掲示板お問い合わせランダムジャンプ

top space

2015年08月23日
「24時間テレビ 愛は地球を救う」はなぜ偽善なのか?
「24時間テレビ 愛は地球を救う」はなぜ偽善なのか?



日本テレビ「24時間テレビ」が始まってもう何年だろうか。最近はこの番組を見ることは殆んどない。募金のために?、いい話をちりばめた24時間。多くのボランティアが紹介される。出演者もノーギャラで出演する。番組に広告は入るがそれは全て募金に回される。全員が持ち出しで協力する番組。多くの弱者に手が差し伸べられる。いつもは裏方がこの日は表舞台に。最後は決まって100キロマラソンへの声援。



「24時間テレビ 愛は地球を救う」はなぜ偽善なのか?

この検索で世間を眺めると24時間テレビの実態は驚くばかりで呆れる。この番組に出る芸能人はチャリティ活動に紛れ込んだ守銭奴。金と名前を売ってお金もうけに走る最低レベルの芸能人だ。日テレの要請を断ることもできない事務所系の芸能人ばかりだ。日テレの番組に出ていて断れない人が出ている。ギャラをもらって普通に番組をこなしている。自分の偽善に呆れ返りながらの出演だろう。いや、ギャラを後で個人的に寄付した話も聞かないから根っからの偽善者なんだろう。


貧しい人のボランティア活動を材料に使って番組を作ってお金は払わない。お金を払えばボランティアを否定する。
芸能人には普通にギャラを払っている。芸能人はボランティアの要素がない偽物。お金をもらったら出演資格はない筈なのに。
スポンサーはお金を出して広告を流している。これって普通でしょ。寄付金に協力もない。テロップで済ませる工夫もない。
子供たちの集めた寄付金は普通に受け取っている。日テレの手柄のように数字を発表している。
結局、この番組は一般の人の良識、弱者の頑張り、ボランティアなどを都合よく利用するだけの強欲な連中のビジネスに過ぎない。生活保護受給者を食い物にする悪徳ビジネスが有名だが、構造的には全く同じだろう。超がつくくらい恥知らずな番組だ。
DAIGOの100キロマラソンはお金をもらって顔と名前を売って更なる出演機会を確実にしただけでチャリティの要素ゼロ。彼が必死に強欲に走っている様子は体力限界という意味では感動だろうが趣旨に照らせば醜い演出の一つに過ぎない。
なぜ、この番組を見ないか。その理由が改めて理解できた。感性で胡散臭いものを感じていたが、それは根拠あることだったのだ。この番組を見るとしたら、詐欺・偽善家は誰かを確認するためだろう。
日テレの社員も当然給与の中で普通の仕事して取り組んでいる。有給休暇を使う人はいない。
何処の誰がチャリティなのか。テレビメディアで飯を食っている奴の中で誰がチャリティをやっているか?。一人もいない。この番組出ている奴は全員が偽善家だ。詐欺行為と同じ。黄色のシャツを着ているから黄色詐欺と呼ぶべきだろう。
本当にボランティアで頑張っている人に対して、「お前らテレビに出してやるからありがたいと思え!」といった気持ちなんだろう。日テレの正体?。読売と同じ。正義より金儲け。


ボランティア・弱者・善意ある人を利用した詐欺行為!
恥知らずな出演者・スポンサーは売名行為と金儲け!


偽善に気づいた心ある芸能人は出演を適当な理由をつけて断るものらしい。
[ 投稿者:ナナ at 21:59 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/a07419/0000478366.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/archives/0000478366.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら