掲示板お問い合わせランダムジャンプ

top space

2007年12月24日
薬害肝炎
薬害肝炎の問題が福田内閣の支持率を引き下げた。原告の明確な姿勢に対して政府の右往左往がひどい。福田首相のリーダーシップ欠如が目立つ。調整型のリーダーの弱点。

全員救済の法案を作って政治決着に向かっているが、原告側は気が抜けない。政府のやることは思わぬ落とし穴が潜んでいるからで、それが意図的かどうかは分からないが、都合よく建前で処理することがあるからです。

本当に得るべきものが現実に得られるまでは安心が行かないのです。

さて、これで支持率は回復するか?



毎回ぎりぎりまで追い込まないと何もやろうとしないのであればと考えると、支持率回復は難しい。

政府の最大の問題は、政策の内容の問題よりも長く同じ構造にいることから生まれる歪みの増幅。たまったホコリが無視できないレベルに達していること。

コートがどんなにお気に入りでも季節季節で着替える必要がある。それが多分、2大政党制の本質。政策の是非によらず、長く続いたと思ったら変えることが大事。霞ヶ関の隅の隅まで大掃除を時々やってもらわないと。

[ 投稿者:ナナ at 07:07 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/a07419/0000219905.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/archives/0000219905.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 5 x 8 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら