掲示板お問い合わせランダムジャンプ

top space

2010年01月19日
再帰性?
再帰性?

「再帰性」という言葉がるらしい。「ケインズの美人投票」という教育逸話があるようで、その中で再帰性を説明している。でも、分かるようでなかなか分からない。

投票の前にアンケートをとると投票結果を予想できる。アンケート結果と投票結果は煮たようなものになるはずだから。ところがアンケート結果を公表してしまうと、アンケート回答と投票を変えてしまうことがある。

どのように変えるか?。

オールスターのファン投票なら、自分の応援する人が当選確実なら次に応援する人に投票を変える。

1位に投票した人だけ抽選のプレゼントが付くならアンケート1位の人に自分も乗る。

情報が行動に影響を与えるのは当然だから、わざわざ再帰性などというのは別の意図があるのでしょうね。参加者の行動が仮に途中のものであっても相互に影響しあうということ。「生み出された情報が次に生み出される情報に影響を与える」。情報の時系列依存性ということかな。

視聴者心理、群集心理。これらはメディアを通して極端に傾くことが多いが、メディアの情報の偏りも再帰性を持つらしく、煽った側が煽られている。

情報の内容を変えることで、行動に対する増幅器にもなるし、減衰器にもなる。

メディアを支配すれば簡単だけど目立つし費用もかかる。メディアへのリーク情報をコントロールするだけで十分でしょう。
[ 投稿者:ナナ at 11:39 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/a07419/0000311715.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/archives/0000311715.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 3 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら