掲示板お問い合わせランダムジャンプ

top space

2007年12月21日
「定年」と言うテーマ
「定年」は団塊世代の突入で俄然重要なキーワードになった。セカンドライフ、年金、シルバーライフ、余暇、安定運用投資、大人の休日、コミュニティ、ボランティア、新しい生きがい、熟年、などなど。

定年世代に対するビジネスの視点。彼らは何に金を使うか。当事者の視点。やはりどのように少ない金を使うか。両者の一致するポイントになる。

と言うことは当事者の視点ならぶれないでテーマを考えられる。

健康。これは肉体的な健康です。しかし、そもそも無理がある。どのように努力してもカーブが緩いか急かの違いはあれ落ちてくる。

資産も同じ。やはり食いつぶしていく。中には運用で増やす輩もいるだろうが、だからどうなの?になってしまう。

ファーストライフは子供を育てて終わった。では、シングルの連中あるいはDINKsはどうだ。最初からセカンドライフ。

と言うことは、どうも単純な図式で言えば、ファーストで「ありさん」をやって、セカンドで「キリギリス」をやって、サードで老いのコントロールを行うことだな。

問題はキリギリスをやるほど貯めたかどうか。もしくは貯めないで出来るキリギリスがないのか、と言うことだ。ものの考えようだから、そのつまらない行いが楽しいと言えば楽しい。ボランティアとかね。マインドコントロールでセカンドは過ぎていく。

政府の思惑だと70歳まで再雇用で生きているようにされて、年金を使う前に息を引き取るのだろう。真っ平ごめんだけど。



(1)やり過ごしてきたこと。人生の忘れ物。これを取り戻すのがセカンドライフ。勉強も、スポーツも、芸術も、恋愛も、仕事も、旅行も、趣味も。子供の世話だって同様。孫の存在の意味。

積年の恨みを晴らすために使う人も出るだろう。シルバー殺人症候群。

しかし歳を取った今では昔のようなわけには行くまい。その特性は、我が儘、体力気力は今一、独り者、金はほどほど持っている。警戒心が強い。

(2)死ぬ準備。老人ホーム。遺言。宗教。

(3)健康と資産を守る。



◇人生の忘れ物を取り戻す旅
◇ひとりで出掛ける作るコミュニティ -- お店と教室と旅行と
◇逸品を手に入れる
◇老化と病気と薬と病院と健康法と
◇資産を守れ -- 利殖と保険と
◇危険がいっぱい -- シルバー・リスクと対策
◇老人ホームを調べる
◇自分の葬式と自分の墓と遺言と

[ 投稿者:ナナ at 19:10 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/a07419/0000219587.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/01.12/archives/0000219587.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 6 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら