踏んでいる。
武術も自己流が多いとご自分で仰っておられたが、型に嵌っている方が上限があるように俺には見える

トルベやプジャンを超えて槍で名を上げよとテジャンは俺との鍛練中に言われたが、その為には型に嵌まったままでは絶対にあのお二人を超える事は出来ない。
ならば、使える物は全部使って駆けあがって行かなければトルベの遺言は守reenex 價錢れん…

「警護してる時でも、どんな時でもず、そうねぇ、寝て無い限り柔軟をする位で無くっちゃこの身体は直ぐには柔らかくならないわよ?」
「しかし、柔軟など警護の間にやっていると…」
「だ〜か〜ら、それが型に嵌まって言うの!柔軟って言ったってどっしり腰を床に置いてする物ばかりじゃ無いでしょう?」
[ 投稿者:った女優 at 16:54 | った女優 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年07月18日
五漁村和阿馬菲海岸-傳說小鎮開啟
離開西西里美麗傳說小鎮開啟度假模式,前往本次西西里最期待的一站,是義大利乃至全球知名的度假勝地陶爾米納!義大利是個火山地形的國家,又三面臨地中海,所以它的度假勝地有個特點就是全部是由火山灰形成的山崖型小鎮,因為懸崖的弧度所以這些鎮子遠看都特別美,但是沙灘就差強人意了,都是人造沙灘或者索性是石灘。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:った女優 at 15:29 | った女優 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年07月13日
在瞭解未來日程的忙亂中的第一站Hannah Point
準備南極行程花了整整一年時間,包括和導遊及郵輪公司進行钜細持久的檔往來,看BBC紀錄片瞭解南極和企鵝的前世今生,在盛夏酷暑汗流浹背地尋找最禦寒的 極地裝備,來回反覆確定日程和機票……在這過程當中,南極,就從那個只會在夢裏出現的遙遠所在,變成即將要去的目的地,心裏充滿興奮、緊張和幸福感,這些 其實已經是南極旅行的一部分。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:った女優 at 15:50 | った女優 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年01月13日
鳴叫的珍愛發出一絲心碎
琴聲還是那麼的動聽,每一個音符都撥動了他心弦。只是沒有了當時他們合奏時的那麼充防止脫髮滿歡悅;只是沒有當時他們合奏時的那麼傾心浪漫;琴聲中盡是絲絲憂傷與不舍。一曲盡,女人起身並沒有看過來一眼,留給他的只是那單薄的背影,一步一步……女人遠去了,她沒有回頭,也不敢回頭。她不敢回頭面對他,她怕自己可能一回頭就會留M字額下來,她也怕自己可能一回頭就會給他看到自己湧出的淚水!她選擇了默默地消失在遠方……

看到她漸漸遠去的背影,卻邁不開追逐的腳步,任憑他力竭聲嘶呼喚也傳不到她的耳邊,只有眼睜睜的看到她的背影消失,最後沉默在遠處的山間……他的心似刀絞一般,淚水迷糊了他的眼睛。遠處的青山一瞬間又變成了灰色,又開始減肥運動迷糊了起來;那棵長滿葉子的老樹突然落光了葉子,枝幹還是那麼的幹枯;那些小鳥變成了那只該死的烏鴉,又在那裏哀號著;各色的鮮花消失在了綠色的小草裏,小草也變成了枯黃在凜冽的北風中搖曳著……

天色漸漸明亮了,卻沒有出現太陽,天還是陰沉沉的。遠處灰蒙蒙的山,那棵幹枯的老樹,那只該死的烏鴉,北風中搖曳的茅草……一切都還是那樣,只是少了那依稀中響起的古琴聲。茅草屋下面透過風中吱呀搖晃的窗戶,看到那張枯黃的臉,花白的胡須間仍留有那凝固的血跡,奇怪的是注視了很久再也沒有發現他咳嗽,湊近才發現他的胸脯許久都沒有微微的起伏,他的身上傳來的只有刺骨的冰涼。

誰都知道她走了,不知道她為什麼離開了他,看得出來她不想走,也不願意走;她帶著不舍與離開了卻留給了她,卻留下了一個美好的夢給他。他也走了,不知道他帶著什麼走了,帶著思念還是悔恨沒人知道,他卻留下了他們最的古琴!

過了很久,誰也不知道是多久。遠處的山又變成青色,那些枯黃的茅草又變得綠油油,在那棵幹枯的老樹下又響起了那支古琴聲……

続きを読む ...
 
[ 投稿者:った女優 at 17:44 | った女優 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年11月24日
若我能主宰在等待故事最美的結局
每個人心中都有一段無法釋懷的感情,一個無法忘記的人,也許隨著時間的流逝會將彼此間的故事沉澱,可在心裏她(他)卻始終占據著無可替代的位置。

以後每個人都會有家庭,有屬於Dream beauty pro 好唔好自己的責任,也許會開心快樂的生活,可卻永遠也泯滅不了她(他)的身影,或許是因為結局的不完美,每次記憶停留時總會莫名的心痛,哀愁。

曾許給彼此永恒的誓言或許早已成為悲傷的源頭,可終會記得。等待百年之後,在墓碑上刻下曾許Dream beauty pro 好唔好的誓言,看我們誰還記得年少的承諾?

時間,蒼白了等待,也許曾許過永遠,可又有幾人做到?每個不同的人生都會有一段悲傷的記憶,沒有結局的故事,總會有人憂傷到老。

時光流逝,我們在茫茫愛,很美。如果說愛是一杯美酒,我想我們誰都會醉。親們,若你們Dream beauty pro 脫毛還在相愛,請彼此珍惜疼愛。不要讓愛的花朵枯萎後才明白誰才是真愛,也許那時她(他)已無力再愛,因為曾有過傷害

今年,我們一起畢業,畢業後,你們都要幸福。我們都想和相愛的人攜手到永遠,我會讓你們都幸福。我們都在花季的年華裏,青春韶華,我們都輸給了愛。可我的筆下寫出的總是落寞的憂傷,也許是愛情的枷鎖將我們壓得太重,我們都無力掙脫


続きを読む ...
 
[ 投稿者:った女優 at 17:27 | った女優 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年11月12日
有多少村民還限於缺水的困境
一滴水,在風霜雪雨中長大,在滄海桑田裏度過歲月的艱辛。從一滴水開始經過千辛萬苦,把兩岸的景物撫育成一個個披紅掛綠的新娘。一山一個回眸,一灣一個道白,一程一個旋律,高高低低地爬上石壁,叮叮咚咚地呼喚溫情,成群Dream beauty pro 脫毛結隊地把清亮的嗓音塗滿天空,墜彎樹枝,無微不至地照料著擇水而生的家族。每分每秒,我們都在與水進行親昵,都在享受水的施捨。水是生命的源泉,每一個具有生命的物體證明著這個事實。水,可以濯衣沐足,可以藏汙納垢,可以楊柳依依、雨雪霏霏。

這是雲南前所未有的大旱。當時我正讀高三,學校裏新安裝了電視,且每天必須看30分鐘新聞,新聞裏也經常報告著關於乾旱,可是那時我們似乎體會不是那麼深刻,甚至覺得我們那地方沒缺水離我們還遙遠,可是當某一天,當宣威落Dream beauty pro黑店水那個地方上新聞的時候,我們驚愕了,新聞裏,那些孩子,大的十多歲,小的,五六歲,孩子們有的提著瓶子,有的背著小壺到離家十多裏的地方去取水,那一副副畫面,那麼瘦小的身軀,拎著一瓶水在崎嶇的山路上跋涉,滿頭大汗卻從不說累。記者的鏡頭下,一個個髒兮兮的孩子,一雙雙渴望的眼睛,看著他們乾裂的嘴唇,看著他們為記者贈予的一瓶水欣喜若狂的樣子,我的心顫抖了。這是我的家鄉,那一個個的村民挑著大大的桶到幾十裏的地方尋找水,那些Dream beauty pro 脫毛孩子為幾個月洗一次澡那種高興的勁,深深地刺痛我的心。雲南乾旱牽動著全國人民的心,衛生隊深入災區為群眾送醫上門,人民武警組織車隊長途送水,並挨家挨戶送水。各地組織機關幹部及群眾捐款…聽著每天新聞的報導,看著一張張觸目驚心的圖片——村民吃野菜充饑,用鍋蓋給小孩喝水,一個月沒水洗澡,還有那一塊塊裂開的土地,那因乾涸困死在土裏的魚…我思緒萬千:雲南有些地區的小朋友無水可飲,而我們身邊的許多人卻不注意節約用水,水龍頭“嘩嘩”流水也不主動關。也許我們現在慶倖我們沒有缺水,可是,難道節約用水就和我們沒有關係嗎?難道真的要到沒有水喝,沒有水洗澡,沒有水做飯吃,我們才能體會到水的可貴,節約用水的刻不容緩嗎?

親愛的同學,“節約用水,從我做起”的廣告隨處可見,可是,你真正做到了嗎?你周圍的的人做到了嗎?你身邊是否還有這樣的現象:刷牙的時候任水流淌著,洗衣服的時候把水管開著就不管,洗澡塗肥皂的時候任水流淌著,洗手間裏的水一滴一滴的往下滴卻無人問津,清衣服的水一盆一盆的往下水道裏傾倒。如果有,請你告訴他們,雲南有多少小朋友喝不起水。
[ 投稿者:った女優 at 19:17 | った女優 | コメント(0) | トラックバック(0) ]