掲示板お問い合わせランダムジャンプ

top space

2009年07月30日
老母の企業年金も馬鹿に出来ない?
老母の企業年金も馬鹿に出来ない?

会社の年金。企業年金というのですが、これは本当の年金でなくて、退職金の一部を元手にして分割で毎月崩して年金のように受け取るもの。退職金の全部を原資に当てるか、一部に止めるか、思案ですが、ポイントは原資の運用利回りがどの程度かで多くを原資すべきかどうか判断があります。JALの企業年金は利回りが1割に近くて正に金のなる木。こういう場合は100%を年金原資にします。でもJALのこんな無茶は税金で補填されている会社としてはとんでもないから世間並みに落とされるでしょう。

もう一つ考えるのが税金。一時金で退職金を貰うと控除の範囲なら無税。控除の範囲を超えると超えた分の半分に10%課税。超過分の5%です。年金で受け取ると一時金の税金は掛かりませんが、今度は年金=雑所得に課税されます。超貧乏なら無税(還付可能)ですが、余計な収入があると10%、20%、30%と税金が掛かります。これは社会保険料に連動しますので、実質はもっとハイギアの召し上げです。

自分のベストアンサーを出すだけの知恵が無ければ、

(バランス追求案)退職金控除目一杯はキャッシュで受取、残りは終身年金に回す。
(安心人任せ案)当座特に目的も無ければ、全て終身年金。
(完全自立案)自分で思い切りやるなら全額一時金。



寿退職、子育て退職、など家庭に入る女性も、退職金の考え方は同じ。転職する人もね。

取り敢えず、退職金は会社(企業年金)に預けてたっぷり太らせてから還暦のタイミングで頂くことになります。考え方は同じですね。既に主婦ですから、全額終身年金で十分。亭主が先に行ってしまう不安を思えば終身と言う言葉は魅力的。

さてと、9月還暦の人の企業年金は10月から支給です。じゃ、10月に口座に入ってくるかと言うとそうでも無い様で。10月分と11月分と2ヶ月合わせたものが、12月に支給される。誕生日から3ヵ月後です。ちょっと損をしたような印象ですが、そうなるようです。本当かな?。

[ 投稿者:ナナ at 15:58 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/a07419/0000291038.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/archives/0000291038.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら