掲示板お問い合わせランダムジャンプ

top space

2007年12月25日
情報サービスとは
探している情報を提供する。

意識して探している情報は検索キーワードを見れば判断できる。無意識の必要情報はその人の状況を測って推定による判断となる。

前者は検索エンジンで十分理解できるが、次の視点はどのように利用するかと言うもの。

後者は推定の方法論になるが、プロファイル情報の構造化と統計処理及び個別追跡処理になると推測できる。違法すれすれの感覚もあるから、会員サービスのメニューとして開発することになるだろうか。



新しく使われたキーワードを発見した場合は、新しい価値の表現の可能性がある。それに答える情報サービスを行うことは一つの方法論。しかし、有効性についてはややギャンブル的。

定番になっているキーワードを再確認した場合は、情報サービスの充実要求の確からしさを示している。周囲(周縁境界)を探るように、また深堀の深度を探るように充実を図ればよい。



アドバンスドな取り組みは面白い。プロファイルの構造化はモデルに帰着し、そのモデルに動いてもらう形をとることになるでしょう。

[ 投稿者:ナナ at 14:02 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/a07419/0000220088.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/archives/0000220088.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 6 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら