掲示板お問い合わせランダムジャンプ

top space

2013年07月25日
会社役員夫婦殺害の容疑で逮捕されていた富山県警「加野猛」元警部補不起訴に合理性はあるのか?
Toyama_Prefectural_Police_Headquarters01bs3200

images

会社役員夫婦殺害の容疑で逮捕されていた富山県警「加野猛」元警部補不起訴に合理性はあるのか?

身内に甘い警察?。犯人だと言い切れないというのは言い切る材料を集めなかっただけじゃないか。

犯人で無いといいきれる材料だって示せていないんでしょう。

遺族でなくても納得できない。

いずれにしても富山県警は明確な説明を行なうべきだ。



するってえと何かえ?真犯人は別に居るってえことかい?そいつを富山の山猿ポリスがとっ捕まえたのかい?

えっ?それはそれでスルーしたまま?

おいおい税金使って真犯人は逃がして冤罪の奴を虐めたいたっていうのかい?。山猿ならハイごめんなさいで済ますが、富山県警も山猿といい勝負なのか?

身内を助けるために嘘をついているのか。

最初から1年経ったら不起訴にしようと決めていた?

不起訴の理由にしていたDVDかCDのタイムスタンプなんて簡単に操作できるから不合理でもなんでもないことだ。

警察の人間だから供述をこうすれば信用性を失うと知っているので自ら適当な嘘を混ぜて発言を翻すを続けて居たのだろう。信用できないとする根拠なんか何も無い。

全然信用できないね。

こうなると全体が富山県警の組織的犯罪かもしれない?。



この加野猛は暴力団とも繋がっていたようだ。これくらいは朝飯前だろう。暴力団の協力を得て実行していればアリバイなど何とでもなりそうだ。ますます疑いが深いね。

富山県警は上層部まで闇の力に汚染されているのかもしれない。

[ 投稿者:ナナ at 09:46 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/a07419/0000420865.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/archives/0000420865.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら